2007年07月06日

「Xbox360」のハードウェア問題で保証期間を購入から3年に延長

MS、Xbox 360ハードウェア問題で保証期間延長--10億ドルの予算計上

 Microsoftは米国時間7月5日、「Xbox 360」の保証期間延長にともなう10億ドルの予算計上を明らかにした。同ゲーム機でハードウェアの不具合が発生しやすいとの調査結果が出たことを受けたもの。

 Microsoftは声明のなかで、「Xbox 360の修理件数は容認できないとの判断から、Microsoftは一般ハードウェアエラーの原因を調べる大規模調査に踏み切った」と述べた。

 Microsoftによると、徹底調査の結果、ゲーム機の3つのライトの点灯が示す一般ハードウェアエラーを引き起こす「多数の原因」の存在が明らかになったという。同社は保証期間延長のほかに、設計の一部を見直したという。(後略)

元記事:CNET Japan


( ・ω・)ノてなわけで、Microsoftのゲーム機「Xbox 360」で通称「赤ランプ問題」と呼ばれているハードウェア上の故障について、購入日から3年以内であれば無償修理を受けられるようにするという保証期間の延長を行う事を発表しましたよ。
この保証期間延長に伴ってMicrosoftの方ではざっと10億ドルの予算を計上する事にしたと言う事でありますよ。
いや、さすがMicrosoftだけあって予算もでかいですのぉ。
えーと…日本円で1200億円ですからのぉ、1ドル120円として。

ヾ(´ω` )同業他社(ソニーと任天堂)に先駆けて1年早く2005年11月にリリースされた「Xbox 360」なんですが、発売当初から製品の一部に不具合が見られてそのサポートがいろいろと問題になってましたからねー。
アメリカでは毎度おなじみの集団訴訟なんて話にもなってたかと思いますが、実際に起こされたかどうかまではちょっと覚えてませんが。
…って自分のblogの過去記事見たらありましたw
当初Microsoftはハードウェアの不具合を認めてなかった訳なんですが、1年近くたった2006年9月になって初期ロットが高い確率で故障する事を認め、通常購入後90日間の保証を1年に延長して、すでに払い込み済みの修理代金も払い戻すと約束したんですよね。

( ・ω・)ノなにしろほとんどの人が90日の保証期間が過ぎた後に、ハードウェアトラブルに見舞われてた訳ですからのぉ。
相当に消費者から突き上げをくらったんでしょうなー。
アメリカは特にすぐに裁判所に訴えますしなー。
で、今回それを更に1年から3年にのばす事にしたというわけでありますのぉ。
と言うのも、このハードウェアトラブルを意味する本体全面の電源ランプに「赤いランプが3つ点滅状態」で修理に持ち込まれる「Xbox 360」の数がMicrosoft曰く「受け入れ難い数」に上っているのをうけて、徹底的に調査を行った結果、このハードウェアトラブルを起こす「多数の原因」が明らかになったと言う事だそうですよ。
このために一部設計を見直すとこの事ですよ。

ヾ(´ω` )「多数の原因」がどのような物かは公表されてない様でありますが、ネット上では「熱設計に問題があったんじゃないか」と言われているようでありますねー。
そう言えば発売してすぐに熱暴走云々って話がよく出てた気もしますが。
ユーザーの中には相当頭に来てる人達もいるみたいですからねー、もっとMicrosoftが早い内に非を認めて対応していたら良かったんじゃないかと言う気がしますねー。
こういう点では任天堂は凄く素早いんですけどね、「Wii」のリモコンのストラップでもすぐに対応に走りましたしね。
Microsoftもそう言う点は見習った方が良いんじゃないかと。
Windowsの所為で殿様商売が身に付いちゃってるんですかねー。

( ・ω・)ノちなみに、日本ではあんまり売れてない「Xbox 360」でありますが、日本のMicrosoftに問い合わせた所、日本でも同じ対応を取るために準備中と言う事でありますよ。
なんにせよ、安い買い物じゃないわけですからのぉ、こういう不具合があった時はしっかりと誠実に対応して欲しいですよなぁ。

参考ページ
ITmediaニュース
MS、Xbox 360の「故障対応」強化――10億ドル以上を費用計上
GAMEwatch
米Microsoft、Xbox 360の保証期間を3年に延長 日本でも同様の対応
ITPro
Microsoft,「赤ランプ3個点滅」のXbox 360に10億ドル超かけて対応
Tech-On
Microsoft,約11億ドルをかけて「Xbox360」の一部を修理交換へ
マイコミジャーナル
米Microsoft、Xbox 360の"赤ランプ"問題の保証期間を3年に延長

CheshireCat Diary
「Xbox360」アメリカで設計ミスでフリーズと訴訟を起こされる


   


posted by Giselle at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。