2008年02月04日

中国産ギョウザ、回収された商品からも殺虫剤成分検出



( ・ω・)ノはいはい、毎日毎日「ギョウザ」が連呼されるもんで思わず土曜日は手作りギョウザを作ってみたりしましたよ。
どちら様も同じ様で、今スーパーで「ギョウザの皮」が品薄なんだそうですよ。
そういや自分がスーパーで買った時も残り少なでしたのぉ。
今回の冷凍食品の件を見て、少々手間が掛かっても手作りの方がいいやぁと言う事なんでしょうかの。
まぁ、自分は元々自分で作った方が好きなんですけどな。

ヾ(´ω` )それはさておき、中国製ギョウザに有機リン系の薬物が混入し中毒が発生した件で、厚生省が4日午後3時現在でまとめた所では中国製冷凍食品による健康被害が疑われる発生報告が更に増えて1986人となったと言う事でありますよ。
これにはメタミドホス中毒とはっきりしている千葉と兵庫の10人の人達を入れないでの数だそうですよ。
但し、この全ては有機リン系中毒ではないと診断されたと言う事ですね。
保健所や自治体に問い合わせたり届け出た人達は上記のメタミドホス中毒と診断された10人を除いて3732人だそうですが、このうちの1746人は中国製冷凍食品と健康被害の因果関係がはっきりしないと判断されたと言う事です。

( ・ω・)ノまぁ、時節柄風邪とかノロとかそう言うのとこの中国製冷凍食品の件とが重なったと言う様な人もいるでしょうし、何よりニュースを聞いて精神的に来ちゃって具合が悪くなったと言う人もいるみたいですからのぉ。
それにしても新たに回収された製品の中からも「メタミドホス」が検出されたと言う事でありますよ。
この問題の商品、少なくとも兵庫と千葉の件は日本に送られてきた日も、その後の流通経路もバラバラでありまして、日本で混入されたとしたら「なにそれ巨大な悪の組織ショッカーの仕業?」って思いたくなる位でありますのぉ。

ヾ(´ω` )まぁ、その前に「メタミドホス」は日本では農薬・殺虫剤としての使用が認められていない為に、一般では製造もしていなければ流通もしていない代物なんですけどね。
日本で「メタミドホス」を持っているのは化学物質の検査機関や大学の研究室位なもんで「試薬」として極微量を所有してる程度に過ぎないということでありますよ。
まず、一般人が手に入れようとしても手に入らないと言うわけでありますね。
まぁ、日本でも農薬として使われている「アセフェート」が分解して検出される事はあるそうですが、植物の中で代謝によって分解して残留農薬として検出される事がほとんど見たいですねー。

( ・ω・)ノまぁ、今回相当濃度が濃かったそうなので、ちと「アセフェート」が分解して出来たにしてはおかしいというかんじでありますかの。
高濃度のアセフェート粒剤でもふりかけたら出来るかも知れませんが、でも加水分解しないとメタミドホスにならないんですけどな。
というわけで「アセフェート」を加水分解して「メタミドホス」は日本でも作れなくはないんですけども、中国つい最近までこの「メタミドホス」使用OKでしたからのぉ。
わざわざ作らないといけない日本よりもはるかに入手が楽なんですよな。
そう考えるとどっちかと言えば向こうで何らかの工程で混入した可能性の方が高そうですよな。

ヾ(´ω` )まぁ、日本で混ぜ込むよりはるかに楽というか現実的ですかね。
向こうは殺虫剤なんかでもパッケージの名称と中身が全く違ってるなんて事も珍しくないらしいですからねー。
食品でも良くニセモノの調味料とか横行してるみたいですし。
そもそも向こうでパッケージングして箱詰めした後は検疫で箱を開く事でもなければ、いちいち配送の過程で箱の中身を開けてみると言うのもなさそうですしね。

( ・ω・)ノあちらさんの工場では「メタミドホス」は使った事はないと言っていても、別の薬のつもりでメタミドホスが入ってたなんて事も無いとはいえないですよなー。
更に言うと、日本側の商社なんかが視察した限りではきちんとした管理体制が敷かれている様に見えたとしても、視察が来ていない時にもきちんと同じ事が行われていると言う保証がないですからのぉ。
なにしろ視察に行く時はあらかじめ行く事を向こうに告げているわけですから。

