2005年03月11日

新株予約権発行差し止め、ライブドア仮処分申請で地裁決定

新株予約権発行差し止め、ライブドア仮処分申請で地裁決定
 ライブドアがニッポン放送のフジテレビジョンに対する新株予約権の発行差し止めを求めた仮処分申請で、東京地裁(鹿子木康裁判長)は11日、「フジサンケイグループ経営陣の支配権維持が主目的で、不公正発行に当たる」として、同予約権の発行を差し止める決定をした。ニッポン放送は決定を不服として、同地裁に即日、保全異議を申し立てた。今回の司法判断を受け、ライブドアは株式の買い増しを進め経営権獲得を狙う。(後略)
元記事:NIKKEI NET
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050311AT1G1102211032005.html


( ・ω・)ノまぁ、なんと申しますか、予想通りと言うか(笑)
東京地裁はしっかりと「新株予約権発行差し止め」の決定を出しましたねぇ。
普通に考えたら、差し止めの決定が出てもしょうがないですよねぇ。
何しろ後出しじゃんけんみたいなもんですから。



ヽ(・ω・ )ま、ニッポン放送さんの方も当然即日異議申し立てしたようですので、予定通り第2R突入って感じですかねぇ。
しかしー亀渕さんは「役員・社員の気持ち否定され残念」って言ってた様ですね。
でも、感情で司法判断が左右されては、後々まで判例として残る以上困ります(笑)
何しろこう言う買収者が出てきた時点での「新株予約権発行」が認められるかどうかと言う、初めての判断になるんですしねぇ。



( ・ω・)ノあぁ、そうそう経団連の奥田会長がこの件に関連して、良い事言ってはりますね。

 日本経団連の奥田碩会長は11日、仮処分決定について「実際に買収者が出てきた段階で講じられた企業買収防衛策は違法性を厳しく判断するという裁判所の立場が示された」と述べた。

 その上で「企業は日ごろから企業買収に対する防衛策を講じておくべきだ」と強調。「企業がこうした取り組みを法的に問題なく行えるよう、国際的にそん色のない企業防衛策を早急に整備すべきだ」と、商法など関連法制度の見直しを迅速に進めるよう、政府・与党に注文をつけた。(後略)

元記事:NIKKEI NET
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20050311AT1E1100S11032005.html


( ・ω・)ノまぁ、要するに後出しじゃんけんで勝とうたって無理があるでしょ。
きちんと普段から準備しておかないからこう言う事になるんでしょー。
法律とかきちんと整ってない分があるにしても、備えあれば憂いなしでしょ。
てか、国もさっさとしっかり準備しなはれー。
…って感じですかね。



ヽ(・ω・ )さ〜て泥沼第2Rはどうなるか、実に気になる所でございます。
ところで誰なんですか、こっそりとこんな事してはるのは(笑)

ニッポン放送株、9万6千株が時間外取引で売買
YOMIURI ON-LINE
http://www.yomiuri.co.jp/business/news/20050311i106.htm


ところで(´ω`)フジ側は表に出る人が日枝会長から亀渕さんにシフトしてますね。
posted by Giselle at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | LD対CX見物(笑) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6586382
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。