2006年09月24日

ビンラディン容疑者に死亡説も各国当局は否定

ビンラディン容疑者に死亡説 各国当局は「確認不可能」と

パリ──米同時多発テロに関与したアルカイダの指導者オサマ・ビンラディン容疑者の死亡説が23日、一部報道によって浮上した。フランスの対外治安総局(DGSE)の極秘情報とされるが、米国やフランス、パキスタンの当局者らは報道内容が確認不可能であるとの判断を示した。 (後略)

元記事:CNN.co.jp
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200609240002.html


( ・ω・)ノというわけで、久しぶりにこう言う話が出てきたなぁと言う感じのアルカイダの指導者ウサマ・ビンラディン容疑者でありますよ。
前はしょっちゅう死んだ?とかって話が出てた様な気もしますけどのぉ。
今回はフランスの地方紙「レストレピュブリカン」が21日付で、フランスの対外治安総局(DGSE)の情報としてビンラディン容疑者が8月23日に腸チフスによりパキスタンで死亡したと言う情報を、サウジアラビアの当局者が9月4日に確認した様だと言うものだそうですよ。

ヾ(´ω` )これに対してアメリカ、フランス、パキスタン政府の当局者の皆さんは、報道内容は確認が取れない、死亡したという証拠はないと否定しているようでありますね。
フランスのシラク大統領は対外治安総局(DGSE)からの情報だと言う事で、極秘情報が公になったことの方に驚いて、情報漏洩の有無を調査する事を命じたそうですけどね。

( ・ω・)ノCNNのニュースを見る限りでは、サウジアラビアの情報当局の人の話としてはビンラディン容疑者が水が原因となる感染症を患っている様だと言うのは掴んでいるそうで、病気だというのを裏付ける情報がいくつかあるらしいですのぉ。
しかし、死亡したと言う可能性を示す情報はないと言う事ですがの。
まぁ、以前にもビンラディン容疑者の消息がわからなくなると、こうして死亡したんじゃないかって情報を流して、あちら側がオーディオメッセージやビデオメッセージを出すように仕向けたりと言う事があったということなので、今回もそう言うことなのかもしれませんけどのぉ。

ヾ(´ω` )でもまぁ、最近はWebサイトに音声テープがUPされたりなので、そう言う相手側の動きがあっても簡単には消息が掴めないかもですけどね。

   


posted by Giselle at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース【海外】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。