2011年11月15日

ロシア、5ヶ月ぶりにソユーズ宇宙船打上げ



( ´ω`)ノというわけで〜、国際宇宙ステーション(ISS)の次期長期滞在クルーを乗せたロシアの「ソユーズTMA-22」宇宙船が、14日カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から無事に打上げられましたよ。
すごい雪の中での打上げですが、無事に打上がって良かったですね。
NASATVがYouTubeにUpしている打上げの様子の動画をどうぞ。

Expedition 29 Launches to the Space Station


ヾ(・ω・ )当初の予定では、9月22日に打上げだったんですが、8月24日に無人の「プログレス補給船」の打上げ失敗のために延期され、9月に当時ISSに長期滞在していたメンバーのうち3人が帰還したために、日本の古川宇宙飛行士、アメリカのマイク・フォッサム宇宙飛行士、ロシアのセルゲイ・ヴォルコフ宇宙飛行士の3人で運用する状態になっちゃったんですよなー。
3人でのISSの運用体制は久々でしたのぉ〜。

( ´ω`)ノここしばらく6人での運用でしたからね〜。
まぁ、次の3人が来る迄の間3人と言う事はありましたが、せいぜい2週間ほどの事でしたからねぇ〜。
今回みたいに1ヶ月以上3人体制というのは久しぶりでしたね。
ソユーズ宇宙船は、軌道上での使用期限があるので、あのまま次の3人がISSに向かわないと、今いる古川さん達が帰らないといけない日が来てしまって、ISSが無人で運用される事になるのではないかと心配されましたが、良かったですね。

ヾ(・ω・ )なお、ソユーズTMA-22宇宙船は、このまま順調に行けば明日16日午後2時33分にISSにドッキング予定と言う事ですよ。
平日の昼間と言う事で、仕事中で見られそうにないですのぉ〜。
後で録画したのを見る事になりそうですなー。
それで、その次の長期滞在要員が何時来るのかが気になりますのぉ。

( ´ω`)ノで、古川さん達が帰ってくるのは今月22日、ということは来週ですね〜。
しかしこれまた日本時間の平日の昼間と言う事で、生中継で帰還の様子を見るのは無理っぽいので、録画してみないとしょうがないですねー。
打上げの時にカザフスタンがすごい雪景色だったので、この調子だと帰ってくる時も雪景色の可能性高そうですねー。
リカバリチームがすぐに目視で見つけられるといいんですけど。

参考ページ
NASA
http://www.nasa.gov/home/index.html
International Space Station
http://www.nasa.gov/mission_pages/station/main/index.html
JAXA 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター
http://iss.jaxa.jp/index.html
posted by Giselle at 21:18 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/235352801
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。