2011年01月06日

カナダの10歳の女の子が史上最年少で超新星を発見



( ´ω`)ノカナダの王立天文学会は3日に、カナダの10歳の女の子が超新星を発見したと発表しました。
超新星発見の最年少記録だということですよ。
カナダ東部、ニューブランズウィック州に住む、キャサリン・オーロラ・グレイさんは、同じカナダのデイブ・レーンさんが12月31日に撮影した天文写真を、お父さんのポールさんと一緒に調べていた時に、この超新星を見つけたと言う事ですよ。

続きを読む
posted by Giselle at 23:25 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

インドのGSLVロケット、通信衛星の打上げに失敗



( ´ω`)ノてなわけで、一昨日の話ですが、インド南部の都市チェンナイから約80qのスリハリコタ島にある宇宙センターから通信衛星「GSAT-5P」を積んだロケット「GSLV-F06」が打ち上げられたんですが、打上げの直後に異常が発生し、予定のコースから外れたために、打上げ47秒後に地上からの指令で爆破されたと言う事でありますよ。
インド宇宙機関(ISRO)が明らかにした所では、爆破された破片は、ベンガル湾に落下したそうですよ。

ヾ(・ω・ )「GSLV」ロケットはISROが開発した、使い捨て型の静止衛星打上げロケットで、「PSLV」ロケットをベースに、液体燃料ロケットブースターを追加し、上段を極低温エンジンに換装した3段式ロケットなんでありますが、ちょいと変わっているのは、第1段目が固体燃料ロケットで、ブースターが液体燃料という普通と逆の構成なんですよなー。
多いのは液体燃料ロケットに固体燃料ブースターの取り合わせですもんなぁ。
で、2段目がヒドラジンを使った液体燃料ロケットで、3段目が液体酸素と液体水素のエンジンなんですよ。

( ´ω`)ノちなみにロケットに搭載されたコンピュータの命令が第1段エンジンに届かなかった事を示すデータがあるそうで、今後原因を調査すると言う事ですよ。
この「GSLV」ロケットは今回で7回目の打上げなんですが、失敗が4回、部分的に成功1回、この時はロケットの性能不足で予定していた軌道よりも衛星が低軌道に投入されてしまったんだそうですよ。であと成功が2回ということで、今のところ失敗の方が多いんですよ。
4回目の打上げの時が予定軌道から外れたので、地上から指令破壊してますね。

ヾ(・ω・ )ISROでは、今年の4月にも「GSLV」ロケットを打ち上げたんでありますが、3段目の液酸液水ロケットエンジンが正しく動作しなくて、打上げに失敗したんですよな。
インドの宇宙機関としてはガッカリと言う感じですよなぁ。
主力の大型ロケットとして開発したわけですし。
今回の失敗の原因が早くわかるといいんですけどなぁ〜。
来年にも打上げ予定が入ってますしのぉ。

posted by Giselle at 23:30 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

皆既月食も日本では天気が悪くて見られない場所も多くて残念な事に



( ・ω・)ノてなわけで〜、日本では今日の夕方から皆既月食があったんですが、各地お天気が悪くて、見られた所の方が少なかった様でありますのぉ。
今、CNNではアメリカや欧州で見られた月食の写真を出してましたけどなー。
日本では月が地平線から昇ってくる時にはもう月食が始まった状態の「月出帯食」でありましたので、西日本なら皆既月食中の赤い月が昇ってくるはずだったんですけどなぁ。

続きを読む
posted by Giselle at 22:49 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

ロシア版GPS衛星の打上げ失敗、原因はロケットに燃料の積み過ぎ



( ´ω`)ノ5日にロシアの測位用人工衛星「グロナス-M」3基の打上げが失敗して、ハワイ沖に落下した件ですが、ロケットの燃料の量が間違っていたのが主な原因だったと、ロシアの調査委員会が17日に発表しました。
これによると、打上げに使われたプロトンMロケットを設計したS.P. Korolev Rocket and Space Corporation Energiaが、今回使われた型のロケットが、従来型よりも燃料タンクが大きい事を充分に説明しなかったために、従来型と同様の計算で燃料の量を決めちゃったんだそうですよ。

