2012年05月22日

民間宇宙船「ドラゴン」打上げ成功



( ´ω`)ノというわけで、無事にアメリカの民間宇宙開発会社SpaceX社の宇宙船「ドラゴン(Dragon)」を搭載した「ファルコン9ロケット」が無事に打上がりましたね。
まぁ、あいにくアメリカ東部夏時間22日午前3時44分(日本時間22日午後4時44分)というわけで、生中継で見られなかったのが残念ですが。
当初の予定通り日本時間19日の夕方打上げなら、土曜日なので見られたんですけどね。
残念ながらこういう事になってしまいましたので。

Falcon9 Cutoff : T-0 Launch Abort


続きを読む
posted by Giselle at 22:26 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

金環日食見えましたか?



( ・ω・)ノというわけで〜、雲が多かったりもしましたが、なんとか金環日食見る事ができましたよ。
直前くらいに太陽が雲に隠れてどうしようかと思ったりもしましたけども。
それでも日食グラスが大いに役に立つ位の光量がありましたよ。
まぁ、写真とか撮ってる暇はありませんでしたが。
そもそも携帯しかカメラないし。

続きを読む
posted by Giselle at 23:21 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

スペースXの宇宙船「ドラゴン」またも打上げ延期で5月19日打上げ予定に



( ´ω`)ノいやぁ〜、すっかりサボってましたね。
GW前からサボってるのは何故でしょうか〜。
まぁ、それはともかく、アメリカの民間宇宙開発ベンチャーのスペースXが打上げを予定している宇宙船「ドラゴン」なんですが、ほんとならもう打上がってるはずだったんですが、なかなか打上げられませんねー。
最近のでは4月30日予定でしたっけ?その後が5月7日予定だったんですけどねー。

続きを読む
posted by Giselle at 22:09 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

スペースシャトル「ディスカバリー」ワシントンD.C.へラストフライト



( ・ω・)ノというわけで去年の3月で退役したスペースシャトル「ディスカバリー」が最後のフライトを行いました。
と、言ってもB747型機を改造したシャトル輸送機の上に乗せられて、ワシントンD.C近くのスミソニアン博物館の国立航空宇宙博物館で展示される為のフェリーフライトでありましたが。

ヾ(´ω` )その後シャトル輸送機とディスカバリーは、ワシントンD.C上空を約1時間に渡って旋回して、最後の挨拶をして回ったんですが、YouTubeにNASATVがたくさんその様子をupしてますねー。
今回は、ワシントンD.C.にあるNASAのHeadquartersつまり本部ですね、の辺りを旋回した時の模様をどうぞ。

Discovery Flyovers Delight D.C. Area as Seen From NASA Headquarters


( ・ω・)ノいやぁ〜着陸予定のダレス国際空港には姿は見せるんですが、このように各地に挨拶回りに行くもんだから、なっかなか降りてこない〜って感じでしたよな。
高度を下げるから、いよいよ着陸か?と思ったら足出さないでそのまままた上昇したり、ほんとにみんなちゃんと最後の勇姿を写真に収めたか?OKか?ってかんじでしたよな。
いやもぉ大サービスすぎていつ寝たらいいんだ?って感じでしたよ。
向こうは昼ですが、こっちは夜中ですもんな。

続きを読む
posted by Giselle at 23:19 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

太陽フレア、10日にも中規模のものを2回観測



( ・ω・)ノというわけで、10日にも太陽表面から大量のプラズマと荷電粒子が放出される太陽フレアが2回観測されたと言う事ですよ。
まぁ、今日14日にも宇宙天気情報センターのサイト見るとフレアが発生してるんですけども。
「活動領域1429(記事ではAR1429)」と呼ばれてる黒点の活動が相変わらず活発なようでありますよ。

続きを読む
posted by Giselle at 23:20 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

長期滞在の宇宙飛行士、目と脳に異常



( ´ω`)ノ12日アメリカの学術誌「Radiology(放射線医学)」に、宇宙に1ヶ月以上滞在した宇宙飛行士達に、目と脳の異常が見つかったという論文が掲載されたと言う事ですよ。
研究チームは、スペースシャトルミッションか、国際宇宙ステーションに滞在した宇宙飛行士27人のMRI(磁気共鳴画像撮影装置)で撮影した画像を分析したんだそうですよ。
ちなみに宇宙飛行士達の宇宙滞在期間の平均は108日間だそうです。

続きを読む
posted by Giselle at 21:57 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

