2007年03月13日

全日空機、前輪が下りず高知空港に緊急着陸もけが人も機体に大きな損傷も無し

大阪発の全日空機、前輪下りぬまま高知空港に胴体着陸

 13日午前8時49分ごろ、大阪(伊丹)空港発高知空港行きの全日空1603便(ボンバルディアDHC8―400型機)から、着陸の際に前輪が下りない、と高知空港の管制官に連絡があった。同機は上空で旋回を繰り返して燃料を消費したうえで、同10時54分に胴体着陸を試み、機首を滑走路にこすりながら無事、着陸した。国土交通省によると、乗客56人、操縦士2人、客室乗務員2人の計60人にけが人はないという。機体にも大きな損傷はないとみられる。(後略)

元記事:asahi.com


( ・ω・)ノというわけで今日のお昼頃にも書きましたが、大阪(伊丹)空港発高知空港行きの全日空1603便(ボンバルディアDHC8-Q400)が着陸の際に前輪が下りないと言うトラブルが発生し、その後前輪が出ないまま後輪のみで着陸を試みて、機首をこすりながらも無事に着陸しました。
乗客56人、操縦士2名、客室乗務員2名の計60人にケガはなく、非常に上手に着陸した為に、機体にも大きな損傷は無かった模様でありますよ。
この件をうけて国土交通省の方では航空事故に当たるとして航空・鉄道事故調査委員会から事故調査官2名を現地に派遣していますのぉ。

ヾ(´ω` )時刻表によれば全日空1603便は午前8時10分大阪空港発、8時55分に高知空港に到着の予定でありました。
しかし、午前8時49分頃同機から「前輪が出ない」という連絡が入り、9時17分頃滑走路上で低空飛行を行って地上から前輪が出ていない事を確認。
と、言うのもこう言うトラブルの時に、実際には車輪が出ているのに操縦席では出ていないと誤表示されている場合もあるからですね。
更に何回か急旋回を上空でしてそのGで前輪が出ないかと試みるもダメで、次に10時25分頃、一旦滑走路に接地してすぐに離陸する「タッチ・アンド・ゴー」を行って接地の時の衝撃で前輪を出そうとするもこれもダメで、結局後輪のみを使って機首をこすりながらの着陸と相成った訳でありますよ。

( ・ω・)ノ生中継で着陸の様子を見ていましたけども、物凄く綺麗な着陸でしたのぉ。
ニュースなどを見ると現役のパイロットの人達が「理想的な胴体着陸」と称賛してましたが、それ位見事な着陸でありましたよ。
お客さんも「前輪が無いとは思えない位衝撃が無かった」と言う人もいましたしのぉ。
常々ANAのパイロットは着陸の上手な人が多いなぁとは、自分が乗った経験から思ってたんですが、こういうアクシデントの時にもやっぱりパイロットの技術が高かったからこそ、衝撃も少なく、火花もそんなに多くなく、機体へのダメージも最小限に抑えられたと言う事でありますのぉ。
何はともあれ、お客さんも乗務員の人にもケガがなくてよかったですよ。

ヾ(´ω` )それにしても、ボンバルディアはトラブルが多いですのぉ。
今まではここまで大事にはなってませんでしたけども、トラブルのほとんどが整備の問題じゃなくて製造や設計段階での問題と言うのがね。
去年の6月には国土交通省がカナダ政府とボンバルディア社に改善要求を行ったんですけども、まだまだと言う感じですね。
こうトラブルが多いんじゃ、ボンバルディア社の信用問題になると思うんですけども、現状他に競合する様な機種がほとんど無いらしいのがいけないんですかね?

( ・ω・)ノ取りあえず国交省の方では全日空13機、日本エアコミューター9機のの同型機計22機の運航を停止して前脚の作動状況を調べるようにしたと言う事でありますよ。
明日は近距離線・ローカル線の航空ダイヤが混乱する事になりそうですのぉ。
高知空港の方は今日13日は最終便まで結局閉鎖となりましたが、明日の始発便からの再開を目指していると言う事ですよ。

参考ページ
全日空
https://www.ana.co.jp/
ニュースリリース
ANA1603便(伊丹発高知行き)の緊急着陸について
https://www.ana.co.jp/topics/notice070313/index.html
高知空港緊急着陸発生に伴う3月14日の運航について
https://www.ana.co.jp/topics/notice070313/kochi_airport.html
ボンバルディア DHC8-Q400
https://www.ana.co.jp/dom/inflight/seatmap/q84/index.html


      


posted by Giselle at 23:58| Comment(2) | TrackBack(1) | 時事ニュース【国内】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 自分は夕方〜夜のニュースで着陸を見てたんだけども、ホントにきれいな着陸でしたなぁ。
 夕方のニュースだったかで、アメリカの某航空会社機がやっぱり胴体着陸しようとして、「どんがらがっしゃん!…ぼかーん」となってたのが引き合いに出されてたけど、それはどうかとちと思ったニョロ。

 飛行機はやっぱりANAが良いね。
 運転手さん、飛ぶときも降りるときもおおむね静かだから好きナリよ。
Posted by みゃあ at 2007年03月15日 00:37
>みゃあさん
( ・ω・)ノ携帯のニュース速報で知って生で見ちゃいましたよ。
まぁ、胴体着陸(YouTubeで「ありゃあ『Face Landing』だ」と書かれていたが)と言っても主脚が出てるし、ANAのパイロットだから大丈夫だろうとはおもっとりましたが。
ニュースもどーせ出すなら前脚が90度曲がったままで着陸に成功したJetBLUEを出せばいいものを…
Posted by Giselle at 2007年03月15日 18:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ボンバルディア機、前脚出ず胴体着陸
Excerpt: 前輪下りず、胴体着陸=60人乗り全日空機、けが人なし−高知空港3月13日12時0分配信 時事通信 13日午前8時50分ごろ、乗客乗員60人が乗った大阪(伊丹)発高知行き全日空1603便(ボンバルディア..
Weblog: ほえほえ―お道楽さま的日常雑感―
Tracked: 2007-03-15 00:32
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。