2005年03月14日

今日も今日とて大混乱?ヽ(・ω・ )

ニッポン放送、ポニー株売却を検討

 ニッポン放送の亀渕昭信社長は14日朝、記者団に対し「ライブドア傘下になった場合、(同放送の重要資産であるレコード会社の)ポニーキャニオン株をフジテレビジョンに売却することも検討している」と述べた。(後略)

元記事:NIKKEI NET
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20050314STXKB006714032005.html


( ・ω・)ノはい、と言う訳で昨日ライブドア側が「売るなよー」って言ってた重要資産の一つである「ポニー・キャニオン」株をフジテレビに売る事を検討してるって事ですねぇ。
これがいわゆる「クラウン・ジュエル」「焦土作戦」と言われる敵対的買収の対抗策の一つではあるんですが……。



(´ω`)なんかもうみんな後手後手に回ってますよねぇ?
ヽ(・ω・ )まぁ、これやらかしても良いけど、普通は確実に株主代表訴訟を起こされる罠が存在してますよなぁ。
なにしろ会社の株式価値を自ら下落させる方法ですんで、ほんとに株価が下がったら当然現経営陣の経営責任を追及されますもんなぁ。



( ・ω・)ノLDは訴訟に訴えるでしょうしねぇ(お金が続くのかどうかはわからないけども(笑))。
後、村上ファンドが、まだ相当数のニッポン放送株を保有してる(らしい)ので、黙ってない気がしますが。
なにしろ6月の株式総会でひと演説ぶつとか言ってらっしゃいましたしねぇ。



ヽ(・ω・ )さてーいよいよ混迷の度合いを増して参りましたが、どのような決着を見るんでしょうかねぇ。
ニュース見てると結構一般投資家の皆様は、フジ・ニッポン放送の行動を自分達の自己保身第一で、一般投資家等の事を考えていないと思ってる人も多そうですが。
取りあえず、今、ニッポン放送とかライブドアの株買っちゃってる人って勇気あるなぁとは思います。
すっごい博打の様な気がするんですけど(ガクガク



( ・ω・)ノ他にもライブドアさんはまた弁護士がおやめになったとか。
元々東京地裁への申し立ての件だけをお願いしていたと言う事らしいのですが、普通そう言うのってアリなんでしょうかねぇ?
弁護団を強化するって言うなら、既に担当経験のある弁護士さんがやめる必要は無い様な気もするんですけどねぇ。

ライブドア側の主任弁護士辞任 「契約は地裁のみ」

 フジテレビを引受先としたニッポン放送株の新株予約権発行差し止めを求めたライブドアによる仮処分申請で、主任弁護士をつとめた新保克芳弁護士が辞任したことが14日、明らかになった。裁判闘争が続く中での辞任は異例という。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/national/update/0314/TKY200503140198.html


ヽ(´ω` )しかしー、フジとニッポン放送側は企業の価値企業の価値って言うけども、「企業の価値」ってなんなんだろーって、最近思う訳ですよ。
フジ・サンケイグループに残ろうと汲々としている様を傍目から見ると、「自分の地位を守る為に、自己保身に躍起となってる」様にも見えるんですけどねぇ。
「フジ・サンケイグループにいないとダメなんだ」と何度も言えば言うほどに、「自分の会社は空っぽなんです、自分達ではなんにも出来ないダメな会社なんです」と言って回っている様にも思えるのはなぜなんだろー。



( ・ω・)ノ後、この件に関連して東京電力さんの方ではフジテレビのTOBに応じた為に、会社に損害が発生したと個人株主さんが株主代表訴訟の準備を進めておられるそうです。

東電株主、フジTOB応募で損害と取締役提訴を請求

 フジテレビジョンによるニッポン放送株のTOB(株式公開買い付け)に東京電力が応じたのに対し、「市場価格より安い価格での株売却に応じて会社と株主に損害を与えた」として、個人株主が14日、取締役の責任を追及する訴訟を起こすよう求める「訴訟提起請求書」を同社に送付した。請求書到着後60日以内に同社が提訴しない場合は、株主代表訴訟を起こす方針。(後略)

元記事:NIKKEI NET
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050314AT1G1402N14032005.html


ヽ(´ω` )この他にこの件とは直接関係ありませんが、これがもしかして正しい「ポイズン・ピル」の使い方なんでしょうか?

ニレコ、新株予約権用いた敵対的買収防衛策を発表

 産業用制御機器製造のニレコは14日、将来の敵対的買収を未然に防ぐため、新株予約権を用いた対抗策を導入すると発表した。同日記者会見した山田秀丸社長は「事前の防衛策としてのポイズンピル(毒薬条項)導入は国内で初めて」という。買収リスクにさらされた企業の間で、同様の対応を取る動きが広がる可能性もある。(後略)

元記事:NIKKEI NET
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20050314AT1C1400914032005.html
posted by Giselle at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | LD対CX見物(笑) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6587075
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。