2005年12月31日

山形JR羽越線脱線転覆事故:不明者捜索を終了、車輌撤去作業本格化

羽越線脱線事故、県警がレールと枕木を押収

 山形県庄内町でJR羽越線の特急「いなほ14号」が脱線・転覆した事故で、山形県警は31日、事故現場にさらに不明者が残されている可能性はきわめて低いと判断、本格的な捜索をこの日で終えた。

 この事故では5人が死亡。県警は乗客から「先頭車両に女の子と30代くらいの母親がいた」との情報が寄せられたため、脱線した車両を撤去し、車両の下などを捜索していた。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/special/051226/TKY200512310162.html


( ´ω`)ノというわけで、どうやらもう行方不明者が車輌内及びその周辺部に残されている可能性はほぼ無いと言う事で捜索を終えて、今後は事故車輌の撤去と原因の究明及び今後の対策の見直しに重点が移る事になりそうですね。
それにしても一時母子と見られる2人が行方不明ではないかという情報がありましたが、それは事故の前に降車していた母子と言う事が確実になった様で、良かったですね。

続きを読む

2005年12月30日

秋田泥湯温泉ガス事故で重体の父親も死亡、死因は急性硫化物中毒

泥湯温泉事故、父親も死亡 母子の死因は急性硫化物中毒

 秋田県湯沢市の泥湯温泉で29日、宿泊客が死亡した事故で、重体だった東京都豊島区の東京大大学院助手、松井泰さん(47)が30日午後、病院で死亡した。事故の犠牲者は松井さんの妻子3人に加え、4人となった。県警は同夜、妻子3人の死因が天然の硫化水素ガスを吸った急性硫化物中毒だったとする司法解剖の結果を発表した。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/national/update/1230/TKY200512300090.html


( ・ω・)ノあ〜、重体だったお父さんもお亡くなりになってしまわれたんですのぉ。
せめてお父さんだけでも助からないかと思ったんですがのぉ。
それにしても温泉のガスもこうなると怖いもんですのぉ。
警察の捜査によれば、この硫化水素ガスの溜まっていた穴は、直径2m、深さ1.3mで、周辺が直径1m、高さ50pのトンネル状の空洞になっていたそうですよ。
で、この空洞の表面が雪に覆われて落とし穴の様になっていた所を、母子3人で遊んでいる時に、誰かが誤って踏み抜いて落ちてしまったんじゃないかと言う事のようですのぉ。

続きを読む

2005年12月29日

山形JR羽越線脱線転覆事故:不明の母子?が名乗り出る

「捜索の母子は私たち?」女性が名乗り出る 羽越線事故

 山形県庄内町でJR羽越線の特急「いなほ14号」が脱線・転覆した事故で、複数の乗客が車内で目撃した「母子」の捜索が続いていることについて、「私たちのことでは」と秋田県由利本荘市の女性(41)が29日朝、名乗り出た。山形県警は今後も捜索を続けるが、目撃情報と合致する可能性が高いとみている。県警は同日夕までに、全車両の車内とその周辺に乗客が残っていないことを確認した。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/special/051226/TKY200512290122.html


( ´ω`)ノというわけで、ようやく不明の母子と思われる方が名乗り出てこられた訳なんですが、大体目撃情報と合致していると言う事で、不明とされている母子がこの女性と娘さんだと良いんですけどねぇ。
この女性と6歳の娘さんは、秋田駅から乗って事故現場より手前にある羽後本荘駅で降りたそうなんですね。
服装や座席の位置などが合致したそうで、大体この親子ではないかと言う事になったそうですよ。
ただ、酒田駅を通過した後に母子を見かけたとする乗客の情報もある為、県警の方では慎重に調べている様ですがね。

続きを読む

2005年12月28日

山形JR羽越線脱線転覆事故、事故前後に30m超の突風か?

