2011年07月06日

スペースシャトル、最後のミッションへ



( ・ω・)ノというわけで、アメリカ東部夏時間7月8日金曜日午前11時26分(日本時間7月9日土曜日午前0時26分)に打上げ予定のスペースシャトル「アトランティス」のミッションをもって、スペースシャトル計画は最後となります。
記事の写真はちょっといつも見るスペースシャトルと違った姿をしていますが、これは大気圏滑空試験機の「エンタープライズ」でありますよ。
この写真はちょうど大気圏滑空試験の最中の写真でありますなー。

ヾ(´ω` )もちろん「エンタープライズ」は自力で離陸する事は出来ませんので、ボーイング747型機を改造したシャトル輸送機の上に乗せられて上空へ行き、そこで切り離されて滑空試験をしたというわけですね。
「エンタープライズ」の滑空試験なので、使われたシャトル輸送機はアメリカン航空の使用機を退役後改造したN905NAですね。
ちなみにシャトル輸送機はもう1機N911Aと言うのがあって、こちらはなんと日本航空を退役後NASAに引き取られたボーイング747なんですよ。

( ・ω・)ノ2機の機体は機能面では同じなんですが、A911NAはアッパーデッキの窓が5つ、N905NAは2つしかないので、よく見ればどっちの機体が使われているかわかるんですよ。
というわけで、最後の打上げが近づいているスペースシャトルでありますが、問題が少々ありまして、打上げに適した天気になる可能性が40%しかないんですよな〜。
ようするに天気予報が思わしくないと。
しかし、これが油断のならないんですよな〜。

ヾ(´ω` )以前に40%位の確率で、今日はダメかなぁ〜…と思っていたら、打上げの時間が近づいてきたら見事に雲が切れて、打上がったという例がありましたもんねー。
あの時は日本時間の未明の打上げだったかと思いますが、もう今日は打上げは無いだろうと寝ちゃった人が、打上げがあったと聞いてがっかりしたんですよね。
と言うような事があるので、打上げの瞬間までは絶対に気が抜けないんですよね。

( ・ω・)ノあー、メインエンジンに点火してから打上げ中止になった事もありますからのぉ〜。
ほんとに打上げは油断がならないですよな。
そんなわけで、今回の打上げも打上げに適した天候になる確率は40%と昨日の会見ではなっていましたが、まだまだわからないので、NASAの公式情報を要チェックですよ。


参考ページ
NASA
http://www.nasa.gov/home/index.html
Space Shuttle
http://www.nasa.gov/mission_pages/shuttle/main/index.html
International Space Station
http://www.nasa.gov/mission_pages/station/main/index.html
JAXA 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター
http://iss.jaxa.jp/index.html
posted by Giselle at 21:05 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。