2011年11月28日

ISSでチーズをおやつにしたいオランダ人宇宙飛行士の為にチーズ10sが宇宙へ



( ・ω・)ノ来月、打上げ予定のオランダ人宇宙飛行士アンドレ・カイパースさんはなんとアムステルダム産の熟成チーズを国際宇宙ステーション(ISS)に持っていくんだそうですよ。
まぁ、ISSに長期滞在するクルーは、それぞれの好きな物を宇宙に持っていったりできるんですが、チーズをトータルで10sも持ち込むのは多分この人が初めてですよなー。

ヾ(´ω` )カイパースさんは12月21日に、オレッグ・コノネンコさんとドナルド・ペティさんと一緒にロシアのソユーズ宇宙船でISSに向かう予定なんですが、ウェストランドという会社の「オールド・アムステルダム」と言うチーズが大好きで、宇宙に持っていきたいから当局と交渉して欲しいとカイパースさんからウェストランド社に依頼が来たんだそうですよ。

( ・ω・)ノそれでウェストランド社の方で欧州宇宙機関(ESA)やアメリカ航空宇宙局(NASA)と交渉の結果約10sのチーズを宇宙に送る事が認められたと言う事ですよ。
オランダの人はチーズ好きで有名ですが、宇宙でもおやつにチーズが食べたいというわけですなー。
色々とクリアしないといけない問題とかあったと思いますが、無事に認められて良かったですのぉ。

ヾ(´ω` )チーズは特別に切り分けられて包装され、まずは5sがカザフスタンのバイコヌール宇宙基地からプログレス補給船で10月末にISSに向けて送られたそうで、先日打ち上げられたプログレス補給船の荷物のなかにこのチーズがあったわけですねー。
と言う事は、プログレス補給船の打上げが無事に成功して良かったですね、8月の終わり頃みたいに打上げ失敗していたら、せっかくのおやつがパーになる所でしたね。

( ・ω・)ノまぁ、実際に8月末の打上げに失敗したプログレス補給船の時には先日地球に帰還した古川さん達3人の嗜好品が載ってたらしいですしのぉ。
せっかくのお楽しみのおやつがまさにパーになっちゃったわけですよな。
で、残りの5sは来年1月中に別のプログレス補給船でISSまで届けられる予定だそうですよ。

参考ページ
NASA
http://www.nasa.gov/home/index.html
International Space Station
http://www.nasa.gov/mission_pages/station/main/index.html
JAXA 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター
http://iss.jaxa.jp/index.html

posted by Giselle at 23:59 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/237567645
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。