2006年07月06日

ホークス王監督が胃の腫瘍手術の為長期休養へ

王監督、胃の腫瘍手術で休養へ

 プロ野球ソフトバンクの王貞治監督(66)が5日、胃の手術のため休養することを表明した。福岡ヤフードームで行われた西武戦後に記者会見し、「胃の検査をしたところ、手術をしなければならない腫瘍(しゅよう)があると診断を受けた」と話した。6日、東京都内の病院に入院、検査をしたうえで早ければ来週にも手術を受ける。球団によると、入院・加療には約1カ月かかる見込みという。王監督不在時は、森脇浩司チーフコーチ(45)が代行して指揮を執る。(後略)

元記事:asahi.com
http://www.asahi.com/sports/update/0705/192.html


( ・ω・)ノ本当にニュースの多い日でありましたが、最後の最後にまた大きなニュースが飛び込んで参りましたのぉ。
ソフトバンク・ホークスの王監督が、5日の試合終了後に緊急記者会見を行い、胃の検査の結果手術をしなくてはいけない腫瘍が見つかった事と、明日東京都内の病院に入院、検査を行って早ければ来週にも手術を受けると言う事です。

ヾ(´ω` )なお、入院・加療には約1ヶ月かかると言う事で、王監督が不在の間は森脇チーフコーチが監督代行としてチームの指揮を執ると言う事です。
森脇コーチは、王監督がWBCので日本代表監督として指揮を執っていた間も監督代行としてチームの指揮を執っていたので安心して任せられると言う所でしょうねぇ。

( ・ω・)ノそれにしても6月頃から胃の辺りがもたれる、胸焼けがすると言う事で一昨日(3日)に検査に行った所、腫瘍が発見されたということですからのぉ。
運が良かったと言うべきなんですかの。
やっぱりねぇ、なんか調子おかしいなぁと思ったら素直に医者に行けということですの。
こう言う風にすぐに検査して手術しましょうって言われるような腫瘍が見つかる事もあるわけですからのぉ。

ヾ(´ω` )大したことのない腫瘍だと良いんですけどねぇ、ほんとに。
そしてシーズンが終わるまでに元気な姿を球場で見せていただきたいと思いますよ。
別にホークスのファンデはありませんが、やっぱり王さんは子供の頃のヒーローですからねぇ、特別な存在ですから。
それにしてもWBCとかもあってお疲れだったんですかねぇ。

( ・ω・)ノまぁ、もう66歳で決してお若いと言う歳ではありませんからのぉ。
体調不良が伝えられていましたしの。
しかし、ほんとに病院に検査に行って良かったですのぉ。
腫瘍と言う事で、少しでも早い内に治療を行った方が良いでしょうしの。
何はともあれ、少しでも早い回復をお祈りしたいですよ。

  
posted by Giselle at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20340217
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。