ヾ(・ω・ )ところが〜、その為に必要量以上の燃料が搭載されてしまい、重量が増えすぎた為に、衛星を軌道に投入するだけのエネルギーが得られなかったと言う事ですよ。
打上げ失敗からしばらくして、燃料の積み過ぎが原因だとは言われていたわけでありますが、今回それが正式に発表されたということでありますなー。
しっかし、燃料の量を間違えたとは恐るべし、ロシア。
まぁ、失敗する時ってこういう今回みたいな燃料タンクが実は大きくなっていたのに、それがきちんと伝わってなかったとか、そういう単純な事がきっかけなんですよなぁ。

( ´ω`)ノインタファクス通信は、計算間違いを正すのは容易な事で、ロケットそのものには問題がなかった事がわかって安堵してるという複数の関係者の話を伝えているそうですよ。
なにしろプロトンMロケットは、最新式のバージョンでありますからねー。
せっかく作った最新式のロケットに問題があったら悲しいですよね。
まぁ、出来れば今回の打上げも失敗しないでくれた方が嬉しかったでしょうけども。

ヾ(・ω・ )しかし、ロシア版GPSである、衛星利用測位システム「グロナス」は今回失敗した3基の打上げで、打上げが完了する予定だったのに、残念でありましたのぉ。
ロシアでは2012年からロシア国内で販売される全ての新車にグロナスの受信機を搭載させる方針を掲げていたんですけどなぁ。
とりあえず、ロシア国内をカバーする事は現存する衛星で出来るらしいので、この方針はこのままつづけるつもりかもですけどな。

posted by Giselle at 22:09 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

ロシアのソユーズ宇宙船打上げ成功



( ´ω`)ノというわけで〜、ロシア、アメリカ、イタリアの宇宙飛行士3人を乗せて、ロシアの宇宙船ソユーズTMA-20は、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地からモスクワ時間15日午後10時9分(日本時間16日午前4時9分)に無事に打ち上げられましたー。
まぁ、録画はしたんですが、時間が時間だったので、さすがに生中継は見られませんでしたよ。
朝になってからリプレイは見ましたけどねー。
というわけで、NASATVがYouTubeにUpしているソユーズの打上げ動画ですよ。



続きを読む
posted by Giselle at 22:43 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

ふたご座流星群のピークは14日夜〜15日未明に



( ´ω`)ノというわけで、今夜から明日の未明にかけて「ふたご座流星群」が極大を迎えますよ。
ふたご座流星群は毎年多くの流星を見せてくれる流星群なんですが、今年も真夜中以降は月が沈んじゃうので、流星見物にはもってこいの夜空なんですよ。
国立天文台でもふたご座流星群の活動が活発になる12月13日の夜から16日の朝までの3夜の間に15分以上星空を眺めて、結果を報告ページから報告してねという「ふたご座流星群を眺めよう」キャンペーンをやってますよ。

続きを読む
posted by Giselle at 23:31 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

宇宙開発ベンチャーのスペースXの宇宙船、民間初の地球帰還に成功



( ´ω`)ノてなわけで〜、アメリカの宇宙開発ベンチャー、スペースXの宇宙船「ドラゴン」が、アメリカ東部時間8日午前10時43分(日本時間9日午前0時43分)に、商業用ロケット「ファルコン9」に搭載されて、フロリダ州ケープカナベラル空軍基地から打ち上げられ、地球周回後無事に帰還しましたー。
というわけで、NASATVがYouTubeにUpしている打上げの様子をどうぞ〜。



続きを読む
posted by Giselle at 22:54 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

金星探査機「あかつき」金星周回軌道投入失敗も、6年後にもう一度チャンスが!



