2011年07月27日

アメリカでサルモネラ菌による感染症にテキサス州を中心に99人が発症



( ´ω`)ノおや、また食中毒ですねー。
アメリカの疾病対策センター(CDC)は26日、メキシコ産パパイヤを食べてサルモネラ感染症を発症した人がこれまでに99人にのぼった事を明らかにしたということですよ。
死亡した人は報告されていないそうですが、感染は23州に拡大していると言う事ですよ。
アメリカ50州ありますので、半分近くの州で感染者が出ている事になりますね。

ヾ(・ω・ )保健当局は、アメリカのテキサス州のAgromed Produceがメキシコから輸入したパパイヤを生で食べないように警告を出したと言う事ですよ。
また、Agromed Produceではサルモネラ菌に汚染されている可能性があるとして、26日より前に販売された全てのパパイヤを自主回収すると発表しています。

( ´ω`)ノCDCによるとサルモネラ感染症の流行が初めて確認されたのは今年1月の事で、感染件数は今月中旬までに99件に達したと言う事なんですが、この内25件はテキサス州で報告されているということですよ。
随分前から感染者が出ていたんですね。
今まで感染源が明らかになっていなかったので、明らかになっていなかったということでしょうか。

ヾ(・ω・ )メキシコの農務省は、感染源についてはアメリカとメキシコが調査中であるため、パパイヤを感染源と断定するのは時期尚早とのコメントを出したそうですけどな。
まぁ、ドイツの大腸菌感染でも、当初ドイツの当局がスペインのキュウリが原因だと発表して、大騒ぎになったりした事もありますが。
とりあえず感染源の可能性があるとなったら、一旦警戒はした方が無難ではありますが。

( ´ω`)ノ前は〜、レタスとかスプリングオニオンでありましたねー、サルモネラ菌汚染。
あの時はファストフードやスーパーで売ってるサラダ用のパックで広がったんでしたか。
今回は何が原因で広がったんでしょうかね。
まぁ、大体サルモネラ菌が付着した原因は、地下水等がサルモネラ菌に汚染されていたりっていうのが多いんですが。

posted by Giselle at 22:34 | TrackBack(0) | 時事ニュース【海外】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/217055762
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。