2005年11月18日

フジテレビ側は「ベイスターズ株売却はしない」考え

糸山フジテレビ専務「ベイスターズ株の売却考えず」

 フジテレビジョンの糸山雄二専務は17日午後、2005年9月中間決算発表の記者会見で、グループ再編に伴ってフジテレビが、ニッポン放送が保有していた横浜ベイスターズの株式を直接保有することについて、「ベイスターズ株の売却は考えていない」と述べた。フジテレビは既にヤクルト球団の株式を保有しているが、「(球団の二重支配を禁じる)野球協約には抵触しないと判断している」との認識を示した。(後略)

元記事:NIKKEI NET
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20051117AT3L1705817112005.html



BayStars Alliance〜横浜同盟〜
Stop!楽天( ´ω`)ノてな訳で、フジ側としては弁護士さんとも相談したらしいんですが、その結果「別にベイスターズ株売らなくても問題なしという」と言う結論に落ち着いた模様ですね。
「保有の割合が高くない」事や「2球団とも直接の子会社ではない」事で協約の2重保有には抵触しないと言う考えの様ですね。
いざとなったら弁護士引き連れてどこなりと出ましょうって感じですかね。

ヾ(・ω・ )ま、ベイスターズの方としてはベイスターズ株を自分達に売ってくれた方が良いんでしょうけどのぉ。
まぁ、前々から言ってる様に直接の子会社じゃないですしのぉ、別に積極的に経営に口出ししている訳でも無い訳で、議決権の行使を取締役会に一任って事にするって手もありますしのぉ、そこまでするなら売っても一緒な気はしますが。

( ´ω`)ノそう言えば村上ファンドの件ですけども、村上ファンド側は「11月以降に株を大量保有していると伝えた」と言う報道をしっかり否定してますね。
村上ファンドが開示を義務づけられている大量保有報告書以外で株保有についてコメントするのは異例の事態らしいですね。
どうやらTBSと村上ファンドの交渉の際にどっちかになんらかの誤解が合ったのではないかと言う事みたいですがね。

ヾ(・ω・ )てことは、村上ファンドが11月以降にTBS株を大量保有している可能性は低くなったと言う事ですかのぉ。
それならそれで、TBSとしてはちょっと安心出来るかも知れませんけどのぉ。
この所の株の取引の状態を見るに11月7日以降は17日以外そんなに大量の株が動いてませんしのぉ。
もっとも村上ファンドは特例がある為に、最大引き延ばして来年の1月15日までに大量保有報告書を出せば良いので、本当のところはそこまで行かないとわからない可能性もありますけどのぉ。

( ´ω`)ノまぁ、それでも村上ファンドが大量保有している可能性が低くなっただけでも、大分TBSとしてはプレッシャーのかかり具合が違うでしょうからね。
それと、TBSの幹部が17日に楽天との協議入りに関して「ハードルは高い」と述べたようですよ。
楽天が直接会わなければ財務データは提供出来ないと言った事で、更に不信感が高まっているという感じですかねぇ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9474178
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。