2005年10月06日

ハリケーン被害のニューオリンズ市職員3000人をレイオフ

ニューオーリンズ職員3千人レイオフ ハリケーン財政難

 ニューオーリンズ市のネーギン市長は4日、ハリケーン「カトリーナ」に伴う財政難から市職員を最大3000人レイオフ(一時解雇)すると発表した。AP通信などが伝えた。これにより、市職員はほぼ半減することになる。緊急性のない部門を対象にし、警察、消防などは手をつけないという。レイオフによって1カ月あたり500万〜800万ドル(約5億8000万〜9億2000万円)の支出削減につながるという。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/international/update/1005/009.html



( ・ω・)ノニューオリンズがえらい事になってますよ。
市の職員の約半分を一時解雇(レイオフ)するそうですよ。
と言うか、市長さんは一時的と言うよりは長期的な措置だと言ってるらしいんですけどのぉ。
そりゃまぁ〜全市避難状態でまともに産業活動が行われている状態でもないですしのぉ。
ニューオリンズの収入は現在ほぼ0に近い状態ですわな〜。
あちこちの金融機関と交渉したそうですけども、復興が進んでいない状況では、この先収入の道がすぐに開けるとも思えませんしのぉ。

ヽ(´ω` )あ〜ま〜、観光産業も何もかも壊滅的状況ですもんなぁ。
とりあえず緊急性のない部門を対象にレイオフを行うと言う事らしいですけどね。
何時になったら元の様になるのか、もしかしたらこのまま復興が長引く事になれば、レイオフが長引く事もあり得ますからねぇ。
最悪、レイオフがそのまま全面解雇などと言う事もあり得ますし。

( ・ω・)ノ折角一時は1万人に達するんじゃないかと言われた死者の数も、実際は1200人程だと言う事になりそうなんですけどのぉ。
まぁ、情報が錯綜していたりしてましたから、実際よりも犠牲者が少ないと言うのはいい事ではあるんですけどのぉ。
その一方ではこう言う残念なニュースもある訳ですのぉ。
まぁ、ブッシュ大統領もハリケーン対策に関する、連邦政府レベルの不手際の全責任を負うと言ってる訳ですし、こう言う面にも連邦政府レベルでの支援が出来るといいんですけどのぉ。

ヽ(´ω` )ま〜、ニューオリンズの市長さんの危機管理能力に関しても、少々疑問を抱く面はありますがね。
それはとりあえず置いておいて、まずは復旧をしない事には始まりませんからね。
市民が置き去りになる事の無い様にお願いしたい所ですよね。
救援金で詐欺やったりする輩もいますし。

( ・ω・)ノあ〜、アメリカの赤十字の契約職員が救援金をだまし取ったりとか、ネットでもニセサイトを作って義捐金詐欺をやらかしたのとかいましたからのぉ。
そう言うのはしっかりと捕まえてほしいですのぉ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7762514
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。