2011年06月01日

スペースシャトル「エンデバー」最後の飛行を終え、無事に帰還



( ・ω・)ノというわけで、スペースシャトル「エンデバー」が最後のフライトを終えて、無事にアメリカ東部夏時間1日午前2時35分(日本時間同日午後3時35分)フロリダ州ケネディ宇宙センターに帰還しましたよ。
NASAのスペースシャトルの中では一番新しいエンデバーは、今回が25回目でそして最後の飛行となりました。
チャレンジャー号爆発事故の後に、喪われたチャレンジャーの代わりに作られたのがエンデバーなんですよなー。
まずはNASATVがYouTubeにUpしている帰還の様子をどうぞ。

STS-134 Crew and Space Shuttle Endeavour Return Safely


ヾ(´ω` )生憎仕事中だったので帰ってくる所は見られなかったんですが、無事に帰還して良かったですね。
アメリカ東部夏時間で未明の帰還だったので真っ暗ですが、夜間の帰還だと補助動力装置の高温の排気ガスが炎の用に見えるんですよね。
ところで、今回のミッションでは素粒子の検出器である「アルファ磁気分光器(AMS-02)」を設置したり、船外活動で冷却システムのアンモニアの配管の接続や、アメリカの実験棟「デスティニー」のワイヤレス通信アンテナの設置や、太陽電池パドル回転機構の潤滑作業、基本機能モジュール「ザーリャ」の外部への電力・通信インターフェース付きグラップル・フィクスチャを設置したり、と盛り沢山でしたね。

( ・ω・)ノもうこれで、スペースシャトルのクルーによる船外活動も無いんですな。
次のスペースシャトル最後の飛行となるSTS-135では、シャトルのクルーは4人しかおらず、船外活動はISSのクルーが行うんだそうですよ。
残るはアトランティスのSTS-135だけとなっちゃいましたか。
さみしくなりますなー、30年間慣れ親しんだシャトルが全機退役となると。
結局最初に退役予定だったアトランティスが最後の飛行を飾るというのも面白いもんですが。

ヾ(´ω` )ちなみにそのアトランティスでありますが、日本時間の今日の朝にケネディ宇宙センターのシャトル整備棟から39A発射台に向けて出発し、無事に辿り着いたということですよ。
アトランティスの打上げは、アメリカ東部夏時間7月8日に予定されていますが、まだはっきりとした打上げ時間が出ていないので、もしかすると日本時間では7月9日になるかもですねー。

参考ページ
NASA
http://www.nasa.gov/home/index.html
Space Shuttle
http://www.nasa.gov/mission_pages/shuttle/main/index.html
International Space Station
http://www.nasa.gov/mission_pages/station/main/index.html
JAXA 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター
http://iss.jaxa.jp/index.html
posted by Giselle at 21:28 | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/206197431
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。