事故前後に突風30メートル超の可能性 山形・特急脱線

 5人の死者を出したJR羽越線の特急脱線事故前後の25日午後7時〜8時にかけて、現場周辺を寒冷前線が通過し、付近で瞬間的に秒速30メートルほどの突風が吹いた可能性があることが、気象庁と国土交通省の観測記録から分かった。風向きは複雑に変化しており、現場手前のJR東日本の風速計が突風を検知できなかったとも考えられるという。同省航空・鉄道事故調査委員会は記録を分析する。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/special/051226/TKY200512280263.html


( ´ω`)ノというわけで、JR羽越線の特急「いなほ」の脱線転覆事故から4日目になりますが、どうも現場付近で当時瞬間的に秒速30m/s程の突風が吹いた可能性があることが、気象庁と国土交通省の観測記録からわかったみたいですね。
ちょうど現場の付近を事故当時に寒冷前線が通過した事でこの様な突風が吹いたのではないかと言う事だそうですよ。
JR東日本の風速計では秒速数m/s程度の風しか捉えられてなかった訳なんですが、どうも風向きが複雑に変化した為にJR東日本の風速計がこの突風を検知しきれなかったのではないかと考えられるそうですね。

続きを読む

2005年12月27日

山形JR羽越線脱線転覆事故、新たに女性1名の遺体収容損者5名に

女性の遺体収容、身元も判明 損者は計5人に 特急転覆

 JR羽越線の特急「いなほ14号」が脱線・転覆した事故で、山形県警は27日午後、事故から44時間半ぶりに新たに女性1人の遺体を車両の下で確認し、同日夜、運び出した。事故による損者は計5人になった。遺体は大破した先頭車両(6号車)の下敷きになっていて発見が遅れたという。所在がつかめていない他客がほかにいるとの情報もあり、県警などはさらに捜索を続ける。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/special/051226/TKY200512270329.html


( ´ω`)糟えー、というわけで、JR羽越線の特急「いなほ14号」が、山形県内で脱線転覆した事故なんですが、昨日26日の時点では損者4人、けが人32人と言う事だったんですけども、その後に連絡のつかない人がいると言うが判明し、行方不明者が少なくとも3人はいると言う事だったんですね。
恐らく行方不明者の1人と見られる女性の遺体が、27日午後になって車輌の下で発見され、夜に運び出されたそうです。
これにより、この事故での損者は5人、けが人32人、行方不明者少なくとも2人と言う事になっています。

続きを読む

2005年12月26日

山形JR羽越線脱線転覆事故、鉄橋下からの風が原因か?死者4人に

特急転覆、橋下からの風が原因か 横風より危険と指摘も

 山形県庄内町のJR羽越線で25日夜、特急列車が脱線、転覆した事故で、事故現場直前の「第2最上川橋梁(きょうりょう)」(長さ627メートル)は、川面からの高さが8〜9メートル。線路がむき出しの「開床(かいしょう)式」で、横風を防ぐさくはなかった。JR東日本新潟支社によると、この橋では下から吹き上げるような風が吹く特徴があったという。付近は冬に強い季節風が吹く地域だが、特に厳しい運転規制や防風対策は施されていなかった。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/special/051226/TKY200512260163.html


( ´ω`)ノというわけで、昨夜起きたJR羽越線での特急「いなほ」の脱線転覆事故なんですが、最終的に死者4人けが人32人と言う事になったようですね。
列車に閉じこめられていた方は、救助隊の人が一生懸命救助に当たったそうなんですが、残念ながらお亡くなりになっていたそうです。
4人とも大破した先頭車輌に閉じこめられていたと言う事で、脱線転覆の衝撃の激しさが伺われますね。
後、昨夜の時事通信の速報では、30代の女性が死亡となっていたんですが、お亡くなりになったのは50代の女性と20代の女性、40代と30代の男性と言う事で、現場の状況が混乱していたと思われますので、どこかで情報が交錯した可能性が高いですね。

続きを読む

2005年12月25日

山形のJR羽越線で特急が脱線転覆事故、30人前後負傷1人死亡か?