太陽フレアの影響で、最近5年で最大の地磁気嵐発生の可能性



( ´ω`)ノというわけで〜、アメリカ海洋大気局の宇宙天気予報センターは7日、太陽表面の巨大な爆発現象「太陽フレア」に伴うコロナ質量放出と呼ばれる現象が2度発生しまして、これの影響で地球で5年来で最大規模の磁気嵐に見舞われるとの予測を発表したと言う事ですよ。
地球が磁気嵐の影響を受けるのは日本時間の8日午後から10日昼頃ということで、すでに第1波は到達していますが、磁気の向きの関係で磁気嵐はまだ強くなってないようですね。

続きを読む
posted by Giselle at 22:23 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

超光速ニュートリノは機器の接続の不具合が原因?



( ・ω・)ノというわけで〜、去年の9月にニュートリノが光よりも高速で動くという実験結果が国際共同実験グループ「OPERA」によって発表されましたが、アメリカの科学誌「サイエンス」の速報サイト「サイエンス・インサイダー」でこの実験結果が実験装置の接続不良による誤りだった可能性が出ていると伝えましたよ。
「OPERA」研究グループは、昨年の9月にスイスのCERNから730q離れたイタリアのグランサッソ国立研究所へニュートリノを発射し、速度を測定する実験を実施しました。

続きを読む
posted by Giselle at 23:57 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

NASAの太陽観測衛星「SDO」が撮影した太陽の黒点



( ・ω・)ノおー、見事な黒点でありますな。
NASAの太陽観測衛星「SOD(Solar Dynamics Observatory)」さんが撮影した太陽の2つの黒点でありますが、ここ数日で2倍ほどに大きくなっているそうですよ。
この調子だと大規模な太陽フレアが起こる可能性がありますのぉ。
まぁ、地球の方向を向いて起きるとは限らないんですけどな。

続きを読む
posted by Giselle at 22:17 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

ロシアの火星探査機「フォボス・グルント」失敗の原因は宇宙線?



( ´ω`)ノというわけで、先月1月15日に太平洋に落下したロシアの火星探査機「フォボス・グルント」の失敗について、原因は宇宙線による搭載コンピュータの誤作動だったと発表したと言う事ですよ。
火星探査機「フォボス・グルント」は去年の11月9日に打ち上げられましたが、火星への軌道に乗るのに失敗し、地球周回軌道で立ち往生状態になり、1月15日に太平洋に落下しました。

続きを読む
posted by Giselle at 21:34 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

打上げ失敗のロシアの火星探査機、15日頃インド洋に落下か



( ・ω・)ノというわけで昨日も少し書きましたが、予定の軌道に乗る事が出来ずに地球周回軌道にとどまり続けているロシアの火星探査機「フォボス・グルント」でありますが、ロシア宇宙庁は15日にもインドネシアの首都ジャカルタ西方のインド洋に落下すると見られると発表しました。
火星探査機「フォボス・グルント」は昨年11月9日に、カザフスタンにあるバイコヌール宇宙基地からゼニットロケットで打ち上げられましたが、その後2回の噴射で地球周回軌道から離脱し、火星へ向かう軌道へ向かうはずでしたが失敗してしまいました。

続きを読む
posted by Giselle at 23:04 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

打上げ失敗の続くロシアの宇宙庁長官が「外国勢力が妨害」と持論を



( ´ω`)ノや、いろいろと失敗が続いてがっくり来ているのはわかるのですが、人のせいにしちゃいかんよーロシア宇宙庁の長官〜。
ロシアから通信不可能地帯でいつも打上げ失敗するのかわからない…って、そもそもロシアのレーダーから見えない、通信出来ない地帯でクリティカルなマヌーバするようにしちゃいかんと思います。
いくら自動でするようになってるとはいえ、今回の火星探査機「フォボス・グルント」もロシアから不可視の所で軌道変更するようになってたものねー。

続きを読む
posted by Giselle at 23:15 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

「ヒッグス粒子」が存在する兆候が見つかった



( ´ω`)ノというわけで〜、長らく理論上の存在でありました「ヒッグス粒子」を「発見した」とは言い切れないまでも、「発見の兆候を掴んだ」と言う所までは行ったみたいですね〜。
昨夜のCERNの発表がWebcastで放送されていたので見てたんですが、見てる人がきっとものすごく多かったんでしょうね〜、音声も画面もぶつ切れだったもんで、結局CNNのニュースで見たというような感じでしたねー。

