2005年10月20日

Yahoo!を装った偽ニュースページを作った男が判明、自分でYahoo!などに連絡

偽サイト:「ヤフー」装い偽ニュース 「中国軍、沖縄侵攻」など掲載
 インターネットの大手ポータルサイト「ヤフー」のニュースサイトを装ったホームページに、共同通信の配信記事として「中国軍 沖縄に侵攻」などと虚偽のニュースが掲載されていたことが19日、分かった。ヤフーでは法的手段も検討するとしている。

 偽のホームページは、ヤフーのニュースサイトのページを模したレイアウトに「【アメリカ18日共同】」とのクレジットで「アメリカ国防総省は18日未明、中国から日本(沖縄県)に中国軍が侵攻したことを発表した」「小泉内閣は内国安全保障委員会を緊急召集した」などと虚偽のニュースが書かれている。ページ下部の見出しからは、本物のヤフーのサイトにリンクが張られており、巧妙な作りになっている。(後略)


元記事:MSN-Mainichi INTERACTIVE
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20051019dde041040073000c.html



( ´ω`)ノと、言う訳で本日Yahoo!と共同通信さんは大騒ぎだった模様でございます。
が、しかしもうこれやらかした本人があまりの大騒ぎになったのでびびってしまったらしく、メールや電話で「自分がやった」との連絡があったそうですよ。


続きを読む

2005年10月18日

Windows修正パッチに不具合が判明、深刻な影響がある場合も

Windows修正パッチの不具合、PCのセキュリティ強化で被害の可能性

 Microsoftが提供したパッチに含まれていた不具合に関して、セキュリティに対する関心が高く、PCの保護強化を目的にWindowsの設定を変更していたユーザーが、深刻な影響を受けていると、専門家らが米国時間17日に明らかにした。

 Microsoftでは既に、先週リリースしたパッチが一部のユーザーで障害を引き起こす可能性があることを認めている。同社が米国時間14日に公開した勧告によれば、ユーザーが自分のPCから締め出されたり、Windows Firewallが起動しなくなったり、一部のアプリケーションの実行/インストールができなくなったりするほか、ネットワーク接続フォルダが空になってしまうなどの問題が発生するという。(後略)

元記事:CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000050480,20089029,00.htm



( ・ω・)ノと、いうわけで〜折角ですねセキュリティホールとかを埋めようとパッチを当てたら、そのパッチが不具合の元だったと言う、泣くに泣けないお話でございますよ。
しかもそれがPCの動作の根本に関わるOSのパッチだからさぁ大変。
一部のユーザーだけで、全員に症状が出る訳ではないみたいですけどのぉ。

続きを読む

2005年10月14日

ニンテンドーDS狙うトロイの木馬も発見される

『ニンテンドーDS』にもウイルス:成人アニメで誘う

 米シマンテック社は11日(米国時間)、携帯ゲーム機『ニンテンドーDS』を狙うウイルス(トロイの木馬タイプ)が見つかったと発表した。「DSBrick.A」と「DSBrick.B」の2種類で、成人向けアニメが見られるソフトなどを装っており、感染すると使用不能になる。『プレイステーション・ポータブル』(PSP)を狙うトロイの木馬が見つかったばかり(日本語版記事)で、ゲーム機も安心できなくなってきた。

 同社や、フィンランドのエフ・セキュア社によると、ウイルスは「r0mloader.zip」または「taihen.zip」という名前の圧縮ファイルの形で出回っている。このうちtaihen.zipの方は、少女ポルノ・アニメを見られるソフトを装っている模様だ。これらをインストールして実行してしまうと、内蔵メモリーの重要ファイルが削除され、DSを起動できなくなる。(後略)

WIRED NEWS
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20051012303.html



( ・ω・)ノてな訳で先日ソニーのPSPを狙ったトロイの木馬型ウィルスが見つかったばっかりなんですが、今度は「ニンテンドーDS」を狙ったトロイの木馬型ウィルスが発見されちゃいましたよ。
PSPの時はPSPの改造に役立つハックツールを装ってたそうですが、今回の「ニンテンドーDS」の場合は「taihen.zip」の方は成人向けアニメが見られるソフトを装っていると言う事らしいので、PSP同様不正規のソフトを使う気のない一般のユーザーには余り関係が無いかもしれませんけどのぉ。

