2006年08月15日

首都圏大停電、クレーン船の作業員は送電線の存在を知っていたと供述

大停電:送電線の存在知っていた クレーン船の作業員

 首都圏の大停電を招いた旧江戸川でのクレーン船による高圧送電線損傷事故で、船の作業員2人が千葉県警浦安署の調べに「係留作業に気を取られ、高圧線があることを忘れていた」と供述していることが分かった。「現場付近を数回通過した」とも供述。同署は作業員らが高圧線の存在を知りながら注意を怠り、漫然とアーム部分を上げて事故を起こしたとみて、器物損壊や電気事業法違反容疑での立件も視野に入れて捜査している。(後略)

元記事:Mainichi-INTERACTIVE


( ´ω`)ノてなわけで、昨日の首都圏での大停電の件でありますが、昨日の千葉県警浦安署の取り調べでは、高圧送電線損傷の原因となったクレーン船に乗っていた作業員3人は「今回の現場に行くのは初めてで、送電線があるのは知らなかった」と供述していたわけなんでねぇ。
ところが、実はクレーン船の作業員の内2人は「事故現場より上流で浚渫作業をした事があり」「係留作業に気を取られて、高圧線がある事を忘れていた」と供述を改めていたと言う事であります。

ヾ(・ω・ )調べによりますと、千葉県浦安市と東京都江戸川区境の旧江戸川で高圧送電線に接触して損傷を起こしたクレーン船は茨城県神栖市の海洋土木会社「三国屋建設」の所有で、事故当時は同船に43歳の千葉事務所長と23歳の曳航していたタグボートの乗組員、34歳のクレーンの操縦士の3人が乗っていたそうでありますが、この内の千葉事務所長とタグボートの乗組員が高圧送電線の存在を認識していた事を認めたと言うわけでありますのぉ。

( ´ω`)ノ作業員達の話によれば作業効率を上げる為に、以前から現場到着前にクレーンのアーム部分を上げた状態で作業をしていたと言う事で、クレーンのアーム部分を上げて航行するというのが、半ば常態化していたと言う事の様でありますねぇ。
また三国屋建設では99年3月にも茨城県の那珂川で同様の事故を起こしていて、水戸市内で停電を招いた事があると言う事を明らかにしたそうです。
同社ではこの99年の事故以降、工事ごとに作られるマニュアルに「送電線に注意する」という風に記載するように指示していたそうですが、今回のマニュアルにはこの記載がなかったと言う事ですね。

ヾ(・ω・ )東京電力の方では、今回の事故による停電についての損害賠償を請求する可能性に付いても言及してましたのぉ。
三国屋建設の会長と社長の方は会見で損害賠償の請求があれば、適正に対応すると言っていた様でありますがのぉ…。
物凄い額になりそうな気がするんですがの。
この場合元請けとかにも請求がいくんですかのぉ?
今回の浚渫工事に関しては、大林組が元請けだそうですけど、この大停電に繋がった事故を受けて、千葉県浦安市の方では大林組との契約解除と6ヶ月間の指名停止処分を決めたそうですよ。

( ´ω`)ノ最後は下請け、孫請けにしわ寄せが全ていくと言うような事にならないといいんですけどね。
クレーンのアーム部分を上げたままの航行が常態化していたというのも、作業効率を上げる為と言う事ですしねぇ。
結局効率優先で、少しでも早く作業をしないと請負代金と見合わないと言うような事もありそうな気もしてきますねぇ。

   


posted by Giselle at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事ニュース【国内】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
呆れましたね、知ってたんですか・・・。
急いてはことを仕損じるってことですかね〜。

とはいえ、下請け孫請けがしわ寄せを食らうのは
どの業態でも多分同じ。
責めるよりもむしろ、私も気をつけにゃあかんと
肝にめーじた次第ですよ。うぅ。
Posted by なきうさ at 2006年08月16日 01:16
>なきうささん
あるのは知ってたけど、作業を早く行おうとする余り、すっかり失念していたと言う事らしいですねぇ。
うっかりミスが取り返しの付かない大事になったわけで、ほんとに業界を問わず注意しないといかんですねぇ。
Posted by Giselle at 2006年08月16日 01:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。