ヾ(´ω` )最近の中国産での問題が多いのを見ると、本気で品質管理をしたいなら、自社工場で、失礼ながら日本人が管理運営しないとダメなんじゃないかと思いますね。
まぁ、それ位するのが売る側の責任と言うか。
特に生協さんなんかは「食の安全」みたいなのを訴えて運営してるわけですし、それ位しないとほんとはダメなんじゃないかと。
もっとも、奥様方の中には「生協安全神話」への信仰みたいなのがある人もいますからねー、そう言う人達もちょっともう一度考え直してみた方が良いかもですね。

( ・ω・)ノちなみにうちも生協さんの宅配利用してますけども、この前はいつもよりも配達のお兄さん来るの遅かったですのー。
やっぱりあっちこっちで怒られたりしたんですかの。
うちは重たいお米とかが主で、冷凍食品とかほとんど買わないから特に言う事はなかったですけども。

自主回収する製品リスト(更に増えてる可能性有)
ジェイティフーズ
「中華deごちそう ひとくち餃子」
「お弁当大人気! ミニロールキャベツ」
「お弁当大人気! 豚肉のごぼう巻き」
「お弁当大人気! 2種のソースのロールキャベツ」
「お弁当大人気! 豚肉の3色野菜巻き」
「CO・OP 本場中国肉餃子30個540g」
「CO・OP 手作り餃子40個560g」
「CO・OP とろ〜り煮込んだロールキャベツ2個×2袋入」
市販用製品

「特製スライス叉焼(バラ)」
「厚切り特製ヒレかつ」
「豚肉と三色野菜の包み焼き」
「ローストオニオンポークカツ」
「ミルフィーユポークカツ」
「柔らかく煮込んだロールキャベツ(トマト味)60」
「ポークピカタ(チーズ入り)40」
「やわらかヒレカツ」
「豚肉ときのこのクレピネット(網脂包み)」
「ひれかつ」
「豚肉ふんわり包み」
「ミルフィーユカツ50」
業務用製品

問い合わせ先は
〒140-0014
東京都品川区大井1−28−1 
ジェイティフーズお客様相談室
TEL:0120-700-642

加ト吉
串揚職人豚ロース串カツ
串揚職人豚ロース玉ねぎ串カツ黄色
串揚職人アスパラベーコン串フライ
串揚職人ウィンナー串フライ
NEW豚ロース玉ねぎ串カツ
デリカ豚ロース玉ねぎ串カツ
業務用製品

問い合わせ先
加ト吉お客様相談センター
TEL:0120-087-578

味の素(牛肉の仕入れ先が問題の中国企業の為)
「ピリ辛カルビ炒飯」
市販製品

「カルビクッパ」
業務用製品

問い合わせ先
味の素冷凍食品相談室
TEL:0120-303-010

江崎グリコ
「DONBURI亭 かつとじ丼」

問い合わせ先
お客様相談センター
TEL:0120-917-111

マルハ
「金のどんぶり お手軽一品!牛丼110グラム」
「金のどんぶり 牛たま丼180グラム」

問い合わせ先
お客様相談室
TEL:0120-170-811

日本ハム
「ソーセージ」
「豚バラ串」
業務用製品

日本食研
「アスパラベーコン巻」
業務用製品

カネテツデリカフーズ
「牛すじ串(赤身)6串」
「赤身 牛すじ肉5串」
「赤身 牛すじ肉3串」
「穫れ処 旨牛すじ肉5串」

問い合わせ先
お客様相談室
TEL:0120-227-379

紀文食品
「じっくり煮込んだ牛すじ」
「牛煮込み(北陸地方限定販売)」

問い合わせ先
お客様相談室
TEL:0120-012-778

アオキ
「牛タン」
業務用製品

伊藤ハム
「牛すじ串」
業務用製品


     


posted by Giselle at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース【国内】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。