2011年06月29日

国際宇宙ステーションに宇宙ゴミが接近でクルー全員が一時ソユーズ宇宙船に避難



( ・ω・)ノ昨日28日に日本の古川聡宇宙飛行士を含む6人の宇宙飛行士が滞在中の国際宇宙ステーション(ISS)に宇宙ゴミ(スペースデブリ)が急接近し、乗員全員がISSにドッキング中のソユーズ宇宙船に避難するという出来事がありました。
まぁ、ISSにデブリが接近する事自体は珍しい事ではありませんで、結構デブリを避けるためにリブーストをかけて軌道高度を上げたりしてるんですけどな。

ヾ(´ω` )まぁ、そうやって近づいてくるのがあらかじめわかっている場合は、ISSの軌道を変えたりして避ける事も出来るんですが、今回は近くに来るまでわからなかったと言う事で、念のために避難したと言う事ですね。
宇宙ゴミは推定で、日本時間の28日午後9時8分にISSに約250mの地点まで接近し、長期滞在クルーの皆さんはその18分前にソユーズ宇宙船に避難したと言う事ですよ。

( ・ω・)ノあ、もちろん避難の前にはISSの各モジュールのハッチをきちんと閉めてから避難したんですよ。
万が一モジュールにデブリが衝突して穴が開いた場合、そこから空気が漏れて大変な事になっちゃいますからの。
ちなみにこのデブリが接近するという連絡が地上から来る直前まで、クルー全員で火災時の対応訓練を行っていたんだそうですよ。

ヾ(´ω` )火災の対応訓練の後に、ほんとの避難が来ちゃったわけですねー。
ちなみに接近してきた宇宙ゴミ(デブリ)は大きさなどの特定が不可能なものだったと言う事で、接近してきているのにもなかなか気が付かなかった事から、おそらく結構小さなものだったのではないですかね。
そういえば09年にも同様に全員がソユーズ宇宙船に避難するというのがありましたね。

( ・ω・)ノ09年3月12日なので、若田光一宇宙飛行士が長期滞在クルーとして国際宇宙ステーションへ向かう直前ですのぉ。
若田さんは3月16日にシャトルが打上げでしたからのぉ、そしてこの時はまだISSの長期滞在クルーも3人だったんですよな。
この時も宇宙ゴミ(デブリ)の接近に気付いた時には、回避行動を取る時間が無いということでソユーズ宇宙船に一時避難したんですよな。

ヾ(´ω` )まぁ、その時は4.5q離れた所を通過したので今回よりも遠くて、衝突の危険性は非常に低かったんですが、それでも念のために避難したりしたんですよね。
今回はわずか250mということで、ほんとにニアミスと言う感じの距離だったと言う事になりますね。

参考ページ
NASA
http://www.nasa.gov/home/index.html
Space Shuttle
http://www.nasa.gov/mission_pages/shuttle/main/index.html
International Space Station
http://www.nasa.gov/mission_pages/station/main/index.html
JAXA 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター
http://iss.jaxa.jp/index.html
posted by Giselle at 23:46 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。