続きを読む
posted by Giselle at 22:40 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

火星は「広範囲に生命が居住可能」…但し地下で



( ・ω・)ノ火星の環境をモデル化した所、火星の「広範囲」が生命居住可能という結果が出たという研究が12日の科学誌「Astrobiology」に掲載されたと言う事ですよ。
論文を発表したのはオーストラリア国立大学のチャーリー・ラインウィーバー氏率いる研究チームで、地球と火星で温度と大気圧のモデルを比較し、地球に存在するような生命体が火星のどれほどの領域に居住可能かを調べたんだそうですよ。

続きを読む
posted by Giselle at 22:09 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

皆既月食、世界各地で観測



( ´ω`)ノ土曜日の夜の皆既月食綺麗でしたね〜。
月が地球の影にすっぽり入る事で起きる月食は、実は日食よりもレアな天文現象なんだそうですよ。
ですが、狭い地域でしか見られない日食と違って、夜の地域ならどこでも見られる月食は大勢の人が見る事が出来るので月食の方が馴染みが深い気がしますよね。

続きを読む
posted by Giselle at 23:28 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

ケプラー宇宙望遠鏡、地球に近いサイズの系外惑星を確認



( ´ω`)ノというわけで〜、TVのニュースなんかでも取り上げられてますねー。
アメリカ航空宇宙局(NASA)は5日、宇宙望遠鏡「ケプラー」が初めて、太陽系外の水が液体の状態で存在出来る領域「ハビタブル・ゾーン(生命生存可能領域)」で、サイズ的に地球に近い系外惑星を確認したと言う事ですよ。
記事では「地球型の惑星を確認した」と書かれてますが、これは実は正確ではなく、正しくは水が液体の状態で存在出来る領域内で、地球に近いサイズの惑星があるのを確認したですね。

続きを読む
posted by Giselle at 22:57 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

アメリカの火星探査機「マーズ・サイエンス・ラボラトリー」無事に打上げ



( ´ω`)ノと言うわけでアメリカ東部時間11月26日午前10時2分(日本時間11月27日午前0時2分)にフロリダ州ケープカナベラル空軍基地から、アトラスVロケットで、アメリカの火星探査機「マーズ・サイエンス・ラボラトリー(愛称キュリオシティ)」が、無事に打上げられましたよ。
まずは、NASATVがYouTubeにUpしている打上げの様子の動画をどうぞ。

Mars Science Laboratory Lifts Off for Red Planet


続きを読む
posted by Giselle at 22:39 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

ISSでチーズをおやつにしたいオランダ人宇宙飛行士の為にチーズ10sが宇宙へ



( ・ω・)ノ来月、打上げ予定のオランダ人宇宙飛行士アンドレ・カイパースさんはなんとアムステルダム産の熟成チーズを国際宇宙ステーション(ISS)に持っていくんだそうですよ。
まぁ、ISSに長期滞在するクルーは、それぞれの好きな物を宇宙に持っていったりできるんですが、チーズをトータルで10sも持ち込むのは多分この人が初めてですよなー。

続きを読む
posted by Giselle at 23:59 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

ロシアの火星探査機「フォボス・グルント」から応答を得る事に成功



( ´ω`)ノおぉ!9日の打上げの後、火星に向かう予定軌道に乗る事が出来ず、地球を周回する軌道で立ち往生する事態となっていたロシアの火星探査機「フォボス・グルント」ですが、ついに欧州宇宙機関(ESA)が23日「フォボス・グルント」から応答があったと発表しました。
日本時間の23日午前5時25分にオーストラリアのパースの地上局から送信機の電源を入れるようにコマンドを送った所、5〜10分程度「フォボス・グルント」と交信が出来たと言う事ですよ。

続きを読む
posted by Giselle at 22:25 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

冥王星探査機「ニュー・ホライズンズ」が撮影した木星と衛星イオ



( ・ω・)ノというわけで、アメリカ航空宇宙局(NASA)が、現在冥王星へと向かっている冥王星探査機「ニュー・ホライズンズ」が、2007年に木星に接近通過した際に撮影した画像を公開したと言う事ですよ。
「ニュー・ホライズンズ」は2006年のアメリカ東部時間1月19日午後2時にアトラスVロケットで打上げられた冥王星探査機で、07年と言う事は打上げから1年後位にはもう木星のそばまで行ってたということで、これは木星までの所要期間の史上最短記録ですよ。

続きを読む
posted by Giselle at 23:18 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。