2005年09月26日

米ハリケーン「リタ」熱帯低気圧に、思った程は深刻な被害は出ず

「リタ」、熱帯低気圧に 竜巻で1人死亡

 米南部を襲ったハリケーン「リタ」は24日夜、熱帯低気圧に弱まった。テキサス州を抜けてルイジアナ州とアーカンソー州の境付近を北進。局地的に多くの竜巻が発生し、ミシシッピ州では1人が巻き込まれて死亡した。家屋の倒壊や浸水はルイジアナ州とテキサス州を中心に広範囲に及び、120万戸が停電した。

 両州から300万人といわれる空前の規模の住民避難があったため、建物への被害が深刻だった地域でも、大きな人的被害は報告されていない。連邦緊急事態管理庁(FEMA)のポーリソン現地指揮官は「懸念したほど被害は深刻ではない」と話した。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/international/update/0925/005.html



( ・ω・)ノというわけで、どうやらハリケーン「リタ」の被害は思った程ひどくならずに済んだようですよ。
これと言うのもやはり前回のハリケーン「カトリーナ」の時の被害が身に染みてたからなんでしょうかのぉ。
行政当局や軍も今回はとても迅速に事を進めたみたいですしの。

ヽ(´ω` )まぁ、今回は前回避難の遅れから後々大変な事になったのもあって、急いで避難させようとした余り、高速道路が大渋滞になってしまったりとかはありましたけどね。
車依存社会の罠でしたねぇ、あれはまさしく。
そしてハリケーン「リタ」が熱帯性低気圧に弱まって去ったと言う事で、今度は自宅への帰宅ラッシュが始まっているそうですよ。

( ・ω・)ノヒューストン市では、独自の帰還計画を立てて住んでいる地区毎に順番に戻ってくるように市民に呼びかけているらしいですけどのぉ。
25日から3日間かけて戻ってきて下さいって事らしいですけどの、強制力がないらしいので、どうなんですかのぉ。
アメリカン結構我先〜ってやっちゃう時ありますからのぉ。
大混乱にならないといいんですけどのぉ〜。
ま、CNNを見る限りでは今のところ順調に高速道路は流れてるみたいですけども。

ヽ(´ω` )一つにはガソリンが手に入りにくい状態が続いているので、帰りにくいと言うのもあるのではないかと思われ。
製油所もまだ本格的に稼働してないみたいですし、ガソリンスタンドの店員さんも避難してるのでいませんしね。
現に州知事さんはガソリンの供給がおぼつかないので、帰路につくのはもうちょっと待って欲しいと呼びかけているそうですよ。
まずは物資等の供給がちゃんと出来るようになってから、秩序を保って帰ってきて欲しいって感じなんでしょうね。

( ・ω・)ノそれにしてもヒューストンはいいとして、ニューオリンズの方はこのハリケーン「リタ」で再び堤防が決壊して、市街地が冠水した地域が出てしまって大変ですのぉ。
まさしく泣きっ面に蜂という感じですよ。
もともと復旧が遅れていた地域ではあるらしいんですけどのぉ。
これでまた復旧作業に影響がでますよなぁ。
折角一部とは言え市民が帰還出来るようになってたんですけどのー。

ヽ(´ω` )だけどほんとに被害が思った程はひどくなくてよかったですよね。
とは言うものの、「カトリーナ」の時にもやればこうしてちゃんと出来て、被害を少なくする事が出来たんじゃないかと思うと、ちょっと割り切れない物は感じますねー。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。