2011年09月27日

上海で地下鉄が追突事故負傷者多数



( ・ω・)ノ中国は上海の中心部を横断する地下鉄10号線で、27日午後2時50分(日本時間午後3時50分)過ぎに、列車同士の衝突事故が発生したということですよ。
事故が起きたのは地下鉄10号線の観光地の「豫園駅」と「老西門駅」で、当時地下鉄10号線では設備故障の為減速運転を行っている中での事故だそうですよ。
当局の集計として発表された所では260人が負傷したものの、死者はいない模様だそうですよ。

ヾ(´ω` )日本人男性1人が軽傷を負っているみたいですね。
両方の車輌には計500人以上の乗客が乗っていたそうですが、重傷者は少なくとも20人はいるようですね。
さっき見たニュースでは地下鉄の車輌の天井部分が衝突のショックでゆがんでましたから、徐行運転にしてもかなりの衝撃ではなかったかと。

( ・ω・)ノ設備故障は信号が故障したそうで、一部電話を用いて列車感覚を調整していたらしいんですけどなー。
追突した方の地下鉄には連絡がきちんと行き届いてなかったんですかのぉ。
ちょっとどういう状況の場所で追突事故が起きたのかわからないわけですが、少なくとも見通しが良い線路状況ではなかったんでしょうなー。
見通しが良かったら、前方に先行車輌がいるのがわかったでしょうし。

ヾ(´ω` )7月には同じこの地下鉄10号線で信号の不具合が原因で地下鉄の車輌がラッシュアワーに逆送するという事故もあったそうなんですが。
この時はけが人はいなかったそうですが、こうしてまた信号の故障で追突事故が起きたわけで、安全性に心配な所が残らないようにしっかりと原因の究明が為されないといけないと思う訳なんですが、どうなりますかねー。

posted by Giselle at 21:25 | TrackBack(0) | 時事ニュース【海外】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。