2006年08月14日

首都圏で大規模停電3時間、高圧送電線にクレーン船が接触

首都圏で140万戸停電 交通乱れる 送電線に船が接触

 14日午前7時半ごろ、東京都と千葉、神奈川両県の一部で大規模な停電が発生した。一時、計140万戸が停電し、JRや私鉄、地下鉄もストップ。信号機が点灯しなくなったり、エレベーターで人が閉じこめられたりする事故も相次いだ。けが人の情報はなく、停電は約3時間後に復旧した。東京電力によると、東京都江戸川区と千葉県浦安市の間を流れる旧江戸川にかかる送電線を、航行中のクレーン船が傷つけたことが原因と見られる。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/national/update/0814/TKY200608140003.html


( ・ω・)ノというわけで12日には、雷雨による落雷で山手線が止まるなどの交通の混乱があった東京でありますが、今度はなんと送電線が損傷しての大規模停電でありますよ。
なんともはやこう言う災難は続く時には続くもんでありますのぉ。
14日午前7時半頃に東京都江戸川区と千葉県浦安市の間を流れる旧江戸川にかかっている約27万5千ボルトの高圧送電線に航行中のクレーン船のクレーン部分が接触してしまい損傷した事が原因だそうですよ。

ヾ(´ω` )またこれが運の悪い事に2系統ある送電線の両方が損傷を受けた為に、本来ならば片方が損傷しても、もう片方がバックアップとして機能するはずが、全く役に立たなかったわけなんですよね。
まぁ、せっかくバックアップを含めて2系統あっても、併走していたのがアダになっちゃいましたねぇ。

( ・ω・)ノ発電所で発電された電気は約50万ボルトの高電圧で、これを変電所を通して段々と電圧を下げながら家庭などに届けるんだそうですよ。
今回の事故現場は変電所を1回通しただけの約27万5千ボルトの高圧電流が流れている送電線と言う事で、送電系統のかなり上流に位置していた送電線だったというわけで、これが損傷を受けたと言う事で下流に位置する変電所5ヶ所で送電網を守る為の保護装置が働いた為に、23区内全域に及ぶ様な大規模な停電になったということでありますのぉ。
まぁ、川の流れで言えば、上流の流れが止まってしまって下流に全く水が流れなくなったような物でありますのぉ。

ヾ(´ω` )以前にアメリカでもニューヨークなどの北米東部からカナダ東部にかけての広い地域で大停電が起きましたけども、あの時と違って日本の場合はすぐにどこで高圧送電線に異常が起きたのかわかって、対処できてよかったですねぇ。
結局3時間程の停電で終わった訳ですし。
まぁ、その間交通網を始めとして大混乱ではありましたが。
取りあえず帰省中の人は冷蔵庫の中身が心配かもしれませんけども。

( ・ω・)ノアメリカの場合は確か1日以上復旧にかかった気がしますのぉ。
まぁ、アメリカの場合は日本のように電力会社が地域によって独占状態と言うわけでは無いらしいので、送電線や設備が複雑に入り組んでたりして、何処の会社のどの施設でトラブルが発生しているのかを調べるのに時間がかかったというようなニュースを見た記憶がありますのぉ。
幸い今回の場合は東京電力の話によれば電線を張り替えなくとも、金属部分の補強作業で済みそうだと言う事で、15日にも損傷した送電ルートが使えるようになるみこみだそうですけどの。

ヾ(´ω` )しかし、停電するといろいろ大変ですねぇ。
マンションだと電気が止まると、水まで止まってしまうそうですしね。
固定電話機も最近は電気が止まると使えなくなるものもあるみたいですし、携帯電話も屋内基地局が止まってしまう為にかかりにくくなったり、使えなくなったりするそうですよ。
もちろんエレベータなんかも止まるわけで、今回も閉じ込められた方が何人かいらっしゃったようですね。

( ・ω・)ノ幸いにも大きな事故や火災は起きず、大きなケガをした人もいなかった様ではありますけどね。
あとお盆休み中と言う事で、通勤ラッシュもいつもよりはマシと言う事で電車等が止まってもいつもよりは影響を受けた人が少なかったんじゃないでしょうかのぉ。
まぁ、お盆なのにお仕事してる人にとっては何でこんな目に遭うんだって感じでしょうけども。

ヾ(´ω` )今回の停電事故で東京電力の方では、経済産業省の方から原因究明と再発防止を指示されたそうですね。
1ヶ所の高圧送電線が損傷しただけで、これだけ大規模な停電が起きるわけですからねぇ。
もっと復旧の時間を早くできないかとか、1ヶ所高圧送電線が損傷を受けても、下流の送電網に影響が出にくい方法とか考える事になるんでしょうかねぇ。
しかし、何でこんな暑い夏場に限ってこういう大規模な停電っておきますかねぇ?

   


posted by Giselle at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース【国内】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。