2006年10月10日

北朝鮮の核実験は失敗?米の複数の専門家が不完全な核反応が起きたとの見方を示す

核反応、不完全な「早期爆発」だった?失敗説が浮上

 北朝鮮が9日に行った核実験の爆発が比較的小規模だったのは「早期爆発」と呼ばれる不完全な核反応が起きたためではないか――との見方を、米国の複数の専門家が示している。

 今回の実験はプルトニウム爆弾を使用したと見られているが、「目標とされる威力を達成できなかった」とする失敗説が浮上しており、北朝鮮にとっても想定外の問題が起きていた可能性が強まった。(後略)

元記事:YOMIURI ON-LINE


( ´ω`)ノというわけで〜、地下核実験としてはあんまり小規模だったので、アメリカの専門家の方では「早期爆発」と呼ばれる不完全な核反応が起きたのではないかと言う見方があるようでありますよ。
まぁ、要するに失敗なんじゃないかって言う事でありますね。
今回の実験の爆発の威力は各国の地震波の分析によれば数〜1キロトン未満と推定されているそうですよ。
でもって、今回の実験ではプルトニウム爆弾を使用したと考えられている訳ですが、最も単純なプルトニウム爆弾であった長崎型原爆(約20キロトン)よりもはるかに小規模な訳ですね。

ヾ(・ω・ )そんな所からも「早期爆発」が起こってしまって目標とされる威力が達成できなかった=失敗?と言う説が出て来てるんでしょうかの。
ちなみに「早期爆発」というのは、核爆発の為に核物質が一気に核分裂が起きる前に、先走り的な分裂が起きてしまって爆発の威力が低下してしまう現象だそうでありますよ。
アメリカ科学アカデミーの専門委員会がまとめた報告書によれば、長崎型原爆の様な単純な構造の原爆で、この現象が起きると今回の核実験の様に威力が数〜1キロトン未満程度に留まるとされているそうで、そんな所からも失敗説が浮上してるんでしょうかの。

( ´ω`)ノこういう「早期爆発」の様な現象は発電用の原子炉で出来る「原子炉級プルトニウム」を使用した場合に起きるらしいですよ。
ホントは軍事用の原子炉で作られた「核兵器級プルトニウム」を使うんですね。
と言うことは原子炉で生成されたプルトニウムの質に問題があった可能性もありますね。
まぁ、もっとも威力が低下しても一応核爆発は起きているわけで、通常兵器よりは威力があるわけですし、放射性物質もまき散らされる訳で、安心というわけにはいきませんけどね。

ヾ(・ω・ )今の所自衛隊機が採取した大気中のチリからは核実験で生じる放射性物質は検出されてないみたいですけどのぉ。
各都道府県が測定した大気中の放射線量にも目立った変化は無いそうで、この実験による健康被害の心配なんかはないらしいですの。
もっとも地下核実験の場合は放射性物質が漏れたとしても、気流に乗って日本まで到達するまでにはかなり時間がかかる場合もあるらしいですが。
そう言えば核爆発でもニュートリノって出るんじゃないですかの?
スーパーカミオカンデの方でニュートリノ捕まえてませんかのぉ?

    


posted by Giselle at 23:59| Comment(0) | TrackBack(2) | 時事ニュース【海外】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

北朝鮮、曰く「全世界がわれらの敵」
Excerpt: 昨日の午前中、北朝鮮が地下核実験に成功したと発表した。 世界に「北朝鮮の核実験強行のニュース」…衝撃が走った。 爆弾の規模は「広島型原爆の数分の1」であると推定されている。 とは言え、核..
Weblog: Por favor
Tracked: 2006-10-11 01:37

北朝鮮の核実験(その7)
Excerpt:  北朝鮮の核実験(その3)でカムランドに問い合わせたメールが返信されてきた。以下
Weblog: Vosh の徒然草
Tracked: 2006-10-25 21:56
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。