2011年04月27日

「PlayStation Network」に不正アクセス、アカウント情報漏洩か



( ´ω`)ノなんだかえらい事になっているようでありますねー。
株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントは、27日にプレイステーションユーザー向けのネットワークサービス「PlayStation Network」と、ソニーのクラウド型コンテンツサービス「Qriocity」への不正アクセスがあり、氏名、住所、誕生日、パスワード、PlayStation NetworkのオンラインID、電子メールアドレス等のユーザー情報が流出した恐れがあると発表しましたよ。

ヾ(・ω・ )今のところクレジットカードの情報(番号や有効期限に関する情報)については、不正アクセス者に入手された可能性を完全に否定する事はできないが、現時点ではクレジットカード情報が流出したという証拠や形跡は見つかっていないということですよ。
ですが〜、購入履歴や、請求先住所、パスワード再設定用の質問の回答などのプロフィールデータ、サブアカウントに関する情報についても不正アクセス者が入手した可能性もあるそうで、アカウントの乗っ取りや、ゲーム内のアイテムが奪われたりという可能性はありますよな。

( ´ω`)ノクレジットカード情報も、漏れたという証拠は今のところ無いと言うだけですしねぇ〜。
まぁ、カード会社って不正使用にはかなり神経尖らせているので、不審な利用があれば即連絡がくるらしいですけどね。
とりあえずカード情報を登録している人は、しばらくきちんとカードの明細とか確認した方が良さ気ですね。

ヾ(・ω・ )というか、この「PlayStation Network」と「Qriocity」は4月21日から障害が発生したと言ってサービスが停止してたんですよなぁ。
で、調べたら4月17日から19日かけて、会員のアカウント情報が漏洩していた可能性があると判明って、もうちょっと早くに会員に教えて欲しかった所ですよな。
だって今日はもう27日ですよ、1週間も黙ってたのはどうかと思いますよなぁ。
カードの情報が無事かどうかもよくわからないわけですし。

( ´ω`)ノ株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントでは、情報セキュリティの専門会社に依頼して実態把握に努めるなど、調査を継続しているそうですけどね。
ちなみに、漏洩した可能性のあるアカウント数については調査中だそうですが、3月20日時点での累計アカウント数は世界59ヶ国・地域で7500万件にも達しているそうですよ。
でもってサービスが復旧した際にはパスワードを変更するように強く推奨するとともに、他のインターネットサービスで同じユーザーIDやパスワードを使用している場合、それらも変更する事を強く推奨するということだそうですよ。

posted by Giselle at 20:44 | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。