2007年09月20日

NTT東日本顧客情報3万件以上がWinnyで流出

NTT東日本、フレッツなどの顧客情報31,096件がWinny流出

 NTT東日本は20日、同社の顧客情報31,096件などがファイル交換ソフト「Winny」のネットワーク上に流出したことを公表した。該当する顧客に対しては同日以降、謝罪と事情説明をしていく。なお、現時点で不正使用されたとの申告はないという。

 流出した情報は、1999年から2004年までの、主に東京支店の顧客のもの。個人顧客が19,821件、法人顧客が11,275件で、氏名または会社名、住所、電話番号が含まれていた。また、このうち4件については銀行口座情報も含まれていたという。個人顧客については、フレッツ系の通信サービスや通信機器販売などの顧客のものだとしている。 (後略)

元記事:INTERNET Watch


( ´ω`)ノと言うわけで、なんと申しますか今更と言うか今頃と言うか…なんで未だにWinny入れたPCで会社の顧客情報とか扱ってるの?って感じなんですけどね。
今まであれだけ沢山情報流出とか起きて大騒ぎになっていると言うのに、未だにこういう事してるって言うのが信じられないと言う感じですよ。
しかも無断で持ち出したそうですしね。

ヾ(・ω・ )まぁ、仕事が終わらなかったから家に持って帰って…ってことなんでしょうけどのぉ。
それならそれでなんでよりにもよってファイル交換ソフトを入れてるPCに顧客情報とか保存しますかのぉ。
もっとも無断持ち出し禁止のデータを持ち出した時点でアウトっちゃあアウトですけどのぉ。

( ´ω`)ノとにかく社外にそう言うデータを持ち帰らせないと言うのが第一ですよね。
さすがに最近は会社のPCにファイル交換ソフトを入れてるなんてのはいないっぽいですし。
いやまぁ、中小企業とかだとまだわかりませんけどね(汗)
ほんとにね、NTTみたいな所に勤めてるんだったら少しはファイル交換ソフトの危険性を考えろと言いたいですよ。
これだけ失敗してる人がいるって言うのにね。

ヾ(・ω・ )まぁ、そこはやっぱり「自分だけは大丈夫」とか思ってるんでしょうなぁ。
絶対に大丈夫ってのはまずあり得ないと思わないとですよな。
少なくとも会社のデータ、それが辞めた会社であってもそんなものが入ってるPCで起動させちゃいかんですよなー。
会社に恨みがあってわざと流出させたっていうのならともかく。
なんかほんと不思議ですよなぁ…わざと流出させたんじゃないの?とか思いたくもなりますよな。

( ´ω`)ノまぁ、今のところ悪用された様子はない様ですけども、銀行口座情報が含まれた顧客もあったそうですね。
そう言う人達は心配でしょうね。
もう住所とか電話番号なんてのは、ここで流出しなくてもあちこちに流れてるだろうとは思いますけどね。

参考ページ
CNET Japan
NTT東日本、3万件の顧客情報がWinnyで流出--銀行口座情報も
ITmedia News
NTT東、顧客情報3万件がWinny流出


        


posted by Giselle at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。