2011年04月22日

誰得?!ヴァージン会長の女装罰ゲームで「すね毛剃り権」をチャリティオークションに



( ・ω・)ノまさに「誰得」という感じではありますが、賭けに負けた為に、マレーシアの格安航空会社「エアアジアX」の旅客機で、女装して1日客室乗務員を務める事になったイギリスのヴァージングループのリチャード・ブランソン氏なんですが、女装をするにあたりまして、会長の「すね毛を剃る権利」がチャリティーオークションにかけられる事にきまったそうでありますよ。

ヾ(´ω` )誰がやりたいんだそんなもんって感じはしますが、まぁ話のネタとしてやってみたいという物好きの人もいるってことでしょうか。
ちなみにこの「すね毛剃り権」の最低落札価格は、40万ポンド(約5400万円)だそうですよ。
お金持ちで、なおかつ物好きの人カモーンと言う所でしょうか。
まぁ、そもそもの賭けもお金持ちの遊びなので、どうせやるなら徹底しようというかんじですかねぇ。

( ・ω・)ノまぁ、賭けの勝者であるエアアジアXのトニー・フェルナンデス氏とブランソン氏はともにF1チームを持っていて、2010年シーズンの最終成績でどっちが上になるかで賭けていて、両方とも航空会社を持っているので、負けた方が勝った方がもっている航空会社で女装して1日客室乗務員を罰ゲームとしてしよう〜みたいな話ですしのぉ。
ちなみに、この罰ゲームでブランソン氏が客室乗務員として乗るフライトもチャリティイベントになってるんだそうですよ。

ヾ(´ω` )さすがに女装するにあたり、むだ毛を剃らなくちゃねーという事で、どうせ剃るなら、チャリティイベントにして、お客さんも楽しめる様にしようと言うのは悪くないですよね。
すね毛剃りたいかどうかは、まぁ別として。
なんかこのチャリティフライト便では、機内でマジックショーが行われたり、バンドの演奏があったりするそうですよ。

( ・ω・)ノ5月1日のロンドン発クアラルンプール行きのエアアジアXのチャリティフライト便の搭乗券は160席分だそうですけども、これだけいろいろあるんだったら、いくらになるのかは知りませんが、ちょっと乗ってみたいと思う人も多いかもですのぉ。
さしあたって、ブランソン氏が客室乗務員の格好で女装しているのは見てみたい気がしますがw

posted by Giselle at 22:37 | TrackBack(0) | 時事ニュース【海外】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/197198997
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いただいたトラックバックは、spamトラックバック排除の為にすぐには表示されません。管理者による承認後表示されます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。