2007年03月13日

全日空機、前輪が下りないトラブルも無事に高知空港に着陸

全日空機、前輪下りぬまま胴体着陸 高知空港

 13日午前9時ごろ、大阪(伊丹)発高知行きの全日空1603便が高知空港に到着直前、機体の前輪が出ない状態になった。1時間余り同空港上空を旋回し、燃料を消費。10時54分、胴体着陸をした。消防車などが駆けつけた。機体に大きな損傷はない模様で、炎上や爆発はしていない。乗客56人、操縦士2人、客室乗務員2人の計60人が搭乗している。

 国土交通省大阪空港事務所などによると、カナダのボンバルディア社製のDHC8―400型で、74人乗り。(後略)

元記事:asahi.com


( ´ω`)ノというわけで、大阪発高知行きANA1603便(ボンバルディアDHC8-Q400)でありますが、大阪空港を8:10に出発して、高地空港に8:55に到着の予定でしたが、飛行機の前輪が出ないと言うトラブルが発生しました。
そのまま同機は高地空港上空を旋回し燃料を消費。
前輪は出ないままの為、後輪だけで着陸を試みる事になり、先程10:54に無事着陸に成功しました。

ヾ(・ω・ )滑走路付近には消防車・救急車が多数待機していた様でありますが、機首部分接地時に若干火花が飛んだものの、出火する事もなく無事に着陸しました。
同機には乗客56人、乗員4人が乗っていましたが、今の所全員無事の様でありますよ。
今、、これから降りる乗客を迎えに来たと思われる機体の側にバスが来ていますよ。
機首部分が直接設置してるので、ちょっと降りにくいかも知れませんが、高さは無いので大丈夫だと思いますけどのぉ。

( ´ω`)ノボンバルディアDHC8-Q400はこれまでにもいろいろとトラブルのあった機体なんですけども、やれやれと言う感じでありますね。
なにはともあれ、無事に着陸して良かったですよ。

     


posted by Giselle at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース【国内】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。