2006年12月24日

サンタが来るには早すぎる?欧州南天天文台のカメラが18日捉えたのは何?

サンタのそりには早すぎる?ESOのカメラが上空にとらえたもの

 12月18日、チリにあるヨーロッパ南天天文台(ESO)のパラナル天文台の全天カメラにまぶしく線を描く物体がとらえられた。物体の像はその後、雲がたなびくような姿に変わってしまった。サンタクロースのそりが通った跡のようにも見えるこの物体は一体何だったのだろうか?

 12月18日早朝4時、ESO・パラナル天文台の研究者は、同天文台の全天カメラMASCOTにとらえられた物体を見て驚いた。それは、約45分にわたって明るい線を描いた後、たなびく雲のような姿に変わってしまったからだ。

 ESOの大型望遠鏡VLT(Very Large Telescope)に設置されているUT1のオペーレーターを務めるChristian Esparzaさんは、「確認のため外に出て、空を見上げたときは、すでに雲のようになっていました。とにかく、最初に発見したときには、大マゼラン雲くらい明るかったんです。本当に驚きました」と話している。(後略)

元記事:AstroArts


( ・ω・)ノというわけでクリスマスにふさわしい(?)話題を一つ。
北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)が毎年クリスマスには「ノーラッド・トラックス・サンタ(NORAD Tracks Santa)」と言うサンタクロースを追跡するイベントを行っているのは結構知られています。
何と今回は欧州南天天文台(ESO)の望遠鏡にサンタのそりが飛んでいく軌跡の様な物が観測されましたよ(笑)
でも、観測されたのは12月18日早朝4時、「サンタさんにはちょっと早すぎない?」って事で、「じゃあ一体観測されたのはなんなんだ」と、欧州南天天文台のパラナル天文台の大型望遠鏡VLTに設置されているUT1のオペレータを務めるChristian Esparzaさんに、これなんだと思うときかれた天文学者のThomas Riviniusさんの調査が始まりました。

ヾ(´ω` )まず〜機器によるなにか光学的な効果による幻影では無いことを確かめる為に外に出たそうです。
その頃にはたなびく雲のような姿になっていたそうでありますが、最初に見た時には大マゼラン星雲位に明るかったそうですよ。
何はともあれカメラによる間違った画像では無いことを確認して、天文学者の皆さんは「あの物体」が何であるかを調べ始めました。
でも、ESOの彗星の専門家であるEmmanuel Jehinによれば、その物体は流星でもはあり得ない位の速度で動いていることを確認しました。
まぁ、つまり流星にしては速度が遅すぎると言うわけですね。

( ・ω・)ノそれじゃあ国際宇宙ステーション(ISS)とスペースシャトルかとも思われましたが、その時間帯はパラナル天文台の上を通過していないことがすぐに分かりました。
その他の知られている衛星もパラナル天文台の上を通過していないことも判明しました。
もし、ISSや衛星としても雲の様な姿に途中で姿を変える事はあり得ないと言う事で更に調査が続けられました。
「Night Sky Live」というボランティアが撮影した画像を使って全天地図を公開しているサイトをチェックしてみた所、Cerro Pachonと言うパラナルから600q南の地点でも観測されていることが分かったので、その物体までの距離を三角測量の要領で計算してみました。

ヾ(´ω` )その結果最初の発見段階で上空6000qだったものが、スゴイ勢いであっと言う間に倍の高さにまで上昇していると言うことが判明しました。
と、ここまで書くといったい何が写っていたのか分かる人もいるんじゃないでしょうか。
12月18日はそう、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)が種子島宇宙センターからH-2Aロケット11号機で技術試験衛星「きく8号(ETS-8)」を打ち上げた日でありますね。
なんと日本のH-2Aロケットがその発射後30分程で地球の真裏にあるパラナル天文台で観測されて、観測員達を悩ませていたと言う次第でありました。

( ・ω・)ノまぁ、結局雲のように見えたのは切り離されたロケットの残骸だったと言う事で、Thomas Riviniusさん達は安心して眠ることが出来たということでした。
サンタさんでなかったのは残念かもしれませんが、日本のH-2Aロケットが地球の裏側で天文台の人達を大騒ぎさせているとはJAXAの人も思いもよらなかった所でありましょう。

参考ページ
欧州南天天文台(ESO)
http://www.eso.org/
It Is Too Early To Be Santa's Sleigh, Isn't It?
(サンタのそりにしては早すぎですよね?)
http://www.eso.org/outreach/press-rel/pr-2006/pr-48-06.html

宇宙航空研究開発機構(JAXA)
http://www.jaxa.jp/
プレスリリース
H-IIAロケット11号機による
技術試験衛星VIII型「きく8号」(ETS-VIII)の打上げ結果について
http://www.jaxa.jp/press/2006/12/20061218_h2a-f11_j.html
技術試験衛星VIII型「きく8号」の飛行状況について
http://www.jaxa.jp/press/2006/12/20061218_kiku8_j.html
技術試験衛星VIII型(ETS-VIII)
http://www.jaxa.jp/missions/projects/sat/tsushin/ets8/index_j.html
JAXA宇宙利用推進本部:サテライト・ナビゲーター
「技術試験衛星VIII型(ETS-VIII)」
http://www.satnavi.jaxa.jp/project/ets8/index.html
きく8号/H-2A11号機カウントダウンページ
http://www.jaxa.jp/countdown/f11/index_j.html
はちぞうブログ
http://www.jaxa.jp/countdown/f11/hachizo/index_j.html
種子島Liveカメラ
http://space.jaxa.jp/webcam/index_j.shtml
H2A204特集
http://rocket.sfo.jaxa.jp/204.html


ノーラッド・トラックス・サンタ(NORAD Tracks Santa)日本語サイト
http://www.noradsanta.org/jp/default.php


           


posted by Giselle at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。