2005年11月19日

SME、問題のソニーBMG製CDを国内でも回収交換へ

SME、複製防止ソフト付き音楽CDを国内でも回収
 ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は18日、複製防止ソフト「XCP」が付いた米ソニーBMG製の音楽CDを回収し、同機能が付いていないCDと交換すると発表した。「XCP」付きCDを基本ソフト「ウィンドウズ」対応のパソコンで再生すると、XCPが自動インストールされてパソコン内へのウイルス侵入をしやすくするなどの問題が発生したため。(後略)

元記事:NIKKEI NET
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20051118AT1D1809T18112005.html



( ・ω・)ノなんかようやく一般紙でも取り上げられる様になりましたのぉ、米ソニーBMG製CDの問題が。
上記の日経の他にSankei webの方でも「ソニーBMG、CD回収へ 侵入ウイルスの潜伏手助け」と言う事で取り上げられてますのぉ。
で、日本国内でもソニー・ミュージックエンタテイメントの方で米ソニーBMG製CDを回収して、問題のコピー防止技術「XCP」が使われていないものと交換してくれると言う事で良かったですのぉ。
日本ではソニー・ミュージックエンタテイメントが輸入販売してたんですのぉ。
取りあえず国内でも交換に応じてくれると言う事で、英語使って直接アメリカの方とやりとりしなくても良いというのは本当に良かったですのぉ。

ヾ(´ω` )でもちょっと気になる事があるんですけどねぇ。
肝心のソニー・ミュージックエンタテイメントのサイトの方ではトップの下の方に小さく[XCPについての対応]ってリンクが貼ってあるだけの様なんですよねぇ。
洋楽専門のポータルの方でも端っこの方に小さく同じ様に[XCPについての対応]って書いてあるんですよねぇ。
できればもっと大きくリンクするか、トップに告知を出すかしてくれた方が親切かなぁとは思いましたねぇ。
隅から隅まで見ないと気が付かない様な所ではちょっと不親切かなぁと。
ソニーBMG製のCDだけが問題な訳でソニー・ミュージックエンタテイメントの方で作ったCDに問題がある訳では無いし…って言うのもあるんでしょうけどもね。
まぁ、まだ詳細が決まってないからと言うのもあるんでしょうけどね。

( ・ω・)ノあ〜、それはありますのぉ、不安に思ってる人もいるでしょうし、すぐに目に付く所に出来れば書いておいて欲しい所ですのぉ。
取りあえずアメリカではすでにソニーBMGのウェブサイトで「SONY BMG XCP Exchange program」という交換サービスが始まったそうですけどのぉ。
webサイトで購入したCDを選択して枚数を入力すると「UPS」という運送会社のリストが作られて、「UPS」が問題のCDを回収しに来てくれるので、そこで問題のCDを渡すと3〜6週間後に「XCP」の使われていないCDが届くと言う仕組みらしいですのぉ。
日本でも同じ様な感じでするんですかのぉ?

ヾ(´ω` )そう言えば以前にSEGAの「ファンタシースターオンライン」のゲームキューブ版の時にver1.0は不具合があると言う事で、ver1.1と交換になったんですけども、ネットとかで申し込むと、宅配便の人が来て、現品と交換してくれましたっけ。
あんな感じって事ですかねぇ。
日本でもソニー・ミュージックエンタテイメントの方で、同じ様な感じでするんですかねぇ。
まぁ、ソニー・ミュージックエンタテイメントで輸入販売しているのとは別に、並行輸入とか通販とかの人もいると思うので、その人達をどうするかですねぇ、問題は。

( ・ω・)ノついでにこの問題の「XCP」他にも問題があるらしいですのぉ。
ITmediaニュースで「SONY BMGのXCPにオープンソースソフト盗用の指摘」って記事が出てましたしたよ。
なんでもこの「XCP」の使われているCDをWindowsPCで再生すると、PCにインストールされて、強制的に付属の音楽プレーヤーを使わせるんだそうで、その音楽プレーヤーに「LAME」と言うオープンソースMP3エンコーダのコンポーネントが含まれていると言う指摘があるんだそうですのぉ。
で、製品にオープンソースソフトを利用した場合には、他者と自由に共有出来る様にその旨を明記しなくてはいけないのに、そんな事は全く書かれていないと。

ヾ(´ω` )つまりオープンソースソフトを使用する時のルールに反していると言う事ですねぇ。
著作権保護を謳っている割にはお粗末としか言いようがないと言う感じですかね?
まぁ、First 4 InternetもソニーBMGもこの件に関しては回答を拒否してるそうなんですがねぇ。
でも、みんなが今回の問題でよってたかって「XCP」に関して調べ上げてますからねぇ。
本当に黙ってこっそりと使ったとしたら、沈黙していると更にろくな事にならない気もするんですが。

( ・ω・)ノ訴訟大国ですしのぉ、アメリカは特に。
それにソニーBMGが採用しているもう一つのコピー防止技術の方にもなんか問題があるらしいですよ。
もうこうなるとやれやれって言うだけでは済まない事になる可能性もありますのぉ。

参考ページ
IT Pro
ソニーBMGのアンインストール・ツールを悪用するWebサイトが出現
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20051118/224887/

Wired News
ソニーCDが明らかにしたセキュリティー業界の本質的問題
http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20051118204.html

Japan internet.com
ソニーの DRM アンインストーラを利用する悪質なサイト――米国 Websense が発表
http://japan.internet.com/webtech/20051118/5.html

Internet Watch
SONY BMGが「XCP」入りCDの交換サービス開始、日本でも「対応を検討中
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/11/18/9901.html

IT mediaニュース
もう1つのSONY BMG「無許可」DRMはMacにも対応
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0511/18/news056.html
SONY BMGのXCPにオープンソースソフト盗用の指摘
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0511/18/news069.html
国内でもXCP入りCDを回収、交換へ SMEJ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0511/18/news089.html

ソニー・ミュージックエンタテイメント
米国Sony BMG発売商品における対応に関するお知らせ
http://www.sonymusic.co.jp/xcp/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。