続きを読む

2005年10月08日

PSPを狙ったトロイの木馬発見される

PSPを狙ったトロイの木馬が出現--「自家製コードの利用が可能に」

 「PlayStation Portable(PSP)で自作ソフトを動かせる」といううたい文句のトロイの木馬が出てきたが、実際にこれを使うとPSPが使いものにならない「ただの箱」になってしまう。

 Symantecが「Trojan.PSPBrick」と名付けたこの悪質なプログラムは、PSPをハッキングして正式なゲームカートリッジのほかにカスタムアプリを動かそうとするマニアをターゲットにしている。

 この新しいトロイの木馬は、ソニーがハッキングを困難にするために出した新しいファームウェアをインストールしたPSPを、アップグレード前の状態に戻せるとしている。だが、実際にはこれをインストールすると重要なファイルが削除され、PSPが動作しなくなってしまう。(後略)

元記事:CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000050480,20088424,00.htm



( ・ω・)ノなんか出るべくして出たという感じですかのぉ?こう言うPSPを狙った「トロイの木馬」とかも。
ソニーがPSPをハッキングする為に出した、新しいファームウェアをインストールしたPSPを、アップグレード前の状態に戻せると言う触れ込みでばらまかれてるみたいですよ。
実際にはPSPの重要なシステムファイルを削除してしまって、全く動作しない様にしてしまうそうなんですけどの。
続きを読む

2005年10月01日

「一太郎」ヘルプボタン訴訟、ジャストシステムが逆転勝訴

ジャストシステムが逆転勝訴--「一太郎」ヘルプボタン訴訟

 ジャストシステムのワープロソフト「一太郎」とグラフィックソフト「花子」に自社の保有する特許を侵害されたとして、松下電器産業がこの2つのソフトの販売差し止めや製品の破棄などを求めた訴訟の控訴審判決で、知的財産高等裁判所は9月30日に原判決を取り消し、ジャストシステムの逆転勝訴を言い渡した。

判決の内容は、(1)原判決を取り消す、(2)被控訴人の請求をいずれも棄却する(3)訴訟費用は第1、2審とも被控訴人の負担とするという3点だ。ジャストシステムは「今回の知的財産高等裁判所の大合議判決は、弊社の主張が認められた公正・妥当なものであると考えている」とコメントを発表した。そして、判決について「ソフトウェアに関連する特許権の行使に対し、一定の歯止めをかけた点で評価できるものと考えている」とし、ユーザーに向けても「今後も問題なく一太郎と花子を利用、購入することができる」とした。(後略)

元記事:CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000050156,20087993,00.htm



( ・ω・)ノ半年程前にネット上を結構騒がせたこの「一太郎」のヘルプボタン訴訟問題でありますが、以外と早く控訴審判決がでましたのぉ〜。
まさか半年で出るとは、さすがそこはこう言う訴訟が専門の「知的財産高等裁判所」だけのことはあると言う所ですかの。
ま、前の地裁判決で松下が勝った時は「んなバカな話があるか!」って反応がネット上では多かったですしのぉ。

続きを読む

2005年07月13日

ロンドン同時爆破テロの動画を装ったウィルスメールに注意

ロンドン同時多発テロの動画を装った偽CNNからのウイルスメール


 米Trend Microは、ロンドンで発生した同時多発テロの動画を装ったメールで感染を拡大するトロイの木馬型ウイルス「TROJ_DONBOMB.A」を警告した。危険度は3段階中の“低”だが、ダメージ度は“高”としている。

 DONBOMB.Aのウイルスメールは、From欄に「CNN Newsletter」と記載され、「TERROR HITS LONDON」という件名で送信されてくる。本文もCNNのニュースサイトで報道されたロンドン同時多発テロの記事を真似たHTML形式のメールだ。(後略)

元記事:InternetWatch
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/07/12/8377.html


( ´ω`)ノロンドン同時爆破テロに関して、速くもこんなものが登場しています。
ほんとにこう言うウィルスメールは、こう言うニュースとか、ゴシップとか興味をそそる様な物をタイトルに選んで来ますよなぁ。
まぁ、お約束通り添付ファイルを開こうとするとウィルスに感染する訳なんですが、ユーザーアカウント等の情報を取得しようとするみたいですね。
我々Japaneseな皆様は英語のメールが来たら、英語のメールが来る様な付き合いのある人以外はほぼ100%spamかウィルスな訳なのでサクッと削除してしまえば問題なしですけどね。
続きを読む

