2011年11月10日

小惑星「2005 YU55」200年ぶりに地球に最接近



( ´ω`)ノ自分のスマートフォンの今日の壁紙がこれ、まさにこの写真でした。
「Astronomy Picture of The Day(APOD)」がこれだったもんで。
直径400m(と言ってもこのサイズなので綺麗な球形ではなくいびつなじゃがいもみたいな形ですが)の小惑星「2005 YU55」が日本時間の9日午前8時28分に地球に最接近しましたよ。
記事の写真は地球に138万qまで接近した時点(2011年11月7日)で撮影されたレーダーの画像ですね。
この画像を撮影した時と思われるNASAのJPLがYouTubeにUpしている動画をどうぞ。

Asteroid 2005 YU55


ヾ(・ω・ )動画見ると、プエルトリコにあるアレシボ電波天文台とカリフォルニア州にあるゴールドストーン天文台で観測を行ったみたいですのぉ。
記事の画像はゴールドストーン天文台のレーダーで観測したものなんですのぉ。
ちなみにゴールドストーン天文台は、小惑星探査機「はやぶさ」が行った小惑星「イトカワ」のレーダーでの観測を行った天文台でもありますよ。
この小惑星がこんなに地球に接近するのは200年以上ぶりだったそうですよ。

( ´ω`)ノなお、最接近の地点は中米グアテマラの首都グアテマラ市から南西約560qの太平洋沖で、地球の中心からの距離は32万4600qで、月と地球の間の距離の約0.85倍だそうですよ。
随分地球の近くを通ったということですねー。
まぁ、それでも地球に落ちて来るにはまだまだ遠いですけどね〜。
posted by Giselle at 23:03 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。