特急が脱線・転覆 27人けがの模様 JR羽越線

 25日午後7時20分ごろ、山形県庄内町のJR羽越線砂越(さごし)―北余目(きたあまるめ)駅間で、秋田発新潟行き特急電車「いなほ14号」(6両編成)が脱線した。県警によると、6両中5両が脱線、うち3両が転覆。乗客数十人のうち少なくとも27人がけがをした。電車は時速約100キロで走行中、突風が吹き、脱線したという。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/national/update/1225/TKY200512250225.html


( ´ω`)ノやぁ、年末に大変な事故の様ですね。
山形県のJR羽越線で秋田発新潟行きの特急電車「いなほ14号」が時速100q/hで走行中に、砂越(さごし)―北余目(きたあまるめ)駅の間で、鉄橋を越えた所で突風が吹いた為に脱線転覆したと言う事の様です。
当時、みぞれ混じりの強風に雷がなっていると言う悪天候だった様で、30人前後の人が負傷者がいる様ですが、30代の女性が1人死亡したという情報が先程22:38に時事通信の携帯ニュースサービスで入ってきています。

続きを読む

2005年12月24日

「スタバに放火」とメールを送った男を逮捕

「クリスマスに放火」とスタバにメール 容疑の男を逮捕

 「クリスマスに店舗に放火する」とのメールを送り、大手コーヒーチェーン「スターバックスコーヒージャパン」(本社・東京都渋谷区)の業務を妨害したとして、警視庁は24日、東京都杉並区阿佐谷南2丁目、派遣会社アルバイト岡野博樹容疑者(28)を威力業務妨害の疑いで逮捕した。「店員が中傷するような話をした」と動機を供述しているが、同社との間にトラブルは確認されていないという。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/national/update/1224/TKY200512240220.html


( ´ω`)ノいやはやー、クリスマスというのにナニでアレなお話ですねぇ。
なんでも逮捕されたご当人曰く「店員が中傷するような話をした」とかで、「渋谷地区の全店舗に放火し、全員を焼き殺す。02年以来憎み続けている」とか、アルバイト募集の応募フォームに記入して送信したらしいんですけどねぇ。
警察の方では、逮捕されたご当人とスターバックスの間にトラブルがあったという事実は確認されてないそうなんですけども。

続きを読む

耐震強度偽装問題:ヒューザー小嶋社長を証人喚問へ

小嶋社長を証人喚問へ 衆院国交委が合意

 耐震強度偽装事件に関連し、与党は22日、年明けから通常国会開会予定の1月20日までの間に衆院国土交通委員会で、マンションの建築主ヒューザーの小嶋進社長を証人喚問することで合意した。野党の喚問要求に対し、当初は「捜査を見守るべきだ」と慎重な姿勢だったが、世論の反発を踏まえ、「早い時期に喚問した方がいい」(自民党幹部)と判断した。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/special/051118/TKY200512220846.html


( ´ω`)ノというわけで、当初与党側は捜査機関の捜査の推移を見守ってからと言っていた訳なんですが、世論の反発をくらったのと、耐震強度偽装のマンションの住民達が財産保全の為に、ヒューザーに対する破産手続き開始の申し立てを検討している事もあって、早い所証人喚問した方が良いという風に方針転換したようですね。
いろいろと、お互いの話につじつまの合わない部分もありますし、ここは嘘をつけば偽証罪に問う事が出来る証人喚問でじっくりとお話を聞かせて貰いましょうかと言うのは悪くないと思いますねぇ。
むしろ、早い所やるべきですよね、但し、この前みたいな議員先生のワンマンショーは勘弁して欲しい所ですけどね。

続きを読む

2005年12月21日

耐震強度偽装問題:住民ヒューザーの財産保全の為破産申し立てへ

ヒューザーの破産申し立てへ 住民ら、財産保全が目的

 耐震強度が偽装されたマンションの住民たちが21日に東京都庁で会見し、建築主のヒューザー(東京都千代田区)に対する破産手続き開始の申し立てをすることを明らかにした。ヒューザーの財産を保全し、補償に充てるのが目的。年明け以降の早い時期に申し立てる方針。

 会見したのはグランドステージ住吉(東京都江東区)、同東向島(同墨田区)、同稲城(同稲城市)、同下総中山(千葉県市川市)、同川崎大師(川崎市)の住民代表ら約15人。他のグランドステージの住民にも呼びかけていく。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/special/051118/TKY200512210235.html


