2007年07月04日

07年上期ゲーム機販売台数で任天堂がソニーに圧勝

任天堂、ソニーに圧勝 上期ゲーム販売 Wiiが原動力

 ゲーム情報誌「ファミ通」を発行するエンターブレインが3日までにまとめた2007年上期(1〜6月)の国内ゲーム販売統計によると、任天堂が据え置き機、携帯機ともソニー・コンピュータエンタテインメントの3倍以上に達し、圧勝した。据え置き機では、昨年末発売の任天堂「Wii(ウィー)」の177万5000台に対し、同時期に投入したソニー製の「プレイステーション(PS)3」は50万3000台にとどまった。(後略)

元記事:CNET Japan


( ・ω・)ノてなわけで、こっちの記事では日本国内の話ではありますが、2007年上期の任天堂のゲーム機の販売台数が据え置き、携帯ともにソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)を3倍以上と大きく上回ったと言う事でありますよ。
据え置き型の方では昨年末発売の「Wii」が177万5千台に対して、少し先に出た「PLAYSTATION3(PS3)」は50万3千台にとどまっており、携帯型の方でも任天堂の「ニンテンドーDS」シリーズが前年同期比で6.8%増の372万5千台の好調を依然維持しているのに対して、SCEの「プレイステーション・ポータブル(PSP)」はソフトが初めて100万本を突破したおかげで15.6%増の102万9千台となったものの、DSには及ばなかったということですよ。

ヾ(´ω` )で、これが国内だけかと言うと決してそうではなくて、発売からすでに半年以上が経っているというのにアメリカでも「Wii」は大人気で未だに発売される日には行列ができるということですからねぇ。
普通、アメリカではこういうゲーム機の需要は年末のホリデーシーズンに一番需要が多くて、他の時期にはもうちょっと落ち着くものらしいですが、「Wii」は未だに異常な程の需要があるそうですよ。
とにかく「どこの店」に「いつ入荷」するのかと言うのを常にきちんと調べておかないと簡単には手に入らない状態がまだまだ続いていると言う事ですね。

( ・ω・)ノそうこうしている内にまた今年のホリデーシーズンが来そうなんですけどなぁー。
まぁ、その内に需要が落ち着いて供給も安定するとは思うんですけども、この調子だと年末商戦までに供給が追いつくというわけにはいきそうもありませんのぉ。
しかしまぁ、高画質でリアルなゲームが好まれると言われているアメリカでも「Wii」がこれだけ人気というのはやっぱり誰でも手軽に楽しめるからですかのぉ。
今までのいわゆる洋ゲーにあるようなのでは満足できない、また最初から苦手だからやらないといった人達が「Wii」なら自分たちでも遊べる楽しめると言う事で買い求めると言う感じ何じゃないかと。

ヾ(´ω` )そう言う点は日本でのDSも同じような感じなんでしょうね。
アメリカや欧州でも順調に売れているらしいですけども、DSも。
日本でDSがこれだけ人気なのは脳トレみたいな、いままでゲームをした事がない人でも楽しめる様なのを数多く出してきたというのもあるんでしょうしね。
空港とかでビジネスマンのおじさん達がDS使ってなんかしてたりなんて風景も結構普通に見られますからね。

( ・ω・)ノまぁ、今までゲームをした事の無い人達を引きずり込むと言う任天堂の戦略が大当たりしたと言う事でありますなぁ。
うちも「Wii」は欲しいんですけども、DVD再生機能付きのが今年下半期に出るかもととか言う噂が去年からあるので待ち状態ですよ。
まぁ、どうせあっちこっち探し回らないと手に入らない状態なんですけどなw

参考ページ
ITmedia
発売から7カ月、それでもまだWiiに行列


       


posted by Giselle at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。