2011年07月04日

ウィンブルドン、ジョコビッチがナダルを破って初優勝



( ・ω・)ノてなわけで〜、今年もウィンブルドン選手権が終わっちゃいましたのぉ。
3日に男子のシングルス決勝戦が行われ、大会第2シードのジョコビッチが、第1シードのナダルを下して、初優勝を決めちゃいましたよ。
録画しながら見ていた訳なんですが、うーん、思ったよりあっさりと決まっちゃった感じですかのぉ。
ジョコビッチが6-4、6-1、1-6、6-3で勝った訳なんですが、ちょっとナダル調子悪かった?と言う感じでしたよな。

ヾ(´ω` )第3セットをナダルがあっさりと取った時には復調した?と思わなくも無かったんですが、第2セットを6-1でジョコビッチに決められたり、なんでもない所でミスしたりとちょっとナダルらしくないと言う所もありましたかね。
まぁ、逆にいうとそれだけジョコビッチが良かったと言う事かも知れませんが。
いや、確かにジョコビッチ調子良さそうでしたしねー。
ナダルにも今シーズントーナメントの決勝戦で4戦4勝してましたしね。

( ・ω・)ノまぁ、贅沢を言えば、ジョコビッチとナダルなので、フルセットでお互いにもっと打ち合う派手な試合になるかと期待していたので、その辺がちょっと残念でしたのぉ。
いやまぁ、熱戦になりすぎて以前のナダルとフェデラーの試合みたいにいつになったら終わるんだ状態になられてもちょっと困りますが。
あの時は途中で雨が降ったりして(当時はまだセンターコートに屋根がなかったので)、本当にいつ終わるのかわからない状態で、次の日仕事が辛かったですよな。

ヾ(´ω` )そこまではいかなくてもいいから、もっとガッツリと打ち合いになる取って取られてな試合になるかと期待してましたからねー。
存外に淡泊な試合になっちゃったなぁと言う感じですかね。
もしかしたらナダルの方は準々決勝でしたか?の辺りで傷めた足の具合が思ったより良くなかったのかも知れませんが。
しかしまぁ、ジョコビッチにしてみれば世界ランキング首位に立つ事が決まっている上に、ナダルに勝ってウィンブルドン優勝と良い事尽くしでしたねー。

( ・ω・)ノ来年は誰が勝ち進むかわかりませんが、決勝戦はぜひとも派手な打ち合いでフルセットにもつれ込むような試合がみたいもんですなー。
いや、あんまり長時間に及んでも次の日の仕事が辛いですが、そこは録画すれば大丈夫…とは言っても、結構録画を消化するのが大変でしたが。

posted by Giselle at 22:45 | TrackBack(0) | 時事ニュース【海外】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。