2008年02月05日

中国産冷凍ギョウザで新たに別の殺虫剤が検出



( ´ω`)ノてなわけで毎日毎日大騒ぎのギョウザ騒動でありますよ。
今日は今日で新たにコープさんがこの事件が起きる前に、お客さんから苦情が来たギョウザを検査してみたらなんと別の殺虫剤が検出されてまた大騒ぎですよ。
このギョウザは千葉でメタミドホス中毒を引き起こした「CO・OP手作り餃子」なんでありますが、製造日は違っていて千葉のものは去年の10月20日製造でしたが、今度見つかったものは去年の6月3日製と言う事でありますね。

ヾ(・ω・ )兵庫県の「中華deごちそう ひとくち餃子」は去年の10月1日製造と言う事で、こっちとも製造日が異なってますのぉ。
まぁ見つかった殺虫剤もメタミドホスではなくて「ジクロルボス」なんですけども。
で、この「ジクロルボス」って何だろう?と思って調べたら、ゴキブリ退治に良く効くと有名な殺虫剤「バポナ」の成分でありましたよ。
「バポナ」と言えば良く効くので有名ではありますが、劇薬指定と言う事で署名捺印が必要な事でも有名でありますのぉ。

( ´ω`)ノちなみに日本で農薬としても使われている物だそうですが、今回発見されたギョウザでは濃い所で110ppmだそうで、残留農薬としてはあり得ない濃度だと専門家の人が言ってましたねー。
なんか直接原液にギョウザ落とすとかそう言う事でもしないとそんな濃度にはならないということでありますよ。
しかしまぁこれ苦情が来たのが11月、その前の10月にも「匂いがおかしい」「ヘンな味がする」と言う事で苦情が来てたそうなんですが、その時は製造日の製造記録やサンプルを調査しただけで、ダンボールに油染みみたいなのがついてたということで、輸送過程でなにかが付着したんだろうと言う事になったみたいですのぉ。

ヾ(・ω・ )外袋は一応検査したそうなんですけども、内容物までは検査してなかったんですのぉ。
それも農薬までは検査しなかったと言う事で、どうも今回全てが後手後手に回っているという感じでありますのぉ。
もしこのときに農薬検査もしていたら…後々の問題は起きなかったかもしれないですし。
まぁ、たらればになりますけどの。

( ´ω`)ノこうなるとやっぱ何処かの時点で故意に農薬が混入されたかと言う事にどうしてもなっちゃいますよね。
なんかあちらの方では、腹いせに自分の務めてる会社に対してイヤガラセをする事もあるらしいですし。
まぁ、労使の間がうまくいってない所がそれだけ多いと言うか、労働者の権利とか保護とかがなってないって言うのもあるんでしょうけどね。
てか共産主義なのに労働者が保護されてないというのもおかしな話なんですが。
都合のいい所だけ資本主義を取り入れた結果のひずみってことなんでしょうかね。

自主回収する製品のある会社と問い合わせ先
ジェイティフーズ
問い合わせ先
〒140-0014
東京都品川区大井1−28−1 
ジェイティフーズお客様相談室
TEL:0120-700-642

加ト吉
問い合わせ先
加ト吉お客様相談センター
TEL:0120-087-578

味の素(牛肉の仕入れ先が問題の中国企業の為)
問い合わせ先
味の素冷凍食品相談室
TEL:0120-303-010

江崎グリコ
問い合わせ先
お客様相談センター
TEL:0120-917-111

マルハ
問い合わせ先
お客様相談室
TEL:0120-170-811

日本ハム
業務用のみ

日本食研
業務用のみ

カネテツデリカフーズ
問い合わせ先
お客様相談室
TEL:0120-227-379

紀文食品
問い合わせ先
お客様相談室
TEL:0120-012-778

アオキ
業務用のみ

伊藤ハム
業務用のみ


     


posted by Giselle at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース【国内】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。