2011年07月28日

今年もパリのセーヌ川岸に人工の砂浜が登場



( ・ω・)ノおー、今年もこの季節がやって来ましたか。
今年もセーヌ川の川岸に人工の砂浜「パリ・プラージュ」が出現したということですよ。
元々は川沿いの自動車専用道路のある場所なんですが、1ヶ月間に渡って閉鎖して、こうして砂浜にして市民に公開されると言う次第。
ビーチパラソルやビーチチェアなんかも無料で貸し出されてるんですよ。

ヾ(´ω` )自分がパリに行った時は大雨と洪水で、セーヌ川岸の自動車専用道路は水没してましたけどね。
全く見えない位にセーヌ川の水位が上がっていて、市内の道路が大渋滞していたのを思い出しますよ。
まぁ、このシーズンだとバカンスシーズンなので、そんなに市内の道路も混んでないんでしょうねぇ。

( ・ω・)ノそうそうバカンスシーズンに運悪くパリに残ってる人に、少しでもバカンス気分を楽しんで貰おうって事で始まったんですよな。
というわけで、ホントにパリのど真ん中にもかかわらず、本物のビーチさながらに水着着た人がウロウロしてるんですよな。
まぁ、セーヌ川はとても泳げるような状態ではありませんが、期間限定の仮設のプールなんかも作られますしの〜。

ヾ(´ω` )最早1ヶ月間続くお祭りみたいな感じですよねー。
マッサージコーナーがあったり、ゲームが出来るスペースがあったり、カフェがあったりと言う感じですし。
しかし、毎年毎年、大量の白い砂を運んでくるのは大変そうですねー。
なんか砂のお城なんかも作られてますし、一度このシーズン中にパリに行ってみたい気もしますね。
posted by Giselle at 22:23 | TrackBack(0) | 時事ニュース【海外】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。