2005年11月27日

電通が民放5社と新会社を計画、番組を無料配信へ

電通がネット新会社・民放5社、番組無料配信
 在京のテレビ民放5社と電通が共同で番組のインターネット配信事業に来春から乗り出す。民放各社の提供番組に電通が広告をつけ、定時配信する。放送局と広告会社が提携することで無料での番組ネット配信の普及に拍車がかかりそうだ。(後略)

元記事:NIKKEI NET
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20051127AT1D2505E25112005.html



( ・ω・)ノてなわけで、これもTBSにしてみれば楽天の経営統合案を蹴る理由の一つではありますのぉ。
元々この話はTBSとインデックスが中心となって話を進めていた分なんですが、結局システム開発等の費用軽減の為に、民放各局に参加を求めた結果今回の様に民放キー局と電通が共同で事業を行う事になったと言う訳ですのぉ。
既にTBSは出資で大筋合意して、フジ、日テレ、テレ朝、テレ東は出資は検討中とは言うものの、番組配信には参加の方針らしいですのぉ。

ヽ(´ω` )まぁ、TBSは元々中心となっていたので、他社よりも話が進んでいて、既に出資と言う所まで行ってるわけですね。
現在民放各局は単独でネット配信事業を展開してはいますが、収益性と言う面ではもう一つだったわけですね、それが各局が手を組み、更に広告代理店としては最大手の電通と組む事によって、ネット配信事業の広告収入が安定するのではないかと期待している訳ですね。
なんか電通と並ぶ広告代理店最大手の博報堂の方にも協力を呼びかける考えみたいですね。

( ・ω・)ノまぁ、なんですのぉ…こっちの話の方が先にあった訳で、TBSとしては楽天と経営統合するわけにはいきませんのぉ。
このサービスは既存のネットのポータルサイトを経由して行うそうなので、TBSとの経営統合でTBSのもつコンテンツを独占したい楽天としては困るでしょうのぉ。
逆に他のYahoo!とかライブドアにしてみると独占は出来ない代わりに、この新会社を通じてどの局のコンテンツでも手に入る可能性が出来ると言う事にはなりますのぉ。
まぁ、「売れるコンテンツ」は各社で競合してしまう可能性もありますがの。

ヽ(´ω` )TBSはこの新会社の件も楽天への回答書に入れるようですしね。
楽天がどこで手を打つかって事になりそうな気もしますが。
楽天が経営統合とTBSの株を20%近く持ち続ける事に固執しなければ、意外と簡単に終わりそうな気もするんですけどねぇ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。