2005年11月12日

バリ島同時爆弾テロ首謀者、アズハリ容疑者警官隊と銃撃戦の末死亡確認

死亡のテロリスト、アズハリ容疑者と断定

 【ジャカルタ=黒瀬悦成】インドネシアのスタント国家警察長官は10日、東ジャワ州バトゥの隠れ家で警官隊との銃撃戦の末に9日死亡したテロリストの身元が、東南アジアのテロ組織ジェマア・イスラミア(JI)上級幹部のマレーシア人、アズハリ・ビン・フシン容疑者であることが、指紋照合により最終確定されたと語った。(後略)

元記事:YOMIURI ON-LINE
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20051110i213.htm



( ・ω・)ノえー、この所TBSと楽天ばっかりだったので、ちょっとは国際情勢にも目を向けてみますかのぉ。
と言う訳で10月1日にバリ島で23人が死亡した同時爆弾テロの首謀者の一人とされる、東南アジアを拠点とするテロ組織ジェマ・イスラミア(JI)の上級幹部の一人で、博士号を持ち爆弾の専門家と言われるアズハリ・ビン・フシン容疑者が、11月9日にインドネシアの東ジャワ州バトゥの隠れ家で警官隊と銃撃戦の末に死亡した事が、指紋の照合により確認されたそうですよ。

ヽ(´ω` )ほんとはきちんと逮捕して司法の裁きを受けさせたかったですけどね。
このアズハリ容疑者は2002年10月の203人が死亡したバリ島での爆弾テロの首謀者として国際指名手配されてた人物ですし、JIの中でも過激派で知られていた人物ですからね。
こんな風に死なせると、「殉教者」みたいな形でまた別のテロ組織に祭り上げられたりしますからねぇ。
当初は自爆死したと言われてたんですが、他の爆発で死亡したという話と警察によって射殺されたという話があってどっちなのかよくわからないですね。

( ・ω・)ノとりあえずアズハリ容疑者の自爆装置自体は作動していなかったみたいですけどのぉ。
もし、自爆装置が作動していたら顔とか手とかが原型を留めていたとは思えないですしのぉ。
なんでも隠れ家からは起爆装置付の爆弾が30個も見つかったそうですよ。
ここで警官隊に踏み込まれなかったらまだまだやる気だったと言う事ですかのぉ。

ヽ(´ω` )JI内では無差別テロに反対するメンバーが増えて孤立していたとは言うものの、それ以外のイスラム系過激派組織と連携を深めていたそうですからねぇ。
これでとりあえずJIによる爆弾テロは一時的にせよ収まる可能性は高いですね。
まだもう一人の大物でアズハリ容疑者と共に大規模テロの首謀者とされているヌルディン容疑者は逃亡していますんでね、油断は出来ませんが。

( ・ω・)ノインドネシアの警察当局によれば11月11日までにジャワ島中部のスマランでヌルディン容疑者の隠れ家を捜索したそうなんですけどね。
生憎こちらは捜索直前に逃げられたようですのぉ。
なんでも9日にアズハリ容疑者の部下を逮捕して、その供述を元に隠れ家を捜索したそうなんですけどのぉ、実に惜しかったですの。
ただ、捜索の結果バリ島の同時爆弾テロの実行犯3人が犯行の前に収録したビデオや身分証明書、犯行グループが作成した書類などが押収されたそうですけどの。

ヽ(´ω` )捜索直前に慌てて逃げたとするとまだそんなに遠くには行ってない可能性も高いですねぇ。
まぁ、もっともヌルディン容疑者が逮捕されたとしても、まだまだテロ組織は沢山ある訳で、一時的にテロ攻撃が下火になったとしても、完全には無くならないんでしょうけどね。
洗脳されているとかもあるのかも知れませんが、自爆テロの実行者は単なる幹部のゲームのコマにされているだけなんですけどね。

( ・ω・)ノ10月のバリ島の同時爆弾テロみたいに、組織が弱体化しているからこそ、でかい事をやらかして自分達の存在を誇示しようなんて事考える輩もいますからのぉ。
ヨルダンのホテルでの連続自爆テロもそうなんですけども、幾ら自爆テロをしても何も変わらないどころか、逆に一般のイスラム教徒の市民からも反感を買う様になるだけなんですけどのぉ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9249568
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。