2006年12月13日

Winnyの開発者に罰金150万円の有罪判決

Winny開発者に有罪判決--150万円の罰金命令

 ファイル交換ソフト「Winny」を開発し、著作権法違反(公衆送信可能化権の侵害)幇助の容疑を問われている元東大大学院助手の金子勇被告への判決が12月13日、京都地方裁判所にて下された。京都地裁は罰金150万円(求刑は懲役1年)の有罪判決を言い渡した。(後略)

元記事:CNET Japan


( ´ω`)ノというわけで〜、ファイル交換ソフト「Winny」の開発者47氏こと、金子勇被告への判決が京都地裁で出されました。
京都地裁では金子被告がWinnyを開発して公開したことが、著作権法に違反する行為の幇助にあたるとして罰金150万円(求刑は懲役1年)の有罪判決を言い渡しました。
金子氏側はこの判決を不服として控訴すると言う事ですよ。

ヾ(・ω・ )なんか微妙な判決ですのぉ。
「著作権者の利益が侵害されることを認識しながらWinnyの提供を続けており非難は免れないが、著作権侵害の状態をことさら生じさせることは企図しておらず、経済的利益も得ていない」から懲役1年の求刑に対して罰金刑らしいんですが。
検察側は「金子被告が著作権侵害を助長する目的でWinnyを開発した」、つまり「Winny作ったこと自体が違法」って感じで主張してましたが、47氏こと金子氏側は「Winny開発は純粋な技術的見地から行ったもので、著作権侵害を増長させる意図はなかった」と無罪主張していたわけで、「著作権侵害の状態をことさら生じさせることは企図しておらず」と被告側の主張を受け入れているのに、結局は「Winnyの提供を続けてたから有罪」と言う感じなんですが。
意図してないのに、幇助してるとはこれ如何に?って所ですかの。

( ´ω`)ノん〜、なんか検察と被告側と両方の顔を立てつつって感じの判決ですよねー、ざっと要旨を読んだ感じでは。
両方の顔をなんとか立てようとしたら、両方ともなんか納得いかないって判決になったと言う感じですかね。
そもそもP2Pファイル交換ソフト自体は別に違法な物でもなんでもないわけで、それを開発したからと言って逮捕されると言うのはちょっと納得いかないものがありますしね。

ヾ(・ω・ )まぁ、違法ファイルを放流するユーザー側に問題があるわけですからのぉ。
違法行為が行われるかもしれない可能性があるソフトとかツールを開発すること自体が違法みたいな事になると、それこそ極論を言っちゃえばWindows自体もダメですか、そうですかみたいな話になっちゃいますからのぉ。
有名な例えで言えば「包丁があれば人が殺せると言う事になるのか、包丁を作った人が悪いのか」って事ですよなぁ、これも極論ではありますが。
話を突き詰めていくとそうなるじゃないかという話ですのぉ。

( ´ω`)ノ自動車だったら人をひき殺す可能性があるのに開発してもいいんですか?って奴ですねー。
まぁ、極論を言うとキリがありませんが。
だけど、三菱自動車製の大型車のタイヤ脱落事故でリコールを避ける為に虚偽の報告を国にした三菱ふそうの元会長らが無罪判決って言うのを見ると、なんか納得いかないもんを感じますよ。

ヾ(・ω・ )まぁ、Winnyの方は被告側が控訴すると言う事ですし、この調子だと最高裁まで行きそうな感じですから、今後の成り行きを見守りますかね。
それにしても、Winnyというとすぐに情報流出と絡めた話になりますが、情報流出はあくまでもウィルスによるものですからの。
なんかWinnyを使うと情報が流出するみたいに思ってる人もいますからのぉ。
しかしまぁ、これだけ騒がれてもまだ安易に何でもかんでもファイルクリックする人がいて、更に家のPCに仕事上のデータを安易に保存する人がいるのには驚きますのぉ。

( ´ω`)ノ結局「最大のセキュリティホールは人間」なんですよね。
防衛庁とかねー、あれだけ言われてるのにまだ私用PCを業務に使うかって感じですよね。
そう言えば警察官でもWinny使って情報流出させた人いましたよね?
一体何のファイルをダウンロードしていたのやら…。
著作権法違反とかで捕まったと言うような話も聴きませんがねぇ。
ま、情報漏洩させちゃう様な人は、Winnyがあろうと無かろうとやらかしそうな気がしますけどね。


参考ページ
CNET Japan
いよいよ判決--Winny事件の経緯を振り返る

ITmedia
Winny事件の衝撃

INTERNET Watch
本誌記事に見る「Winny」開発者の有罪判決へ至る経緯


       


posted by Giselle at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>情報漏洩させちゃう様な人は、Winnyがあろうと無かろうとやらかしそうな気がしますけどね。

 まったくその通りだと思いまつよ。
 今回のWinny判決は、どう考えてもWinny側がスケープゴートになったようにしか見えませんな。


 ダウンロードしたファイルは、まずウィルス検査してからクリックしようよね。
 某総合ソフト紹介・配布サイトですらですらウィルスに感染したファイルをうっかり流してみたりしてましたからの。…油断もスキもない世の中です。


 …とか言ってたら、M$の月例パッチがものすごいことになってましたな。
 まずココからどうにかしてくれんとねぇ(苦笑
Posted by みやび at 2006年12月14日 22:21
>みゃあさん
( ・ω・)ノうむ、まずなんにせよ落としてきたファイルはウィルススキャンを基本にせんとですよなぁ。
vect○rがやらかしてましたのぉ……。
あー、月例パッチ…あれも毎月めんどいですなぁー。
いっそもっとOSを簡素化できないものなのか。
Posted by Giselle at 2006年12月15日 12:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。