2006年10月24日

ソニーバッテリ自主回収プログラムに付いて初めて詳細を説明、更にGatewayも回収に

ソニー、PC用バッテリ「自主回収プログラム」について詳細を初めて説明

 ソニーは10月24日、ソニー製リチウムイオン電池セルを使用したノートブックPC用電池パックの「自主交換プログラム」の詳細を発表した。

 交換の対象となるのは、2003年8月から2006年2月までに製造された、2.4Ahおよび2.6Ahのソニー製リチウムイオン電池セルを採用したノートPC用電池パックの一部。対象となるセルは、デルやアップルコンピュータ、レノボが自主回収した電池パックに採用されているものと同タイプになる。

 交換対象個数は、デルやアップル、レノボの自主回収分を含まないで、全世界で約350万個となる。具体的な交換開始時期や方法については、PCメーカー各社からユーザーに案内することになる。(後略)

元記事:CNET Japan


( ´ω`)ノというわけで世界規模での大規模回収となっているソニー製リチウムイオンバッテリの問題で、ソニーの方からこの自主交換プログラムに関して詳細について語る説明会が今日10月24日に初めて行われました。
説明会にはソニーのセミコンダクタ&コンポーネントグループ担当の副社長である中川裕氏、ソニー コーポレートエクゼクティブ SVP 製品安全・品質担当の木暮誠氏、ソニー コーポレートエクゼクティブ SVP 広報渉外担当の原直史氏が出席したと言う事です。
この交換プログラムで対象となるバッテリの個数は、最初のDell、Apple、レノボの分を除いて全世界で約350万個ほどだと言うことです。
最初の3社を入れると約960万個くらいになるというわけでありますね。

ヾ(・ω・ )このプログラムに参加するメーカーは、Dell、Apple、レノボの実際に発火や過熱事故のあった3社の他に、東芝、富士通、シャープ、日立、ソニー自身もvaioの一部が交換対象となってます。
更に今日これにくわえてGatewayのモバイルノート「MX1020j」のソニー製バッテリも回収されることが決まりました。
Gatewayの方も今の所不具合を起こした事例は報告されていないものの、ユーザーの安全を最優先と言う事で回収を決めたと言う事です。
なお、国内での対象機種は500台程だと言う事です。
交換時期、及び方法の詳細は各PCメーカーによってユーザーに案内されます。
まぁ、結局の所今の所実際に発火や過熱事故があったのは最初のDell、Apple、レノボだけなんですが、ユーザーの安全を最優先としたいと言う事と、ソニー製バッテリに対するユーザーの不安感の払拭と言う事で交換プログラムに参加したと言う事です。

( ´ω`)ノなお、アメリカではソニーとアメリカ消費者製品安全委員会(Consumer Product Safety Commission)との協力のもとにこの交換プログラムは行われると言う事です。
この交換プログラムにかかる費用は現時点で、全体で約510億円と言うことです。
この金額には以前にも書きましたが、万が一メーカー側から訴訟などが起こされた時の費用は考えられていません。
なお、この交換プログラムに参加していないNECの方では国内向けノートPCにはソニー製のバッテリを使っていない事を発表しています。
98年〜99年に販売した一部機種のオプションのセカンドバッテリパックにソニー製の物があるそうですが、これは今回の交換プログラムの対象品では無いことが確認されていると言う事です。
またHP(Hewlett Packard)の方ではシステム構成が過熱や発火を起こすような事になっていないと言うことで、交換は不要としていますね。

ヾ(・ω・ )ソニーの発表によれば発火事故の原因はこれまでも言われていたように円筒型のバッテリセル内に製造工程で金属粉が混入し、それが正極と負極の間の絶縁層に混入して短絡(ショート)した為と言うことだそうです。
またそれ以外に充電システムや、バッテリの形状、消費電力、温度といったようなPC側のシステムの問題もあると説明されたようであります。
また、混入した金属粉がなんであったかと言う事については、正極側から絶縁層を透過して負極側で再結晶して、正極と負極を短絡させることが出来るのは「ニッケル」だけと言う事で、恐らく「ニッケル」が混入したのだろうと言う事だそうです。

( ´ω`)ノまた金属粉が混入した原因に付いては、組立工程での「缶加工」と呼ばれる段階で、缶全体を回転させながら素子を固定する為の溝を形成する際に微細な金属粉の一部がセル内部に飛び散ったと見られると言う事だそうです。
また金属粉が正極部に混入したとしても、通常は電池機能が失われるだけだそうですが、今回は電極のロールの終端部に金属粉が混入した為に正極と負極が短絡したと言う事だそうです。
でまぁ、対策としてそもそも金属粉の発生が抑制されるようにしたり、吸引装置を追加して金属粉の吸入の強化を図ったり、バッテリセルの構造自体も絶縁層を変形させて、より金属粉が混入しないようにしたりするなどを行っていると言う事です。

ヾ(・ω・ )質疑応答では2005年にDellが実施した自主回収プログラムについて、なぜ当時対象を3万5千台だけに絞ったのかという質問も出たそうです。
ソニー側の回答によれば、湯治できる限りの体制で問題を調査し、設備に不具合があることがわかって対象範囲を決めたが、解析が不十分だった事は否めないと言う事だそうです。
まぁ、その時にもっとしっかりと原因を解析していれば、ここまで大事にならなかった可能性は否定できないですけども。

( ´ω`)ノDell側がソニー製のバッテリセルに根本的な問題があるとしていることに関しては、ソニー側としては「バッテリセルだけでなくシステム全体の問題と見ている」と言う事だそうです。
また、今回の自主回収プログラムに伴って経営陣の処分に関しては行う予定はないと言う事だそうです。
経営陣の処分よりも、回収プログラムの円滑な実施を優先と言うことらしいですけどね。

ヾ(・ω・ )まぁ、しかしここまで大事になった以上はこの回収プログラムが一段落した後には、経営陣の責任問題の追求が行われても仕方がないのではと言う感じではありますが。
ソニーは今後もバッテリ事業の縮小などは考えておらず、年末商戦に向けても供給不足を出さないように提供していく予定とは言ってますけどね。
今後、ソニー製のバッテリを他のメーカーが使いたがるかと言う問題はありそうですよ。
今回のことでかなりイメージダウンしてしまいましたからのぉ。

参考ページ
PCWatch
ソニー製リチウムイオン充電池問題 リンク集
ITmedia
拡大するリコール、ソニーのバッテリー過熱問題

ITPro
ソニー製バッテリー回収で対応に揺れるメーカー

IT+Plus
ソニー製電池発火問題

CheshireCat Diary
DELLのノートPC、バッテリをリコールへ。稀に過熱・発火の可能性
今度はアップルがソニー製バッテリ180万個をリコール
ソニー、ノートPC発火問題でバッテリを自主回収へ
ソニー製バッテリの問題で富士通等もリコールする事を発表
ソニー、自社製「VAIO」のバッテリも回収へ、バッテリ回収は全体で900万個規模に?
ソニー業績見通しを下方修正、バッテリ問題とともにゲーム機事業の不振が響く


              


posted by Giselle at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。