2007年09月01日

「ぼく、オタリーマン。2」買いました

 


( ・ω・)ノそんなわけで買っちゃいました、発売日に。
思えば1巻目の「ぼく、オタリーマン。」も発売初日に買いましたなー。
内容は両方とも「おもろうて、やがて悲しきオタリーマン」って感じっすかの。
2の方はそんなに「やがて悲しき」って感じじゃないけども、1の方の最後の方は例えSEさんじゃなくても会社で仕事してる社会人なら何かしら自分でも思い当たる所があるんじゃないですかのぉ。

続きを読む
posted by Giselle at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

横溝正史の旧宅から生原稿5千枚発見、未発表作品も

横溝正史の生原稿5000枚、旧宅で発見 未発表も

 金田一耕助が活躍する探偵小説「八つ墓村」「犬神家の一族」などの作家、横溝正史(1902〜81)の生原稿や下書きなど約5000枚が見つかった。研究者にも知られていない短編「霧の夜の出来事(微笑小説)」が含まれている。雑誌に発表した短編を仕立て直した長編、単行本のページを切り抜いて施した加筆などもあり、粘り強く書き直しを続けた横溝の執筆姿勢が浮かび上がる貴重な資料だ。(後略)

元記事:asahi.com


( ・ω・)ノというわけで、今年の12月16日には市川崑監督のセルフリメイクで30年振りの「犬神家の一族」が公開される予定となっている故横溝正史氏の生原稿などが、なんと約5000枚も旧宅の物置から発見されたと言う事でありますよ。
生原稿の中には未発表作品もあったと言う事で、ファンとしては気になる所でありますのぉ。
世田谷にある横溝正史氏の旧宅奥にある物置などで、ご長男の音楽評論家横溝亮一氏が昨年見つけられたそうで、別の物が入っていると思っていた箱から生原稿が出て来て大変驚かれた様でありますのぉ。
約5000枚と言う事で段ボール箱4箱分も合わせるとあったそうですよ。

続きを読む
posted by Giselle at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

京極夏彦「邪魅の雫」読了

 
( ・ω・)ノというわけで発売日に買って参りましたよ、京極夏彦の新刊「邪魅の雫」。
いやぁ、待ちに待ったと言う感じでありますよ。
今回も分厚さは健在、Amazonのデータを見ると817ページだそうですが、ページ数で言われてもピンと来ないかも知れませんのぉ。
まぁ、レンガ位の分厚さと言えばわかりやすいかなー、その位の分厚さはありますのぉ。
寝っ転がって読むにはいささか不向きな分厚さではありますの。
でも寝っ転がって読むんですが、結局。

続きを読む
posted by Giselle at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

「ファイブスター物語」12巻



( ´ω`)ノいやぁ、ようやく発売されましたねぇ「ファイブスター物語」の12巻!
よくまぁ発売日通りに出たなぁと思うのは良く訓練されている証拠でしょうかね?(笑)
上記はまぁ、最新刊の12巻はまだ画像がないので、一緒に「DESIGNS」も載せましたが。
まぁ、フラゲした人も多いみたいですし(ほんとは発売日協定違反)、もう今日10日発売だから、少々内容に触れてもいいですかねぇ?
ネタバレがイヤな人は以下は見ないようにね…っと言っても大したこと書きませんが。

続きを読む
posted by Giselle at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

さおり&トニーの冒険紀行 ハワイで大の字

( ・ω・)ノ今日買った本でありますよ。
さおりとトニーの愉快な2人が、普通の旅行では行かない様なハワイに行ってみると言う本でありますよ。
ハワイが好きな(でも1回しか行った事ないorz)自分としては次に行く時の参考にもなりそうな本でありますのぉ。
もちろん、ハワイに行った事のない人も、ハワイには何回も行った事のある人も楽しめる本だと思いますのぉ。
所々にレストランガイドも書いてあって良い感じですの。

ヽ(´ω` )普通のパッケージツアーではまずタロイモ掘りとか行きませんからねぇ(笑)
レイの作り方を見たり体験したりと言うのはあるかも知れませんけどね。
ホームパーティに参加するというのも無いでしょうしね。
それにしてもカカオの実が生のままで食べられるとは知りませんでしたねぇ。
まぁ、考えてみればナッツみたいなものではありますけども。

続きを読む
posted by Giselle at 03:27| Comment(0) | TrackBack(2) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月08日

「ダーリンの頭ン中」を買ってきた



出版社 / 著者からの内容紹介
「ダーリンは外国人」コンビのトニー&さおりコンビが送る、英語と日本語の不思議や違いをわかりやすく面白く描いた、「言葉」エンタテインメント!
あいかわらずの「THE」論争や「V」の発音についてのすったもんだなど、笑いながらしっかり学べる珠玉の一冊!
トニーにまけない語学おたくの人も、是非ご一読を。
Amazon.co.jpより




(´ω`)そんな訳で前2作に続いて買っちゃったこの本。
日本語、英語その他もろもろの言葉に関しておなじみの2人が「あ〜でもない、こ〜でもない」とか「実はこうだったのか!」とやりあう本であります。
ヽ(・ω・ )これって「ダ・ヴィンチ」連載だったんだねぇ…。
そう言えば、昔は「ダ・ヴィンチ」読んでたんですけどもね、これ読むと本買うのが際限無くなっちゃうのでいつの間にか買うのやめちゃいましたな。



続きを読む
posted by Giselle at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。