2008年02月20日

延期となっていたH-2A14号機は23日に打ち上げに決定

ネット衛星「きずな」、23日打ち上げ

 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構は20日、超高速インターネット衛星「きずな」を搭載したH2Aロケット14号機を23日夕方に鹿児島県種子島から打ち上げる、と発表した。(後略)

元記事:NIKKEI NET


( ´ω`)ノはいはい、というわけでほんとは2月15日にH-2A14号機で打ち上げられる予定でした超高速インターネット衛星「きずな(WINDS)」でありますが、ロケットの第2段の姿勢制御用スラスタへの推進剤充填作業中に正常に充填できない不具合、早い話が燃料漏れが発生したそうなんですが、無事にその不具合の処置も終わったと言う事で今度の土曜日2月23日に打ち上げられる事が決まりましたよ。

ヾ(・ω・ )なんか三菱重工業の話では、タンク内に燃料を押し出すためのゴム膜を取り付けた際に、膜を押さえ付ける為の金具の取り付け方が悪かった為に0.4oの隙間が出来てしまったということでありますのぉ。
ちなみにこの漏れた燃料と言うのが、今アメリカが制御不能の軍事衛星をイージス艦のミサイルで撃ち落とすよーって話でも出ている有毒な「ヒドラジン」でありますの。
うっかり人間が触れるとえらい事になるもんなんですが、幸いに人的被害とかなくてよかったですけどのぉ。

( ´ω`)ノちなみにロケットに搭載されている「きずな(WINDS)」は災害によって地上のネットワークが寸断されても、小型のアンテナを設置する事で衛星経由のネットワークを形成して速やかにブロードバンド環境を確保しようと言う技術実証の為の衛星です。
個人用ならCSの受信用アンテナ位の大きさで最大155Mbpsの受信及び6Mbpsの送信、企業用なら直径5m級のアンテナを設置することにより最大1.2Gbpsの双方向通信が行えたらいいなーと言う感じなんだそうですよ。

ヾ(・ω・ )まぁ、今光回線の普及で100Mとか普通にありますけどな、理想値ですが。
こういう衛星経由のインターネットってのはやっぱり、災害発生時とかそう言う時に役に立ちそうですのぉ。
そう言えばアフリカの奥地の方で、衛星経由のインターネット使ってるのをTVで見た事ありますのぉ。
もちろん経費が高いので常時接続ではなくて、サーバにキャッシュを保存して置いてローカルで見ると言う形になってましたけども。
そう言う使い方も出来ると言う事ですよな。

( ´ω`)ノなにはともあれ、土曜日の打ち上げになってくれたおかげで、打ち上げがゆっくり見られそうなのが嬉しいですね。
前は平日の昼間だったから打ち上げ中継を生で見られそうになかったですからね。

参考ページ
宇宙航空研究開発機構(JAXA)
http://www.jaxa.jp/
プレスリリース
H-IIA ロケット14号機 による超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)の打上げ日について
JAXA「きずな(WINDS)」打ち上げ特設サイト
http://www.jaxa.jp/countdown/f14/index_j.html
三菱重工業「きずな(WINDS)」打ち上げ特設サイト
http://h2a.mhi.co.jp/f14/


     


posted by Giselle at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース【国内】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。