2008年01月18日

日本天文学会100周年記念切手に探査機「はやぶさ」等が図案に

探査機「はやぶさ」など切手に=3月発行−日本天文学会100周年記念

 日本天文学会(理事長・土佐誠東北大教授)と郵便事業会社は18日、同学会の創立100周年記念切手を3月21日に発行すると発表した。太陽系の天体などのほか、小惑星探査機「はやぶさ」などが図案になったが、一昨年夏の国際天文学連合(IAU)総会で惑星からの除外が決まった冥王星は描かれなかった。(後略)

元記事:時事ドットコム


( ´ω`)ノえーとまぁ厳密にはサイエンスなんかって感じですが、3月に日本天文学会100周年記念として記念切手が発売されると言う事ですよ。
デザインが太陽系の天体や探査機「はやぶさ」X線天文衛星「すざく」すばる望遠鏡なんかが使われていて、日本郵便のサイトでみましたが綺麗ですよ。
ですが、一昨年の国際天文学連合(IAU)の総会で惑星からの除外が決まった冥王星は描かれなかったと言う事でありますよ。

ヾ(・ω・ )個人的には他にも太陽観測衛星「ひので」とか赤外線天文衛星「あかり」なんかも入れて欲しいなぁという感じでありますが、ここはやっぱり世界で日本がリードしていて日本のお家芸とも言われているX線天文衛星の「すざく」なんですかのぉ。
後、太陽系の部分には日本郵便の方から「話題性があるから冥王星も入れて欲しい」って要望があったそうですが、学会側は「『惑星』がメインだからもう『惑星』じゃない冥王星は入れるべきじゃない」と判断したので冥王星は描かれてないんですのぉ。

( ´ω`)ノまぁ、国際天文学連合の総会でそう決まっちゃったんだから仕方ないと言えば仕方ないんですけども、なんか冥王星もずっと惑星と言う事で慣れてる方としてはなんだか落ち着かないと言うか、収まりが悪いような気がしますよねー。
結構綺麗なので1シート800円だし買って、綺麗に保存して置いてもいいなぁって感じですねー、宇宙好きとしては。
これ綺麗だから海外のコレクターなんかでも欲しいって人いそうですよね。

参考ページ
日本郵便
特殊切手「日本天文学会創立100周年」の発行
この切手の詳しい情報が載ってます。


     


posted by Giselle at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。