2007年12月03日

スペースシャトル「アトランティス」日本時間の7日朝に打ち上げ決定

米シャトル、7日朝に打ち上げへ 欧州の実験棟を搭載

 米航空宇宙局(NASA)は11月30日、スペースシャトル・アトランティスを米東部時間6日午後4時31分(日本時間7日午前6時31分)にフロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げる、と発表した。(後略)

元記事:asahi.com


( ・ω・)ノはいはい、と言うわけで早くも次のスペースシャトルの打ち上げでありますよ。
この前「ディスカバリー」が帰ってきたばっかりって感じですけどのぉ。
次は「アトランティス」がアメリカ東部時間の12月6日午後4時31分(日本時間12月7日午前6時31分)に例によってフロリダ州のケネディ宇宙センターの39A発射場から打ち上げられますよ。
しかし、あれですのぉ…今度の打ち上げは7日の朝でありますか、早寝しないと辛そうですのぉ。

( ´ω`)ノこの前みたいに夜の0時半過ぎとか位に打ち上げだったら良かったんですけどね。
まぁ、向こう時間の夜間の打ち上げだと仕事で見られないとかなっちゃいますから、それに比べたらマシですけども。
早い時間に仮眠しておかないとですねー。
今回のミッションはSTS-122ミッション/国際宇宙ステーション組み立てミッション1Eは見ての通りアトランティスによる国際宇宙ステーション(ISS)の組み立てフライトでありますよ。

( ・ω・)ノ今回のミッションで一足お先に欧州の実験棟「コロンバス」が打ち上げられて国際宇宙ステーションに取り付けられると言うわけでありますのぉ。
あー…でも「コロンバス」はこの前取り付けられた第2結合ユニット「ハーモニー」に取り付けられるんですなー。
「ハーモニー」と「デスティニー」の接合部分の辺りで微量の空気漏れが発生してるって話なんですけどのぉ。
空気漏れが起きているらしい箇所の特定しようとしてるらしいですけどもまだどこから漏れているのかわかんないって話ですよ。
そんな状態で「コロンバス」くっつけても大丈夫なんですかのぉ?

ヾ(´ω` )まぁ、「コロンバス」は「ハーモニー」にくっつけるので、直接関係はないとは思うんですけども、空気漏れ修理する時に「コロンバス」が邪魔になったりしないのかって心配はないんですかねー?
何とかしちゃうんでしょうけども、出来れば「コロンバス」の設置までに空気漏れの箇所が判明して、修理が出来ると良いんですけどねー。

( ・ω・)ノそう言えば今回は太陽電池パドルの回転機構の修理はしないんですよなー。
あちこち修理する所があって大変ですのぉ、国際宇宙ステーションも。
とりあえずは無事に「アトランティス」が打ち上がらないとですけどのぉ。
このところ特にトラブルもなく延期も無しで打ち上がっているので、今回もスムーズに打ち上げが行われるといいですのぉ。

参考ページ
NASA
http://www.nasa.gov/home/index.html
Space Shuttle
http://www.nasa.gov/mission_pages/shuttle/main/index.html
International Space Station
http://www.nasa.gov/mission_pages/station/main/index.html
JAXA 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター
http://iss.jaxa.jp/index.html


     


posted by Giselle at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。