( ・ω・)ノというわけで、昨日金星の周回軌道に投入されるはずが、トラブルが発生して通信の回復が遅れたり、通信速度が遅い代わりに通信可能な角度が広い低利得アンテナとしか通信出来なかったり、セーフホールドモードに入って、コマのようにくるくる回っている状態だと言う事が判明した日本初の金星探査機「あかつき(PLANET-C)」でありますが、あれからテレメトリ等の確認から軌道が判明しまして、その結果残念ながら金星周回軌道へは投入できていなかった事が判明しました。

続きを読む
posted by Giselle at 23:46 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

日本初の金星探査機「あかつき」金星周回軌道への投入確認続く



( ´ω`)ノというわけで、本日7日午前8時49分に日本初の金星探査機「あかつき(PLANET-C)」を金星の周回軌道に投入するための逆噴射が行われました。
そのままのスピードだと通り過ぎてしまうので、逆噴射をしてスピードを落として、金星の重力圏に上手に捕まって、周回軌道にのせようと言うわけですね。
「あかつき(PLANET-C)」は、今年の5月に種子島宇宙センターからH-IIAロケット17号機で打ち上げられ、金星の大気の謎を解明する事が目的の金星探査機です。

続きを読む
posted by Giselle at 23:59 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

ロシアの測位システム用衛星打上げに失敗



( ・ω・)ノてなわけで〜、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地からモスクワ時間5日午後1時25分(日本時間午後7時25分)に打ち上げられたプロトンロケットなんですが、予定の進路からはずれて、その結果目的の軌道に衛星を乗せる事に失敗して、衛星は大気圏に落下したと言う事ですよ。
プロトンロケットに搭載されていたのは、ロシアの衛星利用測位システム「グロナス(GLONASS:Global Navigation Satellite System)の人工衛星「グロナスM」3基で、ハワイのホノルル沖1500qの海上に落下してしまったそうでありますよ。

続きを読む
posted by Giselle at 23:31 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

NASA、「地球外生命体」を探すのに重要な微生物を地球上で発見



( ´ω`)ノというわけで〜、NASAのプレスリリースではどこにも「宇宙で生物を発見した」とはなかったんですが、いつのまにやら「宇宙人を発見か!」みたいな話になってた日本時間今朝4時(アメリカ東部時間2日午後2時)からの科学上の成果に関する記者会見だったんですが、Twitter等でも色々予想が出ていましたが、「リンの代わりにヒ素ををDNA上に取り込む微生物が地球上で発見された」という発表でした。
いやもぉ、ニュースサイトならまだしも、報道機関までが「宇宙人の発見か」って煽るもんだから、このニュースにガッカリした人も多かった様ですね。

続きを読む
posted by Giselle at 23:53 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

スーパーアースの大気を初めて分析、アメリカの研究チーム



( ・ω・)ノアメリカのハーバード・スミソニアン天体物理学センターなどの研究チームのが1日発表した所によりますと、「スーパーアース」と呼ばれる巨大地球型惑星の大気の分析に初めて成功したということですよ。
生命体が存在する可能性のある太陽系外惑星の探索において重要な事でありますよ。
しっかし、遠い彼方にある惑星の大気の分析が出来るんだからすごいですよなー。

続きを読む
posted by Giselle at 22:22 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

アメリカ、デルタ4Heavyで巨大軍事衛星を打上げ



( ・ω・)ノアメリカ時間の21日夜(日本時間22日昼)にアメリカのフロリダ州ケープカナベラル空軍基地から、デルタ4Heavyロケットで、今までで一番大きいと言われる偵察衛星を打ち上げて、軌道投入に成功したそうですよ。
いやぁ〜、これの打ち上げ中継見たかったんですけどなー。
生憎週末から田舎に法事で帰っていて、ちょうど打上げの時には、こっちに戻ってきてる途中だったんで見られなかったんですよなぁ〜。

続きを読む
posted by Giselle at 23:20 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

宇宙の窓「キューポラ」から撮影した地球の写真を公開



( ´ω`)ノ写真は記事の載ってるページを見るとわかりやすいんですが、国際宇宙ステーション(ISS)の観測モジュール「キューポラ」から撮影された、南極のオーロラなんだそうですよ。
緑色の光が綺麗ですね〜。
記事にはこの他にも台風通過後の「奄美大島」やハリケーン「ダニエル」の画像が
掲載されていますよ。

続きを読む
posted by Giselle at 23:34 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