2005年06月14日

アカウントの再確認を装うウィルス「MYTOB.EH」に流行の兆し

メールアカウントの確認を装う「MYTOB.EH」にイエローアラート

国内でも流行の兆し

 トレンドマイクロは13日、ワーム型ウイルス「WORM_MYTOB.EH」をイエローアラートで警告した。危険度は3段階中の“中”だが、ダメージ度、感染力ともに“高”で、国内でも流行の兆しがあるという。

 MYTOB.EHはメールで感染を拡大する。ウイルスメールの内容は、メールアカウントのパスワード変更や、アカウントそのものの再確認などを求めるものだ。(後略)

元記事:Internet Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/06/13/7992.html


( ・ω・)ノと言うわけで要注意なウィルスですよ。
感染するとシステムフォルダに自分自身を「ELITE.EXE」として保存して、システムの起動と同時に活動をする様にレジストリなどを書き換え、インターネット上のIRCサーバーと接続するバックドアを開き、外部のユーザーが任意のファイルをダウンロードさせたり、実行させることができるほか、システム情報を収集されたりする恐れもあるんだそうです。
続きを読む

2005年06月13日

偽の「ヤフー」でフィッシングの疑いで会社員を逮捕

偽の「ヤフー」でフィッシングの疑い 会社員を逮捕

 企業のホームページ(HP)に似せたサイトをインターネット上に設け、本物と思いこんでアクセスした利用者の個人情報を盗み取る「フィッシング」をしたとして、警視庁は13日午前、大阪市に住む40代前半の会社員の男を著作権法違反などの疑いで逮捕した。警察庁によると、国内でのフィッシングの摘発は初めて。被害を受けた企業のマークに似たものを使い、サイトのデザインも酷似していることから、同庁は著作権を侵害したと判断したという。(後略)


元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/national/update/0613/TKY200506130288.html


( ・ω・)ノ国内では初のフィッシング摘発ですよ。
しかし、さしあたっては著作権法違反等の疑いで逮捕なんですねぇ。
まぁ、今後の捜査で不正アクセス禁止法違反とか、詐欺とかの容疑も付く可能性もありますけどねぇ。
警視庁としては、金銭的な被害が発生する前に偽サイトが開設された時点で、著作権法違反などで検挙する方針を去年末から固めてましたからねぇ。
続きを読む

2005年06月12日

「マイケル・ジャクソンが自殺」等と偽メールを使ってウィルス感染を狙うウィルスが出現

「ジャクソン被告自殺」とメール、ウイルス感染狙う

オランダ・アムステルダム──英国のコンピューターウイルス対策企業、ソフォス社は10日、「マイケル・ジャクソンが自殺を図った」とする虚偽の内容で注意を引き、ウイルスに感染させることを狙った電子メールが出回っている、と注意を呼び掛けた。

メールのタイトルは「Re:Suicidal attempt」で、「昨夜、マイケル・ジャクソンが自宅ネバーランド・ランチで自殺を図った」との内容になっている。(後略)

元記事:CNN.co.jp
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200506110013.html


( ・ω・)ノま、日本人の場合は知り合いとか仕事の関係でも無ければ、英語のメールなんて全部spam扱いで中身なんか見もしないで、速攻ゴミ箱行きな訳なんですけどね。
このウィルスはこっちのニュースで話題になっている「Mytob」の亜種の内の一つですね。
続きを読む

2005年06月07日

「Norton AntiVirus」が「Lhaplus」に対して誤反応するトラブルが判明

Norton AntiVirusが圧縮・展開ソフト「Lhaplus」を誤検出

 シマンテックは、同社のウイルス対策ソフト「Norton AntiVirus」シリーズで圧縮・展開ソフト「Lhaplus」を誤検出してしまうことを明らかにした。6月3日付のウイルス定義ファイル「2005/06/03 rev.35」を適用した場合に発生するという。同社では6日に修正した定義ファイル「2005/06/05 rev.37」を公開した。

 Lhaplusは、外部DLLが不要で、LZH/ZIP/CAB/RARなど20種類以上のアーカイブ形式を扱えるフリーソフト。作者のSchezo氏によれば、Lhaplusの構成ファイルである「Setup.exe」と「Uninst.exe」が「Trojan.Dropper」に感染していると検出されてしまう問題を確認したという。(後略)

元記事:Internet Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/06/06/7900.html


( ´ω`)ノおんや〜?自分のPCにも「Norton AntiVirus」と「Lhaplus」入ってるんですけどねぇ。
6月3日は金曜日ですよねぇ、自分のPCは金曜日の20時からフルスキャンするスケジュールにしてるけど、全然反応しなかったんですけども。
…って窓の杜の記事を見ると、「Norton AntiVirus2005」が反応するんですね。
うちは「Norton AntiVirus2004」だから反応しなかったのかな?
続きを読む

