2006年09月20日

タイで軍部がクーデターか、タクシン首相は非常事態宣言を発表

タイ:クーデター、軍「首都制圧」 首相は非常事態宣言

 【バンコク浦松丈二】国連総会出席のためニューヨークに滞在しているタイのタクシン首相はタイ時間の19日午後10時(日本時間20日午前0時)すぎから、タイ国内のテレビを通じ、非常事態宣言を発表した。しかし、首相に反対する部隊は首相府やテレビ局を占拠し、バンコク市内の制圧を発表した。

 タクシン首相は、国軍トップのソンティ最高司令官を解任し、前最高司令官のルアンロー国防次官に治安維持権限を委託した。タイ国軍は公式の発表をしていないが、同日夜からバンコク各地に軍が出動し、厳戒態勢を敷いている。(後略)

元記事:Mainichi-INTERACTIVE


( ´ω`)ノえーと、ちょっと簡単に。
どうやらタイで軍によるクーデターが発生した模様ですよ。
タイのタクシン首相はニューヨークで行われる国連総会に出席の為不在であるのを狙って起こされたと言う所でしょうか?
日本時間の20日午前0時過ぎにタクシン首相がタイ国内のテレビを通じて非常事態宣言を発表しましたが、首相に反対する軍の部隊は首相府やテレビ局を占拠し、バンコク市内の制圧を発表しているようです。

ヾ(・ω・ )CNNの中継を見る限りでは市内に何台も戦車が出ているようで、首相府の周辺などは国軍の戦車が包囲しているようでありますのぉ。
しかし、市民が外に出て携帯のカメラで戦車の様子なんかを撮影している場面が写ってたりしてましたからの、それ程緊迫した状況でもないようですの。
タクシン首相は国軍TOPのソンティ最高司令官を解任、前最高司令官のルアンロー国防次官に治安維持権限を委託したとの事ですが、どこまで実効性があるのかは疑問といった所ですかのぉ。

( ´ω`)ノまぁ、タイ国軍自体がタクシン首相の軍予備学校同級生を中心とする親首相派と首相に批判的な反首相派に分かれていると言う話もありますけどね。
タイは政局が混迷すると軍が介入してクーデターを起こすというのがお決まりと言えばお決まりでしたからねぇ。
まぁ、大体は国王が乗り出してきて軍を退かせて、なおかつ首相などにも譲歩させると言う事になるわけですけども。
今回はタクシン首相の親族が株取引で不正なインサイダー取引を行っているという疑惑から始まって、何度か国王から「忠告」があったにも関わらず強引な政治手法をとり続けてましたしね

ヾ(・ω・ )元々辞任要求があちこちから上がっているにもかかわらず、次の国会では首相指名を受けないと表明はしたものの、肝心の国会が開かれないままで結局首相の交代が行われないままぐだぐだときてましたからのぉ。
ま、タイは立憲君主制とは言え、非常に王様が尊敬されていて国民からの信頼も高い為、こう言う政治的な危機が起きた時には最終的には王様が介入して仲裁するというのがお決まりのパターンですからのぉ。
多分今回もそう言うことになるかとおもいますがの。
ただまぁ、今度はタクシン首相はこのまま首相の座に居座ると言うわけにはいかないでしょうのぉ。

  


posted by Giselle at 04:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース【海外】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。