2007年03月19日

「はやぶさ(MUSES-C)」地球の大気圏へ再突入の可能性大

はやぶさ、消滅の運命? 地球の大気圏に再突入の公算大

 小惑星イトカワへ一昨年に着陸後、さらに飛行を続ける宇宙航空研究開発機構の探査機「はやぶさ」は、近く長距離航行用エンジンの運転を本格的に始め、地球への帰途に就く。だが、地球到着時には当初の計画と異なり、機体を大気圏に再突入させる可能性が高まっていることがわかった。地上へカプセルを正確に落とすには、ぎりぎりまで地球に近づく必要があるからだ。(後略)

元記事:asahi.com


( ・ω・)ノや、わかってはいたことなんだけども、改めてこうやって新聞に出たりするとちょっとへこみますなぁ。
「はやぶさ(MUSES-C)」はもう満身創痍も良い所だし、地球まで帰ってくるのもやっとな状態な訳ですからのぉ。
なんとか小惑星「イトカワ」に着地した時に入ったかも知れない「試料」を入れたカプセルを地球に返す為には予定よりも地球に近づかないといけないわけで、そうなるといくらエンジンを噴射してもイオンエンジンは推進力が弱い上に、「はやぶさ(MUSES-C)は姿勢制御の為のスラスタも燃料漏れで使えない状態ですからのぉ、地球の重力を振り切ると言う事は不可能って事になりますのぉ。

ヾ(´ω` )や、逆に満身創痍の状態で宇宙を漂うのもなんだか悲しいから、それならばいっそ燃え尽きても地球へ帰ると言う風に考えたい気もしますねぇ。
もし、機体が無事で状態が良ければ別の天体を探査する事も考えられていたんですけどねぇ。
今や、なんとか地球に帰ってきてくれればって状態ですし。
しょうがないですけどねぇ、投下したカプセルが予定のオーストラリアのウーメラに落ちなかったら困りますしね。

( ・ω・)ノ日本のJAXAは予算が少ないから出来るかどうかわかりませんけども、出来る事ならNASAの「スターダスト」みたいに再突入カプセルが流れ星の様に大気圏内に突入して回収される所までをWeb中継して欲しいですよなぁ。
でもって、「はやぶさ(MUSES-C)」が大気圏に突入して燃え尽きて行く様子も撮影して欲しいなぁと思うわけですよ。
せめて最後の姿を生では無理でも見送りたいっすよな。

参考ページ
宇宙航空研究開発機構(JAXA)
http://www.jaxa.jp/
JAXA宇宙科学研究本部(ISAS)
http://www.isas.jaxa.jp/j/index.shtml
ISAS今日の「はやぶさ」
http://www.isas.jaxa.jp/j/enterp/missions/hayabusa/today.shtml
「はやぶさ」プロジェクトサイト
http://www.hayabusa.isas.jaxa.jp/j/index.html
「はやぶさ」の近況と「はやぶさ-2」にむけて
http://www.hayabusa.isas.jaxa.jp/j/index_48.html

はやぶさまとめ(2chのはやぶさスレのまとめサイト)
http://hayabusamatome.xrea.jp/wiki/


    


posted by Giselle at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。