2005年06月06日

IPA、5月の「コンピュータウイルス・不正アクセス届出状況」を公表

価格.com以外の不正アクセス、ウイルス状況はいかに--被害届け数増加


 5月はカカクコムが運営する価格.comの不正アクセス事件が話題を集めた。
5月のウイルスや不正アクセス動向が気になるところだ。
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、ウイルスや不正アクセスによる被害の拡大と再発防止に役立てるために、届け出制により情報を集め、毎月その動向を分析している。
そして、5月の「コンピュータウイルス・不正アクセス届出状況」が6月6日に公表された。

 これによると、まず、不正アクセスの総届け出件数は94件で、4月の48件から倍増した(グラフ)。
ただし、実際に被害にあったのは11件で、4月の24件から減少した。
被害の内訳は侵入が10件で、DoS攻撃が1件だった。(後略)

元記事:CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000050480,20084201,00.htm


( ´ω`)ノいやぁ、先月は価格.comの件とかでこの方面が賑やかでしたからのぉ。
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)さんから、5月の「コンピュータウイルス・不正アクセス届出状況」が公表されましたよ。
まぁね、届出制と言う事もあって、全部が全部IPAさんの方に報告が来る訳では無いので、これが全てと言う訳では無いんですけどね。
続きを読む

2005年06月05日

中学生が校内LANに侵入-校長のPASSは校長の名前-

パスワードは校長名、生徒が校内LANに侵入 北海道

 北海道江別市の私立立命館慶祥中学校(西脇終校長)で、同校生徒が学内LANに不正にアクセスし、生徒約200人分の成績などの個人情報を入手していたことが4日分かった。

 生徒は5月27日、校長のIDの場合、校長の名前がパスワードになっていることを偶然見つけ、30日に生徒と教員が共用するパソコンから学内業務用サーバーに侵入、生徒の成績や名前、住所などのデータを取り出した。31日朝、教頭に印刷したデータを示して「管理が甘いです」と指摘したという。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/national/update/0604/TKY200506040180.html


( ・ω・)ノ何というか…セキュリティの「セ」の字もないお話ですねぇ。
どうせ校長先生なんかは学内の業務用PCで作業する事なんかほとんど無かったんでしょうけども、それでもあんまりにもお粗末過ぎませんかねぇ。
この不正アクセスをした中学生が、たまたま先生に管理が甘い事を教えてくれる様ないい子だったから良かった様なものの、最近は中学生たって油断なりませんからねぇ。
どっかの名簿業者に売りつけるとかされないとも限りませんしね。

続きを読む

2005年06月04日

「Bagle」ワーム亜種にウイルス対策企業が警戒

「Bagle」ワーム亜種8種類の来襲にウイルス対策企業が警戒

 段階を踏みながらPCを攻撃する、「Bagle」ワームの最新亜種に対して、ウイルス対策企業が警戒を強めている。

 Computer Associates Internationalが「Glieder」と命名したこの亜種は、さまざまな要素をこれまでにない方法で組み合わせて攻撃に利用する。これは、従来のBagleワームとは大きく異なるものだという。同ウイルスは、感染PCを増やし、その防御手段を解除させ、そのうえで彼らを利用するという段階的なアプローチをとっている。

 Computer Associates AustraliaのセキュリティアーキテクトChris Thomasは、「複数の方法を利用して拡散をもくろむ複合的なウイルスは以前にも存在していたが、こんなものは初めてだ」と話す。(後略)

元記事CNet Japan
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000050480,20084127,00.htm


ヽ(・ω・ )この所毎日の様にウィルスデータのUpdateがかかるのはこれの所為なんですかねぇ?
なんだかやっかいなウィルスの様なんですが、このウィルス。
最初はメールの添付ファイルを開く事によって感染して、アドレス帳にあるメアドに自分自身をコピーして送りつけまくるんだそうです。
その上で、アンチウィルスソフトのUpdate機能やマイクロソフトのWindowsUpdateを阻害するトロイの木馬をDLし、さらにファイアウォールやアンチウィルスソフトを無効化するトロイの木馬を仕込んだりと、やりたい放題して乗っ取ってしまう訳ですねぇ。
続きを読む

