2006年08月11日

イギリス旅客機爆破テロ計画、逮捕者は3人増えて24人に

英テロ計画:逮捕者が3人増えて計24人に 警察当局発表

 【ロンドン小松浩】英警察当局は10日、同日摘発した旅客機爆破テロ計画に絡む逮捕者が3人増えて計24人になったことを明らかにした。ロンドン警視庁は背後にある英国内及び国際ネットワークの解明を急いでいる。

 英スカイテレビによると24人全員が英国籍で、うち22人がパキスタン系、1人がバングラデシュ系、1人がイラン系。17歳から35歳までで若い母親も含まれているという。また同テレビは、殉教を呼びかけるテープが押収された模様だと伝えたほか、米ABCテレビは、容疑者2人がパキスタンから送金を受け、航空券を購入したと報じた。(後略)

元記事:Mainichi-INTERACTIVE


( ・ω・)ノというわけで、昨日10日にイギリスの警察当局がイギリス発アメリカの主要都市行きの複数の旅客機の同時爆破を狙った大規模テロ計画を未然に阻止して容疑者21人を逮捕した訳なんですが、更に逮捕者が3人増えて合計24人になったと言う事ですのぉ。
アメリカを狙っている事や、旅客機を利用する手口から国際テロ組織アルカイダの関与が疑われているそうでありますが、明確に関与を示す情報は出て来ていないようではありますのぉ。

ヾ(´ω` )で、昨日はイギリスでは政府が5段階あるテロの警戒度を最高度に当たる「危機的」に一気に引き上げ、厳重な警戒態勢を敷いた為に、ヒースロー空港などでは飛行機の離発着が一時禁止されて、何百便もフライトキャンセルになったり、飛行機に乗る為に何時間もお客さんが待たされる事になったりと、大混乱だった様でありますね。
アメリカの方でもこれを受けて、空港のセキュリティチェックが大幅に強化され、CNNのニュースなどでは「最低でも自分が乗る便の出発時間の2時間前には空港に着くように」と言われてますね。

( ・ω・)ノ更に日本でもお盆の帰省ラッシュが始まるというこの時期に、セキュリティチェックが大幅強化ですよ。
まぁ、アメリカみたいに「靴脱げ」とかよりはまだマシですが。
アメリカだと、靴は脱いでX線検査通さないといけないですからのぉ。
これは以前にテロリストが靴に爆弾を仕込んでいた為なので、仕方ないっちゃ仕方ないんですが、後スーツケースも鍵かけちゃダメとか。
貴重品は持って機内に入れと言うのが今までだったんですが、今回からどうなるんですかのぉ。

ヾ(´ω` )あー、イギリスからアメリカに到着した便の人達は、お財布とかパスポートとかの極々一部の貴重品を普通のビニール袋に入れて機内に持ち込めるだけだったらしいですからね。
パソコンもダメ、ゲーム機もダメ、ミュージックプレイヤーも、本もダメとありとあらゆる物が持ち込み不可で、預け入れ荷物に入れておけですからね。
で、アメリカではスーツケースとかに鍵かけると、検査の為に壊されても文句言えませんよ状態なんですが、パソコンとか盗まれないのかとそっちの方が心配になるんですけどね。

( ・ω・)ノまぁ、今回のテロの計画というのが、それ単体では無害な複数の物質を機内に個別に持ち込んで、機内でそれを合わせて爆発させようと言う計画だったみたいですからのぉ。
例えば飲み物のペットボトルに爆発性の液体を入れて飲み物の様に見せかけたり、電子機器に偽装した起爆装置を使ったりと言う事のようですのぉ。
アメリカの報道では去年のロンドンの同時爆破テロでも使われた過酸化物系の液体を使って、使い捨てカメラのフラッシュを使って起爆する予定だったといわれてますけどのぉ。

ヾ(´ω` )そのせいで、液体は機内持ち込みが全面禁止ですからねぇ。
ペットボトル飲料等はアメリカでは全部セキュリティチェックに行くまでに飲んでおけとかCNNでは言ってますからねぇ。
でないと、セキュリティチェックで捨てられちゃうそうですから。
後、目薬とかシャンプー、整髪料もダメ、とにかく液体またはジェル状のものは全て機内への持ち込み禁止と言う感じですよね。
とにかく機内でどうしてもいる物以外は全部預け入れ荷物の中に入れておけと、さっきトラベルジャーナリストかなんかの人も言ってましたね。

( ・ω・)ノむしろ持ち込める物を言った方が早い位でしたのぉ。
赤ちゃんの為のミルク・母乳、子供用の飲み物、それと薬位でしたのぉ、持ち込みOKは。
持ち込みOKと言っても当然セキュリティチェックで検査され、赤ちゃん・子供用の飲み物はその場で親が飲んで見せないとダメらしいですが。
アメリカの国内便なんかだと格安航空会社は機内での飲み物サービスとかを一切行わない所もありますからの、子供用の飲み物とかを持っていかないといけないというのはあるんですが、いやはや大変ですのぉ。

ヾ(´ω` )日本でもペットボトル飲料等などはセキュリティチェックで全部検査されますけどね。
中身が本当に飲み物かどうかチェックする機械もありますしね。
まぁ、その場で飲んでみて下さいと言われる事もありますが。
これでまたセキュリティチェックの所が混むのかと思うと、飛行機好きとしてはやれやれと言う感じですね。

( ・ω・)ノなお、イギリスでは財務省が逮捕された24人の内19人が国内の金融機関に保有している資産の凍結をイングランド銀行(イギリスの中央銀行)に指示したそうですのぉ。
同銀行の公表した名簿では全員がイスラム名を名乗った17〜35歳で、ほとんどが20代ということでありますのぉ。
多くはパキスタン系などのイスラム教徒の移民の多く住む地区の出身で、中にはヒースロー空港の警備担当者もいたということですのぉ。
また、イスラム教徒の家庭出身ではない、イスラム教に改宗した若者が過激思想に染まったと思われる容疑者もいるようですのぉ。
ちなみに全員がイギリス国籍を持つイギリス人ということですがの。

ヾ(´ω` )とりあえずすぐに必要のない旅行はやめておいた方が無難ということですかね。
国内の航空・旅行会社では英国発着便のツアーはキャンセル料を減免したり、変更料を無料にしたりしてくれるそうですしね。
思わぬ所では、アメリカではニューヨークの原油市場で原油価格が急落したらしいですよ。
今回のテロ未遂を受けて需要が減るという味方から、売り注文が脹らんだ為みたいですけどね。

     
posted by Giselle at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事ニュース【海外】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22239969
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

海外ニュース
Excerpt: 事故、事件、紛争、芸能。海外のニュース、時事で気になったことを何でも書いてください。
Weblog: 共通テーマ
Tracked: 2006-08-12 17:53
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。