( ´ω`)ノと言うわけで、耐震強度が偽装されたマンションにお住まいの住民の皆様が、21日に東京都庁で会見を行って、マンションの建築主であるヒューザーに対して破産手続き開始の申し立てを行う事を明らかにしたと言う事ですねぇ。
まぁ、要するにヒューザー側が誠実な対応をせず、言う事も対応も二転三転するので、信用がならんと言う事で、ヒューザー名義の預貯金や所有不動産の無断処分を防いで、財産を保全し、住民への補償に充てようと言うわけですね。

続きを読む

みずほ証券大量誤発注:証券6社利益返上の意向は示すものの…

株誤発注問題、証券6社が利益返上の意向示す
 みずほ証券の誤発注問題で自民党は20日、企業会計小委員会を開き、利益を得た国内外の証券会社6グループに対し、利益返上についての意見を聞いた。約120億円の利益を上げたUBS証券の大森進東京支店長は「利益を保持するつもりはなく、(どんな返上方法でも)前向きに議論していきたい」と述べ、全社が前向きに応じる意向を示した。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/business/update/1220/083.html


( ・ω・)ノと、いうわけで国内外の証券会社さんの方はほとんどみずほ証券の大量誤発注でえた利益については返上しても良いという意向を示してはいるんですけどのぉ。
まぁ、別にみずほ証券にミスがあったとは言え、売買は法的には成立しているので、道義的にどうかと言うのを除けば、そのまま利益を得たままでも問題はないんですけどのぉ。
取りあえず他の証券会社さんとしても企業イメージってもんがありますからのぉ。
金融相がどうこう言ったからと言うわけじゃなくても、ぽっけないないはしにくいですかのぉ。

続きを読む

2005年12月20日

北海道礼文島の灯台が防波堤ごと消失、大時化の波で倒壊か?

北海道・礼文の灯台姿消す、防波堤ごと倒壊?

 北海道・礼文島の香深井漁港防波堤突端にある「南防波堤灯台」(重量約67トン)が、防波堤ごとなくなっているのを19日午前、地元の灯台監視協力者が見つけ、稚内海上保安部に通報した。

 同島付近は、発達した低気圧の影響で暴風雪、波浪警報などが出ており、波で倒壊したらしい。(後略)

元記事:YOMIURI ON-LINE
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20051219it13.htm


( ´ω`)ノそんなわけであちこちで寒波で大荒れの日本列島なんですが、まさかここ迄って感じですねぇ。
重さ約67トンにもなる礼文島の灯台が、なんと消失してしまったそうですよ。
礼文町の香深井(かふかい)漁港の南防波堤の突端にあって、92年に建て替えられて高さは9.8m幅は最大で3.4mで、ケーソンと呼ばれる鉄筋コンクリートを繋げて作った防波堤の一部ごと無くなってたと言う事らしいですね。

続きを読む

2005年12月18日

この冬一番の寒気で各地で大雪に

列島、この冬一番の寒気 北陸中心に記録的大雪

 この冬一番の寒気が18日、日本列島に入り込み、北海道や日本海側で大雪となった。北陸を中心に積雪は2メートル近くになっており、12月としては記録的な大雪になっている。19日夕方にかけても降りやすい状態が続くという。風も強くなり、大荒れの天気になることが予想され、気象庁は大雪や雪崩、暴風に厳重に注意するよう呼びかけている。晴れ間が広がる太平洋側では、この冬一番の冷え込みになる見込み。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/national/update/1218/TKY200512180138.html


( ・ω・)ノやぁ、寒いですのぉ〜。
冬に入る前に暖冬だと言ってたのは何?と言いたくなる位の寒さですのぉ。
12月にこんなに寒くなるのって随分久しぶりと言う感じですのぉ。
ずっと12月になってもおだやか〜な小春日和と言う感じの日が、去年までは多かった気がしますからのぉ。
うちの辺りでも、今朝は雪がうっすらと積もってましたよ。
明け方なんかは、月が出ているのに雪が降ってましたからのぉ。
たぶん山の方はもっと降っていて、それが風に乗って飛んできてたんですのぉ。

続きを読む

2005年12月17日

耐震強度偽装問題:ヒューザー社名変更を検討中?