アダルトサイト向けドメイン「.xxx」が正式認定される

ICANN,アダルト・サイト向けsTLD「.xxx」を正式認定

 ドメイン名やIPアドレスの管理を行っている非営利組織Internet Corporation for Assigned Names and Numbers(ICANN)は,新たなスポンサ付きトップ・レベル・ドメイン(sTLD)としてアダルト・サイト向けsTLD「.xxx」を正式認定した。
ICANNが米国時間6月1日に明らかにしたもの。

 ICANNは.xxxのドメイン情報を管理するレジストリの候補としてカナダのICM Registryを選び,商業的および技術的交渉に入った。(後略)

元記事:ITPro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/USNEWS/20050603/162068/


( ´ω`)ノマジメな話、これ言う風にアダルトサイトを特定の領域に囲い込むと言うのは悪い話ではないと思いますね。
まぁねぇ、別に強制力がある訳ではないので、アダルトサイトがみんながみんな「.xxx」ドメインになる訳ではないですが。
親や学校、企業などに取ってはフィルタリングがやりやすくなると言うメリットはあるでしょうね。
続きを読む

2005年05月30日

不正アクセス事件のOZmall、サイト一部再開

オズモールの不正アクセスでもウイルス発覚--原因はSQLインジェクションか


 不正アクセスによりサイトを閉鎖していた「OZmall(オズモール)」を運営するスターツ出版は、予定どおり5月30日午後8時10分ごろ、グリーティングカードや掲示板などの一部サービスを除くサイトの約70〜80%を再開させた。

 携帯電話向けの「モバイルオズ」については、30日の再開を予定していたが、「ユーザー数の多いオズモールの再開を優先したため、現在のところ再開日時は未定」としている。

 そして同社では、不正アクセスによりサイトを一時閉鎖していた件について、「5月25日中にオズモールにアクセスした一部のユーザーのインターネットキャッシュフォルダに、ウイルスファイルがダウンロードされてしまうという現象が起こっていた」ということを明らかにした。(後略)

元記事:CNETJapan
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000050480,20083999,00.htm


( ´ω`)ノはいはいOZmallの不正アクセス事件の続報です。
不正アクセスを受けていたOZmallは5月30日午後にサイトを一部を除いて再開した模様です。
再開当初はアクセスが殺到してサイトが閲覧しにくい状態になっていた様で、一旦夕方にサイトを閉鎖したらしいです。
その後20時頃に再びサイトを再開したようです。
続きを読む

2005年05月28日

OZmallも不正アクセスでウィルスを仕込まれ閉鎖中

不正アクセスで女性向けサイト「OZmall」が一時閉鎖

 スターツ出版が運営する女性向けサイト「OZmall」が25日、不正アクセスを受けてサイトを一時閉鎖した。OZmallのトップページには、これまでの経緯などが掲載されている。

 スターツ出版によると、25日16時ごろに不正アクセスを受けたことを認識し、万全を期すために即座にOZmallと携帯電話向けサイトの「モバイルオズ」「OZの恋愛占い」を閉鎖したという。同社では、菊地修一代表取締役社長を委員長としたセキュリティ委員会を設置。警視庁や顧問弁護士、セキュリティベンダー各社との協力を得ながら、調査を進めている。(後略)

元記事:Internet Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/05/27/7773.html


( ´ω`)ノまたも不正アクセスですよ。
2度ある事は3度あると言うか、悪い事は続くと言いますが。この調子だと他のセキュリティの甘々企業も注意しないとひどい目に遭う事受け合いですよ。
今度は女性向けサイトOZmallと言う事で、ユーザーの方もいろいろとセキュリティの甘いPCでネットサーフィンしてる人が多い様な予感がしますが。
続きを読む

2005年05月27日

価格.com不正アクセス事件、IPAは「第1報のみで詳細は把握せず」

価格.com不正アクセス事件、IPAは「第一報のみで詳細は把握していない」

 25日に開催された価格.comの不正アクセス事件に関する記者会見では、「不正アクセスの一部IPアドレスが特定されるなど、不正アクセスの経路や原因等の解明が進み、警察庁に対して情報を提供した」(カカクコムの穐田誉輝代表取締役社長兼CEO)などの現状が発表されたものの、不正アクセスの具体的な手口については明らかにされなかった。

 会見で穐田社長は、「今回の不正アクセスについては情報処理推進機構(IPA)に事態の報告を行なっており、IPAの側で今後の類似犯罪の防止につながると判断したものについては積極的に内容を公開していくと伺っている。直接的ではないにしても、こうした形で尽力していきたい」とIPAに協力する姿勢を強調した。しかし、IPAでは「事件が起こった早い段階で、不正アクセスを受けたという第一報は受けているが、不正アクセスの詳細については連絡を受けていない」という。(後略)