「はやぶさ」のカプセルから回収した微粒子は、小惑星「イトカワ」の物と発表



( ´ω`)ノというわけで、今年の6月13日午後22次51分頃に無事に地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ(MUSES-C)」でありますが、回収されたカプセルの中から、見つかった微粒子を走査型電子顕微鏡にて観察、分析を行った所、1500個を岩石質と同定。更に分析結果を検討した所、そのほぼ全てが地球外物質であり、小惑星「イトカワ」由来であると判断するに至ったと言う事でありますよ!
早い話が、「はやぶさ」君はきちんと小惑星「イトカワ」のサンプルを地球へ持ち帰っていたと言うわけですね。
というわけで、NASAの撮影チームが撮影した「はやぶさ(MUSES-C)」の帰還時の模様をどうぞ。

Hayabusa's Fiery Homecoming Ends Seven-Year Journey


続きを読む
posted by Giselle at 23:36 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

天の川銀河の中心部に巨大な泡構造



( ´ω`)ノ我々の地球がある天の川銀河の中心部に、ガンマ線を放射する2つの巨大な「泡」を発見したとする論文が、9日の天体物理学誌「The Astrophysical Journal」に発表されたと言う事ですよ。
アメリカのハーバード・スミソニアン天体物理学センターの天文学者Doug Finkbeiner氏らが、NASAが発表したフェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡の観測データを分析していた所、2個の「泡」を発見したと言う事ですよ。

続きを読む
posted by Giselle at 23:39 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

ハートレー第2彗星の接近撮影に「EPOXI」探査機が成功



( ・ω・)ノこれ昨夜NASATVで生中継してたんですよ!
アメリカ航空宇宙局(NASA)の彗星探査ミッション「EPOXI(エポキシ)」探査機が、4日にハートレー第2彗星の接近観察に成功し、映像を送ってきましたよ。
「EPOXI」探査機は2年半かけてハートレー第2彗星から700qの地点まで接近し、地上に向かって映像の送信を行いました。
NASAのサイトに「EPOXI」から送られてきた映像が沢山置いてありますよ。

続きを読む
posted by Giselle at 23:59 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

スペースシャトル「ディスカバリー」11月2日早朝に打上げ予定日が決定



( ´ω`)ノというわけでー、25日にNASAの飛行準備審査会が行われまして、スペースシャトル「ディスカバリー」の打上げ予定日がアメリカ東部夏時間11月1日午後4時40分(日本時間11月2日午前5時40分)に正式に決定しましたよ。
今回日本時間だと早朝なので、ちょっと見るのが辛そうですねぇ。
次の日だと11月3日は文化の日でおやすみだから早朝でも問題ないんですがねー。
まずはNASAがYouTubeにアップしている、STS-133ミッションの紹介ビデオをどうぞ。

Six STS-133 Astronauts Ready for Final Flight of Discovery


続きを読む
posted by Giselle at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

ISSの宇宙食の値段が、この1年で大幅値上がり



( ´ω`)ノてなわけで、ただいま第25次長期滞在クルーが、国際宇宙ステーションに滞在中なんでありますが、ロシアの宇宙食供給部門の幹部の人が、21日にインタファクス通信に語った所では、ここ1年で約1万1千ルーブル(約3万円)だった宇宙飛行士1人分の食費が、1万5千ルーブル(約4万円)になっているんだそうですよ。
原材料になっている食材の価格と、宇宙食に求められる試験・分析の費用が上がったからと言う事なんですが、インフレのせいもあるんですかねぇ?

続きを読む
posted by Giselle at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

月の土壌は元素や化合物でいっぱい!「LCROSS」の衝突データの分析から判明



( ・ω・)ノてなわけで〜、去年の10月9日にNASAの月探査機「LCROSS(エルクロス)」が、無事に月の南極付近にあるクレーター「カペウス」に衝突したんですが、ちょうど去年の今頃に「LCROSS」が撮影したデータなどが出始めた頃でありました。
1年経って、その時の衝突の際に舞い上がったチリなどの分析データなどが出てきたようでありますよ。
というわけで、去年と同じくまずはNASAがYouTubeにUpしている動画をどうぞ。
「LaunchBad(発射台)」と言う名前のNASATVの番組ですが、この中で「LCROSS」と「LRO」のミッションがどのような物か順を追って説明されてます。
英語の字幕ですが、そんなに難しい英語ではないので何回か見ていたらわかるかと。

Launchpad: LCROSS Finding Water on the Moon Music Video


続きを読む
posted by Giselle at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。