ヒューザーが社名変更を検討

 耐震強度偽装問題で、強度不足のマンションを販売したヒューザー(小嶋進社長)は16日、社名の変更を検討していることを明らかにした。同社の広報担当は「社長が社内で話しているが、正式決定はまだ。社名変更の時期や名前など具体的な内容は未定」と説明している。(後略)

元記事:nikkansports.com
http://www.nikkansports.com/ns/general/p-so-tp0-051217-0002.html


( ´ω`)ノてなわけで、耐震強度偽装問題で、多くの耐震強度が不足したマンションを販売したヒューザー社の窓口会社であった「ヒューザーマネジメント社」が11月末に社名を変更したのに続いて、ヒューザー社自身も社名の変更を検討していると言う事ですよ。
なんか、これまで対応が二転三転したりと不信をもたれる様な行動の多い同社でありますが、「ヒューザー」の名ではもう仕事にならないと言う事で、社名を変えようというのがいかにも小手先だけで何とかしようとするこの会社らしいと言う感じですか?

続きを読む

2005年12月16日

耐震強度偽装問題:ヒューザー偽装を知りつつ物件を引渡した疑い

東京都がヒューザー専務らを聴取 宅建業法違反の疑い

 耐震強度偽装問題で東京都は15日、分譲マンション「グランドステージ藤沢」(神奈川県藤沢市)について、建築主のヒューザー(東京都千代田区)の専務ら4人から事情を聴いた。強度偽装を知りながら入居者に物件を引き渡した宅地建物取引業法違反の疑いがあるためで、同社担当者は「持ち帰って事実関係を確認したい」と話したという。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/special/051118/TKY200512150383.html


( ・ω・)ノ何と言いますか、こう言う事になっても「ヒューザー」ならさもありなん…という風に見てしまいますのぉ。
神奈川県藤沢市の分譲マンション「グランドステージ藤沢」の強度偽装を知りながら、購入者に引き渡していた疑いがあるとして、宅地建物取引業法にもとづいて、東京都の方がヒューザーの専務ら4人から事情を聴いたそうなんですけどのぉ。
この「グランドステージ藤沢」は今年の9月に完成し、10月の28日に入居者に引き渡したそうなんですけども、ヒューザーはその前日までに民間の検査機関であるイーホームズから偽装の可能性を知らされていたんじゃないのかと言う疑いがもたれているんだそうですよ。

続きを読む

2005年12月15日

B777のエンジンに製造ミス、全日空・日航エンジンを改修へ

ボーイングのエンジンに重大な不具合 国内に48機

 日本航空と全日空が保有する大型ジェット機ボーイング777型のエンジンに重大な不具合が見つかり、両社は15日、部品の交換を始めたことを明らかにした。エンジン内部の金属製ブレード(羽根)の一部が製造工程のミスで破損して飛び散り、内部のほかの部品を激しく損傷する恐れがある。昨年以降、飛行中にエンジンが異常を起こして最寄りの空港に緊急着陸するトラブルなどが相次いでいた。いずれも乗客らにけがはなかった。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/national/update/1215/TKY200512150213.html


( ´ω`)ノ飛行機には結構年何回も乗るので気になるニュースでありますねぇ。
この問題になっているボーイング777にも結構乗りますからねぇ。
問題となっているのは、アメリカのプラット・アンド・ホイットニー社が製造した「PW4000」エンジンで、トラブルが相次いだ為に内部を精密検査した所、エンジンを回転させる高圧タービンの2段目のブレード82枚が腐食していて、先端から破損する恐れがある事が判明したわけですねぇ。

続きを読む

みずほ証券大量誤発注:UBSなど証券6社ジェイコム株の利益返上へ

ジェイコム株の利益返上へ UBS、日興など6証券

 みずほ証券による株大量誤発注問題で、ジェイコム株を大量取得し、強制決済によって利益を得たUBS証券グループなど国内外の証券会社6社が、総額100数10億円の利益を全額返上する方向となったことが14日明らかになった。一両日中に各社が発表する見通し。

 各社が利益分を寄付して基金をつくり、証券関係の調査・広報などの活動などを支援していく案を検討している。発注ミスに付け込む形で多額の利益を得たことに対し、与謝野馨金融担当相や自民党など政府与党からも批判が相次いでおり、企業イメージの低下を避けるため異例の利益返上に踏み切る。今後は誤発注で利益を得た他の証券会社などの対応も焦点となる。(後略)

元記事:Sankei Web
http://www.sankei.co.jp/news/051214/kei065.htm


( ´ω`)ノさすがに今回のみずほ証券の大量誤発注で得た利益をそのまま懐に入れるのは気がとがめたという所でしょうかねぇ。
別に金融相が苦言を呈したからというわけでも無いでしょうけども。
同業他社としてみれば、明日は我が身に起きないとも限らない様な事件でしたからねぇ。
明日、自分の会社のディーラーが入力ミスをして大量の安値売りの誤発注をしないなんて言い切れませんよ、どこの会社だって。

続きを読む

2005年12月14日

みずほ証券大量誤発注:強制決済終了東証との負担調整が問題に

みずほ証券と東証が負担調整へ ジェイコム株発注ミス

 みずほ証券がジェイコム株の取引で大量の誤った売り注文を出した問題で、決済方法の決定権限を持つ日本証券クリアリング機構は12日、売買が成立した株式を1株当たり91万2000円で強制的に現金決済する特別措置を決めた。8日の終値より14万円高く、みずほの損失は当初想定した270億円を大きく上回る405億円で確定。今後はシステムの欠陥が明らかになった東証の負担を巡る調整が注目される。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/business/update/1213/042.html


( ´ω`)ノまぁ、すったもんだの末にみずほ証券の誤発注によるジェイコム株の強制決済は終了した訳なんですが、むしろみずほ証券と東証(と富士通)の間の綱引きはこれからが本番と言った所ですかねぇ。
決済方法の決定権限をもつ日本証券クリアリング機構が決定した強制現金決済額は1株当たり91万2000円、みずほ証券の損失は当初の想定を大きく上回る405億円。
で、その損失の大部分は東証のシステムの欠陥に寄る所が大きいと来てますからねぇ。

続きを読む

2005年12月13日

耐震強度偽装問題:木村建設子会社の平成設計も自己破産申立

木村建設の子会社・平成設計が自己破産申し立て

 マンションなどの耐震強度偽装問題で、偽装が明らかになった建物の多くを施工し、自己破産の手続き開始が決まった木村建設(熊本県八代市)の100%子会社の平成設計(東京都千代田区)は12日、東京地裁に自己破産を申し立て、受理された。代理人の弁護士によると、債権者数は企業や個人計55、負債総額は約6億3800万円という。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/special/051118/TKY200512120147.html


( ´ω`)ノまぁ、いわゆる連鎖倒産なんでしょうけど、親亀転けたら子亀も転けたという感じのね。
でもなんか、親会社共々早々と逃げを打った感が否めないのはなんでなんでしょうかねぇー。
警視庁などの合同捜査本部による家宅捜索の対象にもなっている位、今回の事件の中心の一つであるわけですからねぇ。
なんだか納得のいかないモノを感じるのは木村建設の時と同様と言う感じでしょうか。

続きを読む

2005年12月12日

みずほ証券大量誤発注問題:東証がシステム不具合でお詫び会見

東証、一転おわび会見 賠償責任には慎重な物言い

 みずほ証券による誤った株取引の発注に端を発した東京株式市場の混乱は、東京証券取引所のシステムに原因があることが明らかになった。事態が発生した直後の記者会見で東証は「手続き上、こちらに瑕疵(かし)はない」とし、みずほ側に全面的な責任があると説明していたが、一転、11日夜はおわびの会見となった。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/business/update/1212/044.html


( ・ω・)ノというわけで、一転して東証がおわびする羽目になった訳ですが、そのシステムの不具合というのがどういうモノなのか明らかになりましたのぉ。
東証はこれまでみずほ証券側が誤発注を取り消し処理出来なかったのは
「東証のシステムでは値幅制限内の価格でしか取り消し注文を受け付けない仕組みになっているのに(今回の場合はストップ安の57万2000円)、みずほ証券側が誤って入力した1円の売り注文を取り消す処理をした為に、取り消す事が出来なかった。」
と言う風に説明していた訳ですのぉ。

続きを読む
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。