元記事:Internet Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/05/26/7766.html


( ・ω・)ノIPAは第一報しか聞いてないって言ってますよ。
25日の記者会見では、、「今回の不正アクセスについては情報処理推進機構(IPA)に事態の報告を行なっており、IPAの側で今後の類似犯罪の防止につながると判断したものについては積極的に内容を公開していくと伺っている。直接的ではないにしても、こうした形で尽力していきたい」って言ってたんですけどねぇ、価格.com。
続きを読む

2005年05月26日

ファイルを勝手に暗号化して「デコーダ代を振り込め」と言う新手の攻撃を発見

「ファイルは暗号化した。デコードしたければ金を振り込め」攻撃の新手口

 米Websenseは23日、ウイルスに感染したPCのHDDやネットワークドライブ上にあるファイルを勝手に暗号化し、そのデコードツールを売り付けようとする新手の攻撃が報告されたと発表した。ウイルス対策ベンダーでも、トロイの木馬型ウイルス「Trojan.Pgpcoder」(シマンテックによる呼称)などとして警告している。(後略)

元記事:Internet Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/05/25/7745.html


( ´ω`)ノいやぁ、世の中いろんな事を考える人がいるもんですねぇ。
ファイルを人質に取るなんてねぇ。
暗号も鍵がわからないと簡単には解けませんからねぇ。
しかし、これ「e-gold」と言う少額決済サービスの口座に振り込む様に指定されるらしいんですが、口座指定とかしたら自分の身元がバレる可能性とかもありそうな。
当然架空口座とか他人の口座を使用するんでしょうけどもねぇ。
それでも何らかの痕跡が残る事は避けられない訳で、お金を詐取する手段としては実用的なのかどうなのか…って感じではありますが。
続きを読む

価格.comは自己の過失を否定するも不正アクセスの詳細は明らかにせず

「過失はない」としながらも不正アクセスの詳細の言及は避ける〜カカクコム

 カカクコムは25日、製品価格比較サイト「価格.com」に対する不正アクセス事件と、サイト再開に関する記者会見を行なった。
会見では、「不正アクセスの一部IPアドレスが特定されるなど、不正アクセスの経路や原因等の解明が進み、警察庁に対して情報を提供した」と現状を述べた。
ただし、不正アクセスの具体的な手口については、「他のサイトへの攻撃につながることや捜査に支障をきたすおそれがある」として公表を避けた。(後略)

元記事:Internet Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/05/25/7754.html


( ・ω・)ノ過失はないとか言ってますよ、価格.com!
開発運用体制に「全く問題が無かったとは言えないと考えている」と言いながら、今回の事件の原因に価格.com側の重過失、または過失があったのかと言う問いには、「そう言うものは無かったと答えてますよ、お客さん!
システムの運用に問題が無いとは言えないって、システムの運用に問題があったと言うのと違うんですか?
システムの運用に問題があったと言う事は、過失では無いのだろうか…と思ってみるテスト。
続きを読む

2005年05月25日

NTTデータで全社員の個人情報が記録されたUSBメモリの紛失が判明

NTTデータの全社員11,835人分の個人情報、USBメモリを電車で紛失

 NTTデータは24日、4月1日現在の同社全社員11,835人分の個人情報を紛失したと発表した。
同社社員が社員の個人情報をUSBメモリに保存し、カバンに入れたまま帰宅途中の電車で紛失してしまったという。

 NTTデータによれば、5月16日に同社の社員が、個人情報を保存したUSBメモリを帰宅途中の電車で紛失。
「紛失した社員は、普段からカバンを膝の上にのせて居眠りしながら帰宅していたと聞いているが、当日は自宅最寄りの駅について、ホームではハッとした瞬間にはカバンを紛失していたようだ」(NTTデータ広報部)という。(後略)

元記事:Internet Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/05/24/7726.html


ヽ(´ω` )こちらも「あ〜、やれやれ」と言う感じのニュースですねぇ。
まぁ、これはお客さんの分では無くて自社の全社員の個人情報と言う事ではありますが、社員の個人情報の扱いがこれでは、顧客の個人情報がどの様に扱われているかと思うと、げっそりした気分になると言うものですね。
これ、居眠りしてる間に鞄を盗られたって事なんでしょうかねぇ?
置き忘れてきたと言う訳では無さそうですが、膝の上に置いていたと言うし。
続きを読む
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。