2012年03月08日

太陽フレアの影響で、最近5年で最大の地磁気嵐発生の可能性



( ´ω`)ノというわけで〜、アメリカ海洋大気局の宇宙天気予報センターは7日、太陽表面の巨大な爆発現象「太陽フレア」に伴うコロナ質量放出と呼ばれる現象が2度発生しまして、これの影響で地球で5年来で最大規模の磁気嵐に見舞われるとの予測を発表したと言う事ですよ。
地球が磁気嵐の影響を受けるのは日本時間の8日午後から10日昼頃ということで、すでに第1波は到達していますが、磁気の向きの関係で磁気嵐はまだ強くなってないようですね。

ヾ(・ω・ )今後送電線やGPS、各種衛星や探査機に障害が発生する可能性があると言う事ですよ。
他にも無線通信にも影響が出る可能性がありますし、太陽放射線が非常に強くなっているため、国際宇宙ステーションに長期滞在中の宇宙飛行士も、ステーション内の安全な場所に一時的に退避しないといけなくなるかもしれないですのぉ。
なお、太陽や銀河を期限とする高エネルギー粒子を観測する探査機「ACE」の太陽風観測は日本時間7日18時以降速度が測れない状態だそうですよ。
これは太陽放射線が強まった為だそうです。

( ´ω`)ノ一方ではオーロラが低緯度地域でも観測できる可能性も出てくるんですよね。
日本では北海道のあたりでもオーロラが見られるかもしれないと言う事ですよ。
しかし、よくアラスカとか北欧で見られるような緑色のカーテンみたいなのじゃなくて、地平線付近にぼぉっと赤い光が見える様な低緯度オーロラになりますが。
オーロラが綺麗に見えるのは良いんですけどねー。

ヾ(・ω・ )久々の大きな太陽フレアでしたからのぉ〜。
今後も太陽活動が非常に活発な状態が予想されるそうなので、またこういう大規模な太陽フレアが発生する可能性がありますよなー。
とにかく、送電線とかGPSとか無線通信とか、各種衛星や探査機などに影響が出ないといいんですけどなー。

posted by Giselle at 22:23 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/256475275
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。