2011年08月30日

ハリケーン「アイリーン」アメリカ・カナダで死者40人



( ・ω・)ノ日本列島にも只今台風12号(タラス)が近づきつつありますが、ハリケーン「アイリーン」に襲われたアメリカの東海岸では、アメリカとカナダで合わせて死者が40人に上ったということですよ。
ハリケーン「アイリーン」は、もうすでに勢力が衰えてトロピカル・ストームになっていますが、28日夜に掛けてアメリカの東海岸を北上し、人口の多いアメリカ北東部のコネチカット州、バーモント州、ロードアイランド州、マサチューセッツ州の一帯を直撃したということですよ。

ヾ(´ω` )ちなみに、死者はニュージャージー州、ニューヨーク州、ノースカロライナ州でそれぞれ6人、ペンシルベニア州で5人、バージニア州で4人、バーモント州で3人、コネチカット州、デラウェア州、フロリダ州でそれぞれ2人、メリーランド州とマサチューセッツ州でそれぞれ1人が確認されているという事ですよ。
死亡原因の多くは倒木と交通事故、後は洪水で流されたことによるものだそうですよ。
気の毒な事にきちんと家の中にいたのに倒木が倒れてきて亡くなった方もいるそうで。

( ・ω・)ノ後、恐らくは停電なんでしょうが、信号の消えた交差点で起きた交通事故で死亡した人や、切断された送電線で感電死した人もいたそうですよ。
いやはや、やっぱりハリケーンや台風が近づいている時はむやみに外に出ちゃあいかんですよな〜。
家の中にいても倒木が倒れてきて…というのがないわけじゃないですが。
日本だと倒木より、土砂崩れとかの方が怖い感じですけど。

ヾ(´ω` )東海岸も北の方の人は、西海岸やフロリダあたりの南部の人に比べるとハリケーン慣れしてないというのもあるのかもですが。
未だに数百万人の人が停電に見舞われているそうですよ。
まずはインフラの回復が優先ですかねー。
そう言えばNASATVも月曜日になるまでは、緊急事態対応で一部放送が休止してたんですよね。
posted by Giselle at 20:56 | TrackBack(0) | 時事ニュース【海外】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。