2008年02月06日

中国産ギョウザの問題でJTと日清食品の冷凍食品の事業統合は中止に



( ・ω・)ノ中国製ギョウザの問題が企業の事業統合にも影響をもたらしてしまいましたのぉ。
去年の11月に加ト吉を日本たばこ産業(JT)が株式の公開買い付けなどを行って完全子会社にした後、日清食品に49%の株を譲渡して3社の冷凍食品事業を統合する事で基本合意が出来ていた訳なんですが、今回のJTの子会社「ジェイティフーズ」が輸入した中国製ギョウザの中毒事件でのJTの対応に不満を持った日清食品が自分達に51%の株を譲渡して、食の安全性の面について主導権を渡す様にJTに求めた物の、JT側はこれに応じなかったそうでありまして、このままでは事業統合は難しいと言う事になり統合を断念したと言う事でありますよ。

ヾ(´ω` )まぁ、確かにJT側の対応は後手後手に回ってましたし、大分早くから苦情が出ていたにもかかわらず事実上放置状態に近かった訳ですからねー。
日清食品の方からしてみれば、本当に事業統合していいのか?って気にはなりますよね。
日清も長い事食品業界にいますし、無責任な事は出来ないから株を過半数渡して欲しいと申し出たそうなんですけどね。
どっちにしても現在の状況ではとてもじゃないけど事業統合について話し合える様な状態じゃないですからねー、仕方のない事でしょう。
しかし、この件で初めてJTの社長さん表に出てきましたね。

( ・ω・)ノあぁ、そう言えば!
子会社の人は出てきても、親会社のJTの社長さんは全然出てこなかったですからのぉ。
まぁ生協さんもJTさんも大したトラブルじゃないと甘く見すぎてたツケが回ってきたと言う事ですかの。
去年の4月から苦情が件の冷凍食品について来ていたそうですからのぉ。
その時点でしっかり回収したり、必要な検査をしていたら…と悔やまれますのぉ。
結局入院する程の重症な被害者が出るまで放置状態になってたわけですから。

ヾ(´ω` )ちなみに昨日新たに発見された殺虫剤「ジクロルボス」の件でも、現物を確保したにもかかわらず外観を調査しただけで、味も見てないし通常の食中毒が疑われる微生物の検査も何もしてなかったらしいですよ。
農薬の混入は想定していなかったとしても、せめて食中毒の原因菌が無いか位の検査はするべきでしたね。
生協さんは特に「食の安全」を謳ってるんですから、苦情が何件か来た時点で「何かおかしくないか?」と少しは考えて欲しかった所ですね。

( ・ω・)ノちなみに、その「ジクロルボス」が検出された冷凍ギョウザのパッケージに「トルエン」「キシレン」「ベンゼン」も検出されていたんでありますが、これらの有機溶剤は農薬として原液を薄める時に水に溶けやすくする為に使われている成分なんだそうですよ。
で、このうち「ベンゼン」に関しては国内の農薬に付いては10年以上前から配合されていないものだと言う事でありますよ。
これも国内の流通過程で「ジクロルボス」が混入していない可能性が高い事を示す証拠にはなるんじゃないですかのぉ。

ヾ(´ω` )「メタミドホス」に付いても不純物に何が入ってるかを調べるって話ですね。
やっぱ「Spring8」使うんですかね。
メタミドホスは日本でも使われている農薬「アセフェート」が植物の中で代謝によって分解されて出来る為、残留農薬として検出される事はあるんですが、今回程大量なら一緒に分解されずに残ったアセフェートの方も見つかってないとおかしい様な気がしますしね。
「メタミドホス」単体は前にも書いたとおり日本では「試薬」として極微量が使われるだけですしね。

( ・ω・)ノ中国だと生産禁止や使用禁止になっても売れ残りの在庫とかが闇で売買される事は良くある事らしいですしのぉ。
更に腹いせで毒物を混入と言う事件も決して少なくないだけに、どうしたってあちらで混入されたんじゃないかという疑いがねぇ。
中国の高官が過激分子(と言うか反政府分子?)の仕業じゃないかって言ったそうですが、どっちかというと普通のその辺の労働者なんじゃないかと言う気が。

ヾ(´ω` )それにしても…スーパーとかでも今まで以上に産地の表示を見る気がしますよ。
やっぱりね、健康被害が出たとなるとちょっと中国産怖くて買えないって人が多くなるでしょうからね。
生の野菜に付いては検疫で残留農薬の検査が行われたりするんですけど、全数検査って訳じゃないでしょうからね。
まぁ、食の安全についてもう一度考え直す良い機会ではあるでしょうけども。

自主回収する製品のある会社と問い合わせ先
ジェイティフーズ
問い合わせ先
〒140-0014
東京都品川区大井1−28−1 
ジェイティフーズお客様相談室
TEL:0120-700-642

加ト吉
問い合わせ先
加ト吉お客様相談センター
TEL:0120-087-578

味の素(牛肉の仕入れ先が問題の中国企業の為)
問い合わせ先
味の素冷凍食品相談室
TEL:0120-303-010

江崎グリコ
問い合わせ先
お客様相談センター
TEL:0120-917-111

マルハ
問い合わせ先
お客様相談室
TEL:0120-170-811

日本ハム
業務用のみ

日本食研
業務用のみ

カネテツデリカフーズ
問い合わせ先
お客様相談室
TEL:0120-227-379

紀文食品
問い合わせ先
お客様相談室
TEL:0120-012-778

アオキ
業務用のみ

伊藤ハム
業務用のみ


     


posted by Giselle at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース【国内】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。