2007年04月19日

楽天、TBSの株を買い増し20%超に 三木谷社長の取締役選任を要求

楽天、TBS株買い増し20%超へ--三木谷氏と増田氏の社外取締役提案も

 楽天は4月19日、東京放送(TBS)の株式を買い増した。楽天は、TBSの普通株式3777万900株(株券等保有割合ベースで19.86%)に追加して、TBSを持ち分法適用会社とすることを目的に、楽天グループ全体で保有割合が20%を超えることを目指す。

 さらに楽天社長の三木谷浩史氏と同社取締役でカルチュア・コンビニエンス・クラブ社長の増田宗昭氏をTBSの役員として提案。膠着状態にあった「楽天対TBS」が再び動き出した。

 楽天は同日、TBS株を買い増し、即日TBSに「買付意向書」を提出した。買い増した株数や金額については「明らかにしていない」(楽天広報)。(後略)

元記事:CNET Japan


( ・ω・)ノというわけで〜、2005年11月から資本・業務提携に関する協議を開始して以来ずっと交渉期限が延び延びになる以外は膠着状態であった、TBSと楽天の問題でありますが、今年2007年2月末にみずほ信託銀行への楽天のTBS株の信託期間が切れた事もあって、楽天側はTBS株の追加取得とTBSに対する株主提案を発表していますよ。
ようやく動きらしい動きが出てきたと言う感じでありますかのぉ。

ヾ(´ω` )まぁ、正直に言ってしまえば横浜ベイスターズさえ無事ならTBSがどうなろうと知ったこっちゃないんですけどもね。
TBSもいろいろとあれこれゴタゴタしてますしねぇ、本業の問題で。
楽天の方もこれ以上長引かせるといろいろとマズイんでしょうねぇ。
相当の資金をTBS株を買うのに突っ込んでるわけですし、このまま進展がないと突っ込んだ資金が塩漬け状態のままおかれちゃう事になりますもんね。

( ・ω・)ノ2005年10月に楽天がTBSの株式の約15.46%を取得して、TBSに対し共同持ち株会社化を通じた統合を持ちかけたというのが事の発端でありますのぉ。
その後楽天は19%超までTBS株を取得して、先程書いた通り2005年11月から資本・業務提携に関する協議を延々と行ってきたわけでありますのぉ。
なお、その協議の間楽天が保有しているTBS株は持分比率が10%を超える分についてはみずほ信託銀行に信託し、楽天の議決権も凍結と言う事になっていたわけですのぉ。

ヾ(´ω` )今回のTBS株の追加取得の目的について楽天側は持分比率を20%超とすることで、TBSを持分法適用会社にする為と言う事だそうですよ。
TBSの方はこれに対して導入した買収防衛策を適用するかどうか考えると胃打った所のようでありますのぉ。
また楽天の方からは更に株主提案として、楽天の三木谷社長とカルチュア・コンビニエンス・クラブの増田宗昭社長をTBSの取締役として選任するように求めていて、買収防衛策についても発動するには株主総会での決議を必要とする旨を盛り込むように求めていると言う事です。

( ・ω・)ノさーて、これで野球の方がどうなりますかのぉ。
タダでさえも西武裏金問題なんかでこちらもゴタゴタしている真っ最中なんですけどのぉ。
自分としてはほんとに横浜ベイスターズが無事なら問題なしではあるんですけどな。
今度はこっちの問題からも当分目が離せないと言う事になりそうですのぉ。

参考ページ
ITmedia
楽天、TBS株追加取得へ 三木谷社長の取締役選任求める
INTERNET Watch
楽天、TBS株の追加取得を発